スポンサーリンク
【サッカーショップKAMO】海外クラブチーム特集

アンヘル・ラブルナ

サッカー

 

概略

Centenario de Ángel Labruna
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
生年月日 1918年9月28日
出身地 ブエノスアイレス
没年月日 1983年9月20日(64歳没)

身長174 cm

 

ポジションはフォワード(インサイドレフト)。

 

利き足は左。

 

ニックネームは「El Pocho」。

 

アルゼンチン時代には「ゴールの達人」と呼ばれ、イタリアでは「稲妻」の愛称をもらっている。

 

イタリア系アルゼンチン人である。

 

1940年代に「ラ・マキナ(機械)」と呼ばれたCAリーベル・プレートの一員である。

 

CAインデペンディエンテなどに所属したアルセニオ・エリコと並び、アルゼンチンリーグの最多得点記録者でもある。

 

獲得タイトル

クラブ

リーベルプレート
・プリメーラディビシオン(9):1941、1942、1945、1947、1952、1953、1955、1956、1957
・コパイバルグレン(3):1937、1941、1942
・コパアドリアンC.エスコバル(1):1941
・コパアルダオ(3):1941、1945、1947

代表

アルゼンチン
・南米選手権(2):1946、1955

 

経歴

 

クラブ
クラブ 出場 (得点)
1939-1959 アルゼンチンの旗 リーベル・プレート 515 (293)
1960-1961 ウルグアイの旗 ランプラ・ジュニアーズ 16 (3)
1961 アルゼンチンの旗 プラセンテ 2 (0)
1961 チリの旗 ランヘルス 5 (0)
代表歴
1942-1958 アルゼンチンの旗 アルゼンチン 37 (17)

 

1939年6月18日、CAリーベル・プレートでアルゼンチンリーグデビュー。

 

その後20年に亘って所属して9度のリーグ優勝を果たし、1943年と1945年にはそれぞれ23得点と25得点を挙げて個人としてもリーグ得点王にも2度輝いた。

 

また、ボカ・ジュニアーズとのスーペルクラシコでも通算16得点を記録した。

 

1959年、ラブルナは515試合で293得点という記録を残してクラブを離れ、ランプラ・ジュニアーズFC、CAプラテンセ、CSDランヘルスなどでプレー。

 

43歳で引退した。

 

アルゼンチン代表として37試合に出場。

 

1955年のコパ・アメリカで優勝した。

エピソード

River Campeón 1975 – Angel Labruna – Ruben Bruno

 

アドルフォ・ペデルネラ、ホセ・マヌエル・モレノ、フェリックス・ロウスタウ、フアン・カルロス・ムニョスらが共にプレーした当時、リーベル・プレートは”ラ・マキナ”(機械)と呼ばれ無敵を誇った。

 

40歳で迎えたスウェーデンW杯にも招集された。

 

しかし、同世代の選手と同じように第二次世界大戦によって他のワールドカップに出場することは出来なかった。

 

ワールドカップとは縁がなかった名選手である。

プレースタイル

Angel Labruna "El Angel del Millonario"- En 1080p – 2015

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました