スポンサーリンク
【サッカーショップKAMO】海外クラブチーム特集

ドラガン・ジャイッチ

サッカー

 

概略

ドラガン・ジャイッチのプレイ集【ユーゴの翼】
国籍 セルビアの旗 セルビア
生年月日 1946年5月30日(74歳)
出身地 セルビア・ウブ
身長 164cm
体重 77kg

 

ポジションはフォワード(左ウイング)。

 

利き足は左。

 

ドリブル突破とチャンスメイクに優れ、自ら多くのゴールも挙げた左ウイング。

 

ユーゴスラビア史上最高の選手の一人。

 

獲得タイトル

クラブ

レッドスター・ベオグラード

・Yugoslav First League: 1963–64, 1967–68, 1968–69, 1969–70, 1972–73
・Yugoslav Cup: 1963–64, 1967–68, 1969–70, 1970–71
・Mitropa Cup: 1968

代表

ユーゴスラビア

・Mediterranean Games: 1971
・UEFA European Championship: Runners-Up 1968 Italy

 

個人

・UEFA Euro Top Scorer: 1968
・UEFA Euro Team of the Tournament: 1968, 1976
・Ballon d’Or (3rd place): 1968
・Golden Badge: 1969
・World Soccer World XI: 1969
・Best Sportsman of SD Crvena Zvezda: 1966, 1967, 1968, 1969, 1970
・YU-Serbian UEFA Golden Player: 2004
・FIFA XI: 1968

 

経歴

Skills of Dragan Dzajic

所属クラブ

  • ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 レッドスター・ベオグラード 1961-1975
  • フランスの旗 SCバスティア 1975-1977
  • ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 レッドスター・ベオグラード 1977-1978
代表歴
1964–1978 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア 85 (23)

 

ジャイッチは1961年、ユーゴ最大のクラブチーム・レッドスター・ベオグラードでデビュー、ユーゴの歴史に名を残すことになります。

 

フランスのバスティアで2年プレーしたあと、レッドスターに戻り、1978年に引退しました。

 

1968年、当時はベスト4を集めて行われた欧州選手権(ネーションズ・カップ)の決勝大会、準決勝でイングランドと当たったユーゴスラビア。

 

2-1でイングランドを退け、決勝に進みました。

 

イングランドのプレスは、ある一人の選手に翻弄されたことを認め、「マジック・ドラガン」と称賛を惜しみませんでした。

 

ドラガン・ジャイッチ、多くのタレントを生み出したユーゴスラビアの中でも、最高峰の選手でした。

 

地元イタリアとの決勝では、ジャイッチが同点ゴールを決め1-1、当時の規定により再試合になりましたが、0-2でユーゴスラビアは準優勝に終わりました。

 

この年のバロンドールで、ベスト、チャールトンにつぐ3位にランクしています。

 

1974年のW杯に出場、2次リーグ進出に貢献しました。

 

エピソード

Dragan Džajić, Džaja [Goals & Skills]

大学で商業および経済学を学び、これとサッカーに関する知識を合わせ、レッドスター・ベオグラードのマネージャー、後には会長を務め上げた。

 

2004年に健康問題のため辞職。

 

プレースタイル

Forgotten Footballers ~ Dragan Dzajic

当代きっての左ウイングであり、左足で球を扱う技術はマジックさながら。

 

その最盛期には、誰も止められなかった。

 

「マジック・ドラガン」と呼ばれた左ウイングの職人で、スピードと高水準のテクニックでサイドを破り、正確なクロスを上げ、中に切り込んでのシュートを得意としていました。

 

ドリブル突破とチャンスメイクに優れ、自ら多くのゴールも挙げた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました