ゲルト・ミュラー

サッカー

概略

Gerd Muller ● The Bomber
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 1945年11月3日(74歳)
出身地 ネルトリンゲン
身長 175cm
体重 77kg

 

ポジションはフォワード(センターフォワード)。

 

利き足は右。

 

1970年代の西ドイツを代表するストライカーで抜群の得点感覚とポジショニングで泥臭いゴールを得意とし、どんな体勢からでもゴールを奪った。

 

驚異的な数の得点を量産し、デア・ボンバー(爆撃機)と呼ばれた。

 

獲得タイトル

 

クラブ

  • ブンデスリーガ 1969,1972,1973,1974
  • DFBポカール 1966,1967,1969,1971
  • UEFAチャンピオンズカップ 1974,1975,1976
  • インターコンチネンタルカップ 1976
  • UEFAカップウィナーズカップ 1967

代表

 

  • UEFA欧州選手権 1972
  • FIFAワールドカップ 1974

個人

 

  • ヨーロッパ・ゴールデンブーツ 1967,1969
  • FIFAワールドカップ得点王 1970
  • UEFA欧州選手権得点王 1972
  • UEFAチャンピオンズカップ得点王 1973,1974,1975,1977
  • ドイツ年間最優秀選手賞 1967,1969
  • バロンドール 1970
  • 20世紀世界最優秀選手 – 13位 (1999年、国際サッカー歴史統計連盟)
  • 20世紀の偉大なサッカー選手100人 – 15位

 

経歴

ゲルト・ミュラーのプレイ集【歴代最高得点記録者】
クラブ
クラブ 出場 (得点)
1963-1964 西ドイツの旗 TSV1861ネルトリンゲン 31 (51)
1964-1979 西ドイツの旗 バイエルン・ミュンヘン 453 (398)
1979-1980 アメリカ合衆国の旗 フォートローダーデール・ストライカーズ 71 (38)
1980-1981 アメリカ合衆国の旗 スミス・ブラザーズ 42 (33)
代表歴
1966 西ドイツの旗 西ドイツ U-23 1 (1)
1966-1974 西ドイツの旗 西ドイツ 62 (68)

 

クラブ

 

1963年、地元のクラブ・TSVネルトリンゲンでデビュー。

 

ここでの活躍がスカウトの目に留まり、翌シーズンにはバイエルン・ミュンヘンと契約。

 

在籍15年間で4回のリーグ優勝(1969 / 72 / 73 / 74年)、7回の西ドイツ・ブンデスリーガ得点王(1967 / 69 / 70 / 72 / 73 / 74 / 78年)、チャンピオンズカップ優勝3回(1974 / 75 / 76年)、カップウィナーズカップ優勝1回(1967年)、西ドイツカップ優勝4回(1966 / 67 / 69 / 71年)と輝かしい成績を残した。

 

1979年、西ドイツを後にしてアメリカへ渡り、フォートローダーデール、スミス・ブラザーズに所属した後、1982年に現役を引退した。

代表

 

1966年10月12日 vsトルコ戦で代表デビュー、無得点に終わるが2戦目のアルバニア戦では4ゴールを挙げた。

 

1970年メキシコワールドカップでは10得点、1974年西ドイツワールドカップでは、オランダとの決勝戦で決勝ゴールを決めるなど、4得点を挙げた。

 

ワールドカップ通算14ゴールは、ブラジル代表のロナウドが2006年ドイツワールドカップで塗り替えるまでは、32年間歴代最多記録であった(2014年現在歴代3位。2010年南アフリカ大会でドイツ代表の後輩となるミロスラフ・クローゼに並ばれた。クローゼは2014年ブラジル大会で通算16得点とし、最多記録保持者となっている)。

 

1972年の欧州選手権で4得点を記録し、得点王に輝くとともにチームを優勝へ導いた。

 

なお、1974年決勝オランダ戦を最後に28歳で代表を引退した。

エピソード

Gerd Müller, Der Bomber [Best Goals]

ミュラーのトレードマークはまさに『ゴール』だ。

 

代表戦62試合で68ゴール、ブンデスリーガ427試合で365ゴール、公式戦と親善試合を合わせると1,204試合で1,455ゴールを決めたと記録されている。

 

気になるのはこの決定力、得点力の理由だが、それは本人でも説明できないようだ。

 

「分からない。勉強できることではないんだ。直感がなければ。素早く反射し、両足でシュートを打てなければダメ」と感覚を説明した。

 

自身の決めた中での最も美しかったゴールランキングは、ミュラー自身が考えたことはないようだが、最も意味のあるゴールは教えてくれた。

 

「他にもより美しいゴールは決めてきたが、一番重要なゴールは、1974年のW杯決勝でオランダと対戦した時に決めた2-1の決勝弾だった」。

 

誰も真似できないであろう切り返しからネットを揺らし、ドイツはミュンヘンで2度目のW杯制覇を成し遂げた。

 

ウリ・へーネスもミュラーのプレーを思い出して次のように語っている。

 

「若い選手がボールを持って、何をすればいいか分からなくなったときは、とりあえずゲルトにパスをすればよかった。そうすれば、彼が何とかしてくれたからね。だが、ミュラーは一度も天狗にならなかった。世界スターなのにも関わらず、今でも彼は本当に優しい男だ。どんなタイトルを獲得したときも、控え目で謙虚だった。それが私にとって特に印象的だったね」。

 

引退後は一時期アルコール依存症に苦しんだ時期があったが、旧知の仲であるバイエルン・ミュンヘンのウリ・ヘーネスGMやフランツ・ベッケンバウアー会長、ゼップ・マイヤーGKコーチの助けもあり、アルコール依存症を克服

 

同クラブの育成部門でアシスタントコーチなども務めた。

プレースタイル

Best of Gerd Müller – Skills and Goals

『太っちょミュラー』と呼ばれていました。

 

背が低く、足が速いわけでもなく、抜群のボールコントロールでもありません。

 

ですが今でもドイツ至上最高のストライカー・点取り屋として愛されています。

 

ミュラーの武器は、類まれな点取り屋としての嗅覚です。

 

彼の仕事場はペナルティーエリアです。

 

ハーフウェイエリアではどこにいるかもわかりません。

 

ミュラーは、味方からのパス、そのパスに対する相手の処理、相手キーパーやバックスのポジションを瞬時に見極め、どんぴしゃのタイミングでゴールできる場所へ現れます。

 

そう、現れるという表現がぴったりです。

 

バックスにしてみたら、いつどこから現れたんだという思いだったと思います。

 

そして、その嗅覚を活かす体幹(幅)

 

『太っちょミュラー』の真骨頂な点です。

 

その幅を活かし、バックスをボールに近づかせず、短く太い足を振りぬきます。

 

時には目の覚める豪快なシュート、時にはゴールネットまで届かないようなボテボテのシュート。

 

どれもがミュラーならではのゴールです。

 

また左右両足はもちろんヘディングでのシュートも上手い選手でした。

 

ペナルティエリア内の勝負にめっぽう強く、究極のワンタッチゴーラーと言われています。

 

足は速くないし、これといった特徴はありませんが、とにかくポジショニングに優れ、瞬間的なスピードがスバ抜けていたといわれています。

 

まあ、そういう意見が多いのですが、実はトラップがうまかったり、結構ミドルレンジから豪快なシュートも決めていますし、DF,GKの動きをよくみたゴールも非常に多いです。

 

ドリブルも何人も抜くようなドリブルではないですが、微妙にうまいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました