スポンサーリンク
【サッカーショップKAMO】海外クラブチーム特集

ホセ・マヌエル・モレノ

サッカー

概略

El Charro Jose Manuel Moreno / Labruna / River Plate ⚽️
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
生年月日 1916年8月3日
出身地 ブエノスアイレス
没年月日 1978年8月26日(62歳没)

 

ポジションはフォワード(インサイド・ライト)。

 

利き足は右利き

 

愛称はエル・チャロ

 

1940年代に「ラ・マキナ (機械)」と呼ばれたCAリーベル・プレートの一員である。

 

2000年には、国際サッカー歴史統計連盟により20世紀最高の選手を決めるランキングにおいて25位、南米部門では5位に選ばれた。

 

タイトル

クラブ

リーベル・プレート
  • アルゼンチン・リーグ : 1936, 1937, 1941, 1942, 1945
  • コパ・アルダオ : 1936, 1937, 1941, 1947
クラブ・エスパーニャ
  • メキシコ・リーグ : 1944-45
ウニベルシダ・カトリカ
  • チリ・リーグ : 1949
インデペンディエンテ・メデジン
  • コロンビア・リーグ : 1955, 1957

代表

アルゼンチン代表
  • 南米選手権 : 1941, 1942, 1947年

 

個人賞

 

コパ・アメリカ得点王 1942年
アメリカズカップ最優秀選手 1947年
チリ最優秀選手 1949年
コネックスプラチナ賞 1980年
20世紀南米最優秀選手5位(IFFHS) 1999年
31°史上最高の選手(フォーフォーツー) 2017年

 

経歴

Sudaca Brasil – Grandes Jogadores – José Manuel Moreno
クラブ
クラブ 出場 (得点)
1935-1944 アルゼンチンの旗 リーベル・プレート 256 (156)
1944-1946 メキシコの旗 クラブ・エスパーニャ 41 (11)
1946-1948 アルゼンチンの旗 リーベル・プレート 64 (24)
1949 チリの旗 ウニベルシダ・カトリカ 22 (8)
1950 アルゼンチンの旗 ボカ・ジュニアーズ 22 (6)
1951 チリの旗 ウニベルシダ・カトリカ 12 (2)
1952 ウルグアイの旗 デフェンソール 14 (3)
1953 アルゼンチンの旗 フェロカリル・オエステ 15 (1)
1954-1956 コロンビアの旗 インデペンディエンテ・メデジン 40 (12)
1960-1961 コロンビアの旗 インデペンディエンテ・メデジン 3 (1)
通算 489 (224)
代表歴
1936-1950 アルゼンチンの旗 アルゼンチン 34 (19)

 

クラブ

 

ブエノスアイレス州ラ・ボカで生まれる。

 

15歳でボカ・ジュニアーズのトライアウトを受けるも不合格に終わった。

 

アルゼンチンサッカー協会によると、モレノは「近いうちにこのことを後悔するだろう」と言ったとされる。

 

その後、1933年にボカ・ジュニアーズのライバルチームであるCAリーベル・プレートのリザーブチームに加入。

 

18歳の頃、他の若い選手と共にブラジルツアーのメンバーに選ばれ、ボタフォゴFR戦でリーベル・プレートのトップチームでデビューした。

 

1935年3月17日のCAプラテンセ戦でプリメーラ・ディビシオンでデビュー。

 

その試合では1得点を挙げ、2-1での勝利に貢献した。

 

1936年、1937年のリーグ優勝に大きな役割を果たし、アンヘル・ラブルナ、アドルフォ・ペデルネラ、フェリックス・ロウストウ、フアン・カルロス・ムニョスらと共に「ラ・マキナ (機械)」と呼ばれるチームを構成した。

 

1944年、前年から始まったメキシコリーグのクルブ・エスパーニャに加入。

 

1943-44シーズンには2位となり、その翌シーズンにはリーグ初優勝を果たした。

 

1946年にリーベル・プレートへと戻った。その後もボカ・ジュニアーズなど様々なクラブでプレーし、1954年にインデペンディエンテ・メデジンへと移籍。

 

ここでは、選手兼任監督としてプレーした。1955年にコロンビアリーグを優勝し、4つの異なる国(アルゼンチン、メキシコ、チリ、コロンビア)のリーグで優勝を経験した初めての選手となった。

 

1961年に現役を引退。

 

同年、インデペンディエンテ・メデジン対ボカ・ジュニアーズの引退試合が行われた。

 

代表

 

アルゼンチン代表として34試合に出場して19得点を挙げた。

 

1941年、1942年、1947年と南米選手権で3度優勝を経験。

 

1942年大会では7得点を挙げ、同国代表のエルミニオ・マサントニオと並んで得点王となった。

 

そのほか、1947年大会では大会最優秀選手にも選ばれた。

 

モレノは同大会で計13得点を記録し、大会歴代最多得点者となっている。

 

また、エクアドル代表との試合で、大会500ゴール目も記録した。

エピソード

Jose Manuel ""El Charro"" Moreno ( a color)

 

Dirigió al Deportivo Merlo en la divisional C, desde finales de 1976 hasta su deceso en 1978. A modo de homenaje, el Estadio lleva su nombre.

 

Previamente, dirigió a All Boys. En 1958 junto a Bernardo Gandulla dirigió su primer equipo, Boca Juniors. Ese año el equipo de Boca Juniors fue subcampeón del torneo de primera división con la delantera más goleadora.

 

También dirigió al Colo-Colo de Chile durante seis meses, entre 1962 y 1963.

プレースタイル

José Manuel Moreno: Perfect Master

“José Manuel Moreno inventó la posición del “jugador total”, esa misma que luego le haría decir a Di Stéfano que todo lo que él hacía en el Real Madrid (agarrar la pelota en su área y llevarla hasta el arco de enfrente y allí asistir o fusilar) ya lo había hecho el “Charro” en River”.

 

​ Nominalmente jugaba de insider derecho o izquierdo, lo que hoy conocemos como mediocampista ofensivo. Figura convocante para la gente, líder y carismático, fue un jugador de notables condiciones técnicas, habilidoso, creador, ingenioso, con capacidad de definición y cabeceador formidable, se adaptaba a cualquier sistema sin ductilidad, además de impactar con su estado físico.

 

“Moreno era así: tan luchador… como habilidoso. De hecho, las crónicas que han quedado de su época de futbolista hablan de un jugador con llamativa técnica, capacidad de definición y estupendo cabezazo”.

 

Otras referencias nos dicen: “En aquel célebre equipo de River, según recordaría Alfredo Di Stéfano -que jugó con Moreno en River en 1947-, el gran bohemio del fútbol del ’40 “agarraba la pelota en su área, la llevaba hasta el arco de enfrente y allí asistía o fusilaba al arquero”.

 

“Tenía fortaleza física y calidad exquisita, casi una contradicción. Fue campeón con la Máquina en el 41 y el 42. Después vino la Selección. Volante de ida y vuelta, incansable, metedor. Pero también goleador”.

 

Con más de 20 años de carrera profesional, anotó 243 goles en 523 partidos de Liga.

コメント

タイトルとURLをコピーしました