スポンサーリンク
【サッカーショップKAMO】海外クラブチーム特集

ルイジ・リーバ

サッカー

 

概略

Gigi Riva, Rombo di Tuono [Best Goals]
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 1944年11月7日(75歳)
出身地 レッジューノ
身長 180cm
体重 78kg

 

ポジションはフォワード(センターフォワード、左ウイング)。

 

利き足は左。

 

愛称は「ジジ (Gigi)」「 雷鳴 (Rombo di Tuono)」。

 

イタリア史上最高のFWとの呼び声高いサルデーニャの太陽。

 

同世代の最高のプレーヤーの1人であり、史上最高のストライカーの1人であると考えられている。

 

カリアリで16年間プレーしセリエA得点王には3度輝いている。

 

1969/70シーズンにはカリアリでセリエA優勝を経験。

 

1978年7月に現役引退するまでの間に、セリエAで通算289試合に出場して155ゴールを決めている。

 

1999年にはワールドサッカー誌の「20世紀の偉大なサッカー選手100人」の一人に選ばれていた。

 

代表レベルでは、リーバは1968年の UEFA欧州選手権で優勝し、1970年のFIFAワールドカップでイタリア代表と準優勝しました。

 

また、1974年のFIFAワールドカップにも参加し1965年から1974年の間に、42の出場で35ゴールを記録したイタリアの史上最高のゴールスコアラーです。

 

獲得タイトル

クラブ

カリアリ
・Serie A (1): 1969–70

代表

イタリア
・European Championship (1): 1968

個人

・Serie A Top-Scorer: 1966–67, 1968–69, 1969–70
・Ballon d’Or:
1967 – 13th
1968 – 6th
1969 – 2nd
1970 – 3rd
・UEFA European Championship Team of the Tournament: 1968
・World Soccer’s 100 Greatest Footballers of All Time: 1999
・Golden Foot “Football Legends”: 2005
・Inducted into the Italian Football Hall of Fame: 2011
・Inducted into the Walk of Fame of Italian sport: 2015
・Inducted into the Cagliari Hall of Fame
・Cagliari Greatest All-time Starting XI

 

経歴

I Gol di Gigi Riva

所属クラブ

  • 1960-1962 イタリアの旗 FCラヴェーノ・モンベッロ
  • 1962-1963 イタリアの旗 レニャーノ
  • 1963-1976 イタリアの旗 カリアリ
代表歴
1965-1974 イタリアの旗 イタリア 42 (35)

 

クラブ

 

9歳のとき父親が事故死、苦しい経済環境で14歳になったリーバは工場で働きながら、地元のクラブでプレーをする。

 

しかし16歳で母親も死去、若くして孤独の身となってしまった。

 

その後、所属したセリエCのレグノナで将来性を認められたリーバは、熱心に誘いをかけてきたセリエBのカリアリへ62年に移籍した。

 

サルディーニャ島に到着した18歳のリーバは、オンボロ飛行機の窓から砂漠のような景色を見て「ここはアフリカか、と思ったぐらいだ」と不安を覚えたらしい。

 

とても整っているとは言えないクラブの環境に、「俺はだまされて世界の果てに来てしまった」と一時は自暴自棄になりかけるが、島民との触れ合いで次第に心を和ませていったリーバ。

 

自分を受け入れてくれた町に愛着を抱くようになった彼は、苦しかった少年時代の経験を糧に、チームでの成長を目指すようになったのである。

 

ストライカーとしての才能を開花していったリーバ。

 

そして63-64シーズンにはチームをセリエAに昇格させ、66-67シーズンに21ゴールを決めて初の得点王を獲得する。

 

67-68シーズンには怪我を負いながらも、不屈の精神でトップスコアラーの地位をキープ、連続得点王を獲得した。

 

そして69年のバロンドール投票では、惜しくもジャンリ・リベラに及ばなかったが4票差の2位と活躍を評価された。

 

そして69-70シーズン、「哲学者」の異名を持つマンリオ・スコーピニョ監督の指揮のもと、3年連続で得点王に輝いたリーバはカリアリをセリエA初優勝へ導く。

 

大都市から離れた地方の小クラブがセリエA優勝を果たすなど、イタリアサッカーの長い歴史でも前代未聞。

 

この快挙はサルディーニャ島の人々を喜ばせ、勇気づけることになった。

 

いくつものビッグクラブからの注目にも関わらず、引退するまでカリアリ一筋で過ごし、セリエAでの12シーズンで289試合出場156ゴールを叩きだしています。

 

代表

 

イタリア代表としては、1965年6月27日のハンガリー戦(2-1で敗北)で国際舞台にデビュー。

 

1968年UEFA欧州選手権では決勝のユーゴスラビア戦のみの出場ながら、先制点を挙げて優勝に貢献。

 

1970年FIFAワールドカップでは決勝でブラジルに4-1で敗れて準優勝。

 

1974年FIFAワールドカップではグループリーグ敗退に終わった。

エピソード

I più bei gol di Gigi Riva (Parte 1/2)

 

引退後は、カリアリの役員になり、1990年からはイタリア代表のチームマネージャーを務めています。

プレイスタイル

Gigi Riva… Rombo di tuono

力強いドリブルと、破壊的なシュートで相手ゴールを無理矢理こじ開けた。

 

スピード抜群のドリブルと強烈な左足のシュートを武器にした。

 

ゴールキーパーを震え上がらせる、異次元のパワーと左足の威力。

 

鍛え抜かれた身体でゴールを襲う迫力の姿は、まさに轟く雷鳴そのままだった。

 

強引なまでのドリブルで左サイドを破り、左足から放つ強力なシュートでゴールをこじ開けていった。

 

キャリア当初は左ウインガーだったが、その得点力を生かすためにセンターフォワードを勤めるようになる。

 

彼の身長、強靭な肉体、ジャンプ力、ヘディングの正確で、空中戦でも威力を発揮。

 

ボレーの上手さからの壮大なアクロバティックなゴールを記録する傾向がありました。

 

背の高い体格と強力な身体的特性にもかかわらず、彼は優れたテクニック、創造性、ドリブルスキル、そして非常に繊細なファーストタッチとボールコントロールスキルも備えていました。

 

彼は顕著な得点技術に加えて、豊富なスタミナを備え、非常に勤勉で、速い選手でした。

 

彼はまた正確なフリーキックとペナルティキックのスペシャリストでもありました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました