フアン・アルベルト・スキアフィーノ

サッカー

概略

Happy Birthday Juan Schiaffino
国籍 ウルグアイの旗 ウルグアイ
イタリアの旗 イタリア
生年月日 1925年7月28日
出身地 モンテビデオ
没年月日 2002年11月13日(77歳没)

身長185cm 体重は69kg

 

ポジションはミッドフィールダー(オフェンシブハーフ)、フォワード(セカンドトップ(インサイドレフト))。

 

利き足は右利き。

 

愛称は「ペペ」。

 

優れた瞬発力と洗練されたテクニックは歴代ウルグアイ代表選手の中においても史上最高と称される。

 

気が強く、その性格が災いしチームメートと衝突する事も多々見られたが、その気の強さこそが、ピッチ上での大きな武器であったのは間違いないと思われる。

 

1946年にはウルグアイ代表にも選出され、FIFAワールドカップ・ブラジル大会の優勝に大きく貢献。

 

また、4年後のFIFAワールドカップ・スイス大会にも参加した。

 

1954年にはACミランへ移籍し、グンナー・ノルダール、ニルス・リードホルム、チェーザレ・マルディーニらと共にスクデットなどを獲得。

 

1957-58シーズンはUEFAチャンピオンズカップの決勝まで進むも延長戦の末レアル・マドリードに敗れる。

 

また、イタリア国籍を取得し、イタリア代表として試合にも出場した。

 

1960年にASローマへ移籍、インターシティーズ・フェアーズカップを獲得した。

 

獲得タイトル

 

クラブ

 

ペニャロール
・Primera División Uruguaya (Uruguayan championship): 1949, 1951, 1953, 1954

ミラン
・Serie A: 1954–55, 1956–57, 1958–59
・Latin Cup: 1956

ローマ

・Inter-Cities Fairs Cup (now UEFA Cup): 1961

 

代表

ウルグアイ
・FIFA World Cup: 1950

 

個人

・FIFA World Cup All-Star Team: 1950
・IFFHS Uruguayan Player of the 20th Century
・IFFHS South American Player of the 20th Century (6th place)
・IFFHS Player of the 20th Century (17th place)
・World Soccer: The 100 Greatest Footballers of All Time
・A.C. Milan Hall of Fame
・IFFHS Legends

 

経歴

Juan Alberto Schiaffino Final Brasil – Uruguay 1950
クラブ
クラブ 出場 (得点)
1943-1954 ウルグアイの旗 CAペニャロール 227 (88)
1954-1960 イタリアの旗 ACミラン 149 (47)
1960-1962 イタリアの旗 ASローマ 39 (3)
代表歴
1946-1954 ウルグアイの旗 ウルグアイ 21 (8)
1954-1958 イタリアの旗 イタリア 4 (0)

 

1943年にCAペニャロールでキャリアをスタートさせると、すぐに頭角を現しレギュラーとして定着。

 

1946年にはウルグアイ代表にも選出され、FIFAワールドカップ・ブラジル大会の優勝に大きく貢献。

 

また、4年後のFIFAワールドカップ・スイス大会にも参加した。

 

1950年W杯では初戦ボリビア戦にて4得点を記録すると事実上の決勝戦となったブラジル戦では劣勢の中で同点弾を記録。

 

この得点で勢いにのったウルグアイが、この大会の優勝を遂げている。

 

W 杯での活躍は欧州ビッグクラブの目にも止まったが、当時の国内世論がこれを許さず、欧州にてプレーする事が許されるのに4年もの歳月を費やす。

 

1954年には20万ドルという当時としては破格の移籍金でミランへ引き抜かれたのは間もなく30才を迎える年齢であったが、そのプレーに陰りはなく加入シーズンにセリエA27試合に出場し15得点を記録、リーグ制覇の原動力となって活躍し、以後通算3度のリーグ制覇を達成している。

 

ACミランではグンナー・ノルダール、ニルス・リードホルム、チェーザレ・マルディーニらと共にスクデットなどを獲得した。

 

1957-58シーズンはUEFAチャンピオンズカップの決勝まで進む。

 

相手は世界最強の名を欲しいままにしていたレアル・マドリードであった。

 

ディスティファノ対スキアフィーノという夢の対戦に、会場は超満員に膨れ上がる。

 

貴重な先制弾はスキアフィーノが叩き出し、同点弾はディスティファノ、見る者の期待通りの試合展開であったが、延長の末栄冠を手中にしたのはディスティファノであった。

 

延長戦の末レアル・マドリードに敗れた。

 

1960年にASローマへ移籍、インターシティーズ・フェアーズカップを獲得した。

 

ここではリベロとしてもプレーし61-62シーズンを最後に現役を引退した。

 

ウルグアイ代表として25試合11得点を記録しているがセリエAへ移った後、イタリア国籍を取得し、イタリア代表として試合にも出場した。

 

1954年12月5日アルゼンチン戦にてイタリア初キャップを刻みその後通算4試合に出場している。

エピソード

Juan Schiaffino in World Cup

1950年W杯ブラジル大会。

 

事実上の決勝戦となったブラジル戦、「マラカナンの悲劇」と言われる試合です。


0-1とリードを許したウルグアイ、ブラジルファンは優勝を確信していたんですが、スキアフィーノが同点ゴール、その後ギジャの逆転ゴールをアシストして2-1で大逆転勝利を収めました。

 

ブラジル中が涙した試合、自殺者まで出ました。

 

ウルグアイを2度目のW杯優勝に導いたのがスキアフィーノでした。

 

スキアフィーノはかなりの愛妻家です。

 

スキアフィーノが引退したあと、あるインタビューでこう質問されたんです。

 

「長いキャリアの中で、最も印象深い思い出は?」

 

こう質問されたスキアフィーノは、「人生には忘れがたい時というものがある。練習の帰りに乗った163番のバスの中で、私の生涯の伴侶となる素晴らしいアンジェリカと出会った日の事は一生忘れられない。」

 

プレースタイル

Juan Schiaffino ● Skills, Dribbling, Goals

エレガントなプレースタイルで、パス能力が高く、常に攻撃の起点としてピッチ上に君臨、決定的なスルーパスを繰り出していたようです。

 

得点力も高く、自ら華麗なドリブルで切り込み、貴重な得点を決めていました。

 

比類の無いパス技術、2列目から飛び込み、絶妙のポジショニング が特徴。

 

ゴールを量産し始めると、もうこの偉大なアタッカーを止めることができる者はいなかった。

 

細身の体格で戦術的に多彩なプレーヤーであるスキアフィーノは、キャリアの初期に、特にCAペニャロルとACミランとともに、左サイドインサイドフォワードまたはセカンドストライカーとして、または攻撃的ミッドフィールダーとしてプレイしました。

 

中盤の深い位置でプレイメーカーとしてプレーすることもできます。

 

キャリアが進むにつれてより頻繁に務める役割でした。

 

スキアフィーノは創造的なスキルと、ゲームを読み、チームメイトを指揮し得点の機会を演出する能力に長けていました。

 

また中盤でプレーテンポをコントロールする非常に熟練したプレイメーカーとしても優れており多くのアシストを生み出しました。

 

彼の優れた点はそのテクニック、プレイエリアの広さ、知性、ポジショニング、リーダーシップ、ビジョンです。

 

バランスのとれた勤勉なプレーヤーである彼はスキル、エレガンス、創造性に加え、守備への貢献と意欲で知られていました。

 

多くの場合、スライディングタックルを使用して、対戦相手に圧力をかけ、ボール奪取に挑戦します。

 

彼の幅広いスキルにより、彼は後のキャリアでスイーパーとしてプレーすることができました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました