スポンサーリンク
【サッカーショップKAMO】海外クラブチーム特集

サチン・テンドルカール

クリケット

概略

Sachin Tendulkar's 1st ODI Century In England Against England – Highlights
生誕 1973年4月24日(47歳)
インドの旗 インド、ムンバイ
身長 5 ft 5 in (1.65 m)

 

ポジションはバッツマン。

 

右投右打。

 

リトル・マスター、マスター・ブラスターの異名を持つ。

 

様々な大記録を達成しているその業績からクリケットの神様(God of Cricket)とも評されている

 

クリケットの長い歴史の中でも最も偉大な選手の一人とみなされている。

 

テスト方式で史上最多の通算15,921得点(ラン)、ODI方式で史上最多の通算18,426得点を記録。テストとODIの合計で3万得点を越えている世界で唯一の人物である。

 

また最高峰の世界選手権に位置づけられているクリケット・ワールドカップで史上最多の通算2,278得点。

 

1試合100得点以上のセンチュリーがテストで史上最多の通算51回、ODIで史上最多の通算49回であり、合計で100回を記録した。

 

選手成績
試合 テスト ODI FC LA
出場試合 200 463 310 551
得点 15,921 18,426 25,396 21,999
打率 53.78 44.83 58.84 45.54
100s/50s 51/68 49/96 81/116 60/114
最高得点 248* 200* 248* 200*
アウト数 4,240 8,054 7,605 10,230
ウィケット数 46 154 71 201
防御率 54.17 44.48 61.74 42.17
1イニング5ウィケット 0 2 0 2
1試合10ウィケット 0 0 0 0
最優秀投手成績 3/10 5/32 3/10 5/32
捕球/スタンピング 115/– 140/– 186/– 175/–

 

栄典

インド政府

  • 1994 – アルジュナ賞:インドのスポーツ界における栄誉賞
  • 1997-98 – ラジーヴ・ガンディー・ケール・ラナト賞:インドのスポーツ界における最高栄誉賞
  • 1999 – パドマ・シュリー勲章:インドの民間人に贈られる四番目に格式がある勲章
  • 2008 – パドマ・ヴィブーシャン勲章:インドの民間人に贈られる二番目に格式がある勲章
  • 2014 – バーラト・ラナト賞:インドの民間人に贈られる最も格式がある勲章

インド地方政府

  • 2001 – マハーラーシュトラ・ブーシャン賞:民間人に贈られるマハーラーシュトラ州で最も格式がある賞

 

経歴

Sachin Tendulkar Career Highlights #THANKYOUSACHIN
1988 インドの旗 クリケット・クラブ・オブ・インディア
1988–2013 インドの旗 ムンバイ
1992 イングランドの旗 ヨークシャー
2008-2013 インドの旗 ムンバイ・インディアンズ (インド・プレミアリーグ)
代表 インド
初テスト(cap 187) 1985年11月15日 対 パキスタン
最新テスト 2013年11月14日 対 西インド諸島

 

1989年に若干16歳でインド代表としてテストとODIデビュー。

 

2013年に40歳で現役を引退した。

エピソード

Sachin Tendulkar top 20 six – top 20 sixes by Sachin Tendulkar batting.

2002年にはウィズデン・クリケッターズ・アルマナックによって、歴代でドナルド・ブラッドマンに次ぐ2番目に偉大なテストバッツマン、ODIバッツマンにおいてもヴィヴ・リチャーズに次ぐ2番目に偉大な選手と評価された。

 

キャリア晩年や引退後の評価では、ブランドマンやリチャーズを上回り、史上最高のバッツマンとの評価を受けることも多い。

 

2010年にはアメリカのタイム誌によって、世界で最も影響力のある100人に選出された。

 

国民からも大変な尊敬を受けており、2014年にはマザー・テレサも受賞歴のあるインドにおいて民間人を讃える褒章としては最高の栄典であるバーラト・ラナト賞を受賞。

 

他にもインドスポーツ界において最高栄誉であるラジーヴ・ガンディー・ケール・ラナト賞等受賞した。

 

アニメ「スーラジ ザ ライジングスター」では主人公が入団するムンバイ・チャンピオンズの主将サミールのモデルになった。

 

プレースタイル

Sachin Tendulkar Top 10 Shots: sachin tendulkar batting

 

Tendulkar is cross-dominant: he bats, bowls and throws with his right hand, but writes with his left hand.

He also practices left-handed throws at the nets on a regular basis. Cricinfo columnist Sambit Bal has described him as the “most wholesome batsman of his time”.

His batting is based on complete balance and poise while limiting unnecessary movements and flourishes. He appears to show little preference for the slow and low wickets which are typical in India, and has scored many centuries on the hard, bouncy pitches in South Africa and Australia.

He is known for his unique punch style of hitting the ball over square. He is also renowned for his picture-perfect straight drive, often completed with no follow-through. The straight drive is often said to be his favourite shot.

In 2008, Sunil Gavaskar, in an article he wrote in the AFP, remarked that “it is hard to imagine any player in the history of the game who combines classical technique with raw aggression like the little champion does”.

Equipment-wise, his bats tend to be heavier than the average batman.

Sir Donald Bradman, considered by many as the greatest batsman of all time, considered Tendulkar to have a batting style similar to his. In his biography, it is stated that “Bradman was most taken by Tendulkar’s technique, compactness and shot production, and had asked his wife to have a look at Tendulkar, having felt that Tendulkar played like him. Bradman’s wife, Jessie, agreed that they did appear similar.”

Former Australian cricket team coach John Buchanan voiced his opinion that Tendulkar had become susceptible to the short ball early in his innings because of a lack of footwork.

Buchanan also believes Tendulkar has a weakness while playing left-arm pace.

He was affected by a series of injuries since 2004. Since then Tendulkar’s batting has tended to be less attacking. Explaining this change in his batting style, he has acknowledged that he is batting differently because, firstly, no batsman can bat the same way for the entire length of a long career and, secondly, he is a senior member of the team now and thus has more responsibility. During the early part of his career, he was a more attacking batsman and frequently scored centuries at close to a run a ball. Ian Chappell, former Australian player, remarked in 2007 that “Tendulkar now, is nothing like the player he was when he was a young bloke”.

Tendulkar has incorporated several modern and unorthodox strokes into his repertoire, including the paddle sweep, the scoop over short fine leg and the slash to third man over the slips’ heads, over the last seven or eight years. He is often praised for his ability to adapt to the needs of his body and yet keep scoring consistently.

While Tendulkar is not a regular bowler, he can bowl medium pace, leg spin, and off spin. He often bowls when two batsmen of the opposite team have been batting together for a long period, as he can often be a useful partnership breaker.

With his bowling, he has helped secure an Indian victory on more than one occasion.

He has taken 201 international wickets – 46 in Tests, 154 in ODIs where he is India’s twelfth highest wicket taker, and one wicket in Twenty20 Internationals.

コメント

タイトルとURLをコピーしました