スポンサーリンク
【サッカーショップKAMO】海外クラブチーム特集

カーチ・キライ

バレー

概略

Volleyball to Remember: Karch Kiraly

 

国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 1960年11月3日(59歳)
出身地 ミシガン州ジャクソン
身長 191cm
体重

 

ポジションはアウトサイドヒッター。

 

右利き。

 

バレーボール(インドア)とビーチバレーの2種目でオリンピックの金メダルを獲得した唯一の選手である。

 

ミスターバレーボール。

 

2001年バレーボール殿堂入り。

 

 

国際バレーボール連盟の「20世紀最優秀選手」に選出。

 

賞と栄誉

カレッジ

  • すべてのアメリカ人(1979、1980、1981、1982)
  • NCAAバレーボールトーナメント最優秀選手(1981年、1982年)
  • UCLA殿堂(1992年に導入)

FédérationInternationale de Volleyball(FIVB:国際バレーボール連盟)

  • 世界のFIVBベストプレーヤー(1986、1988)
  • 20世紀のFIVBベストプレイヤー

アメリカンバレーボールプロフェッショナル(AVP Professional Beach Volleyball)

  • AVPベストオフェンスプレーヤー(1990、1993、1994)
  • AVPベストディフェンスプレイヤー(2002)
  • AVPカムバックプレーヤーオブザイヤー(1997)
  • AVPの最も価値のあるプレーヤー(1990、1992、1993、1994、1995、1998)
  • AVP Sportsman of the Year(1995、1997、1998)
  • AVP優秀業績賞(2004)

バレーボール殿堂入り2001年。

アメリカンバレーボールコーチ協会

  • AVCA殿堂入り2005年。

アメリカの大学スポーツ情報局長

  • アカデミックオールアメリカホールオブフェイムが2009年に導入されました。

 

獲得メダル
Flag of the United States.svg アメリカ合衆国
オリンピック
1984 男子バレーボール
1988 男子バレーボール
1996 男子ビーチバレー
世界選手権
1986 男子バレーボール

 

経歴

AVP Legend Karch Kiraly
  • アメリカ合衆国の旗 カリフォルニア大学ロサンゼルス校 (1979-1981年)
  • アメリカ合衆国の旗 アメリカナショナルチーム (1981-1988年)
  • アメリカ合衆国の旗 ビーチバレー(1988-1990年)
  • イタリアの旗 ポルト・ラヴェンナ・バレー (1990-1992年)

 

1982年世界選手権で国際大会デビュー。

 

1984年ロサンゼルスオリンピックと1988年ソウルオリンピックに出場し、2大会連続金メダルを獲得。

 

1990年から1992年までプレーしたイタリア・セリエAのラヴェンナでは、1991年世界クラブ選手権で優勝し、最優秀選手に選出。

 

1990-1991シーズンのリーグ優勝にも貢献するなどインドアで活躍した後、ビーチバレーに転向する。

 

1996年アトランタオリンピックにケント・ステフェスと組んでビーチバレーで出場し、金メダルを獲得。

エピソード

Beach Volleyball LEGEND • Karch Kiraly (USA) • Beach Volleyball World

父親はハンガリー動乱のためにアメリカに逃れてきた移民である。

 

6歳のときにビーチバレーを始め、大学に入ってからバレーボールを始める。

 

バレーボールとビーチバレーの2種目でオリンピックの金メダルを獲得した唯一の選手である。

 

キライは、ジョン・ヘイスティングスと共著で1996年にサイモンとシュスターが共同執筆したカーチ・キライのチャンピオンシップバレーボールと、バイロン・シューマンと共著で1999年にヒューマンキネティクスが発行したビーチバレーボールの2冊の本の著者です。

プレースタイル

 

[特集09]【バレーボール】ミスターバレーボール!カーチ・キライ《USA vs URS より》【1988ジャパンカップスペシャル 男子《決勝》】

 

天才的なサーブレシーブと巧みなスパイク技術を持っている。

 

彼は恐ろしくレシーブが上手かった。

 

彼はレシーブをして、そのままスパイクする。

 

身長は191cmと世界基準では高くないがジャンプ力があり、ブロックアウトを狙うスパイクがクレーバーだった。

 

191㎝という身長で戦っていたのだから滞空力が高く、ジャンプしてから、空中で打つコースを判断して打っていたそうです。

 

足の長い、コーナーをピンポイントで狙うようなクロスとか芸術的。

 

カーチ・キライ氏が「ミスター」と呼ばれた所以は、何も金メダルチームのキャプテンを務めたからではありません。

 

80年代に入ってアメリカチームが構築した戦術が「分業制」。

 

それまではセッターを除く4(前衛のミドルブロッカーを外した場合)~5人でサーブレシーブをし、前衛の2~3人が攻撃するというシステムが一般的だったのに対し、2人のOHが全てのサーブに対応し、セッター対角の選手は後衛でも攻撃に専念させる戦術を実戦したのです。

 

そのシステムを完成させる重要な役割を担ったのがカーチ・キライ選手でした。

 

サーブレシーブをし、そこから攻撃に入り、相手のスパイクにも負けないレシーブ力を持っているオールラウンダーでした。

 

まさにバレーボールに必要な全てのプレーの技術力が高く、さらにチームをまとめる統率力のあるリーダーだったからこそ「ミスターバレーボール」と呼ばれたのです。

 

プレースタイルはもう完全なるオールラウンダー。

 

1番はやはりスパイクだけど、分業制の中でパッサー(パスする人)を任されていたりと守備も高い能力。

 

強烈なジャンプサーブはこの時代ないけど、サーブレシーブがきれいだった。

サーブレシーブに2人置く戦術はダグビルが考案したもので、代表メンバーが変わっても、キライは必ずパッサーの1人を担っていたほど。

 

守備範囲はコートの半分。

 

今のリベロとほぼおんなじ範囲。

 

キャプテンとしてもチームの支柱だった。

 

大きな声を出したり、チームメイトに駆け寄っていったり精神的なリーダーでもあった。

 

最後に彼の言葉を紹介しよう。

 

「チームメイトがより良くプレーできるよう助けろ。君がいいプレーをするかは関係ない。みんなで成功するんだ。」

コメント

タイトルとURLをコピーしました