スポンサーリンク
【サッカーショップKAMO】海外クラブチーム特集

ジャンルイジ・ブッフォン

サッカー

概略

【改良版】【イタリアのレジェンド ジャンルイジ・ブッフォン】歳なんて関係ない❗️現役レジェンドのスーパーセーブ集
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 1978年1月28日(42歳)
出身地 カッラーラ
身長 192cm
体重 92kg

 

ポジションはゴールキーパー。

 

利き足は右。

 

愛称はジジ(Gigi)。

 

約20年に渡りイタリア代表の正GKを勤めイタリア代表最多出場記録を誇り、2006年FIFAワールドカップ覇者。

 

国際サッカー歴史統計連盟が発表した「21世紀のベストGK」では1位に選出された。

 

彼はセリエAの無失点記録も持っている。

 

これまでの記録はGKセバスティアーノ・ロッシが守ってきた929分間が最高であったが、2016年1月10日からFWアンドレア・ベロッティがPKを決めた3月20日まで続いたブッフォンの無失点記録は974分間に上った。

 

獲得タイトル

クラブ

パルマFC
・コッパ・イタリア:1回 (1998-99)
・イタリア・スーパーカップ:1回 (1999)
・UEFAカップ:1回 (1998-99)

ユヴェントスFC
・セリエA:9回 (2001-02, 2002-03, 2011-12, 2012-13, 2013-14, 2014-15, 2015-16, 2016-2017, 2017-2018)
・セリエB:1回 (2006-07)
・コッパ・イタリア:4回 (2014-15, 2015-16, 2016-17, 2017-18)
・イタリア・スーパーカップ:5回 (2002, 2003, 2012, 2013, 2015)

パリ・サンジェルマンFC
・トロフェ・デ・シャンピオン:1回 (2018)
・リーグ・アン:1回 (2018-19)

代表

イタリア代表
・FIFAワールドカップ:1回 (2006)
・U-21欧州選手権:1回 (1996)

個人

・レフ・ヤシン賞:1回 (2006)
・UEFAチャンピオンズリーグ最優秀選手賞:1回 (2002-03)
・UEFAチーム・オブ・ザ・イヤー:4回(2003, 2004, 2006, 2016、2017)
・FIFA最優秀選手賞GK部門:3回 (2004, 2005, 2006)
・UEFA年間最優秀選手GK部門:2回 (2002-03, 2016-17)
・欧州最優秀ゴールキーパー賞:3回 (2003, 2016, 2017)
・セリエA最優秀GK:6回 (1998-99, 2000-01, 2001-02, 2002-03, 2004-05, 2005-06)
・ESMチーム・オブ・ザ・イヤー:2回 (2002-03, 2016-17)
・FIFproワールドイレブン:3回 (2006, 2007, 2017)
・セリエAベストイレブン 2011/12、2013/14、2014/15、2015/16
・IFFHS選定年間最優秀GK:5回 (2003, 2004, 2006, 2007, 2017)
・ブラヴォー賞:1回 (1999)
・FIFA 100:1回 (2004)
・UEFAチャンピオンズリーグベストチーム:1回 (2014-15)

 

経歴

【生きる伝説】衰え知らずジャンルイジ・ブッフォンのスーパーセーブ&神セーブ集
クラブ
クラブ 出場 (得点)
1995-2001 イタリアの旗 パルマ 169 (0)
2001-2018 イタリアの旗 ユヴェントス 612 (0)
2018-2019 フランスの旗 パリ・サンジェルマン 17 (0)
2019- イタリアの旗 ユヴェントス
代表歴
1993-1994 イタリアの旗 イタリア U-16 3 (0)
1995 イタリアの旗 イタリア U-17 3 (0)
1994-1995 イタリアの旗 イタリア U-18 3 (0)
1995-1997 イタリアの旗 イタリア U-21 11 (0)
1997 イタリアの旗 イタリア U-23 4 (0)
1997-2018 イタリアの旗 イタリア 176 (0)

 

クラブ

 

1991年にパルマACのエルメス・フルゴーニGK育成コーチ兼スカウトに見いだされ、同チームの下部組織に加入した。

 

1995-96シーズンでは、下部組織加入からわずか4年でネヴィオ・スカラ監督によって、パルマのトップチームに昇格。

 

その時まだ17歳だった。

 

1995年11月19日、ファビオ・カペッロ監督率いるACミラン戦でセリエAデビュー(17歳9ヶ月)。

 

その試合でこの年のバロンドールを受賞するジョージ・ウェアの至近距離からのシュートを顔面でセーブするなどスーパーセーブを連発し、0-0の引き分けに貢献した。

 

このシーズンは9試合に出場した。

 

1996-97シーズンでは、正GKとしての地位を確固たる物とし、ステーファノ・トッリージ、リリアン・テュラム、ファビオ・カンナヴァーロと共に強固な守備陣を形成。

 

チームはセリエA2位につけた。

 

1998-99シーズンでは、堅守を武器にチームはコッパ・イタリア優勝、UEFAカップ優勝、イタリア・スーパーカップ優勝を達成した。

 

2000-01シーズンでは、このシーズンにおいて自身初となるセリエA全試合出場を果たした。

 

2001年7月2日、GKとしては史上最高額の移籍金となる5230万ユーロ(約56億円・当時)でマルチェロ・リッピ監督率いるユヴェントスFCに加入。

 

当初はGKにこれほど多額の移籍金を支払ったユーヴェに懐疑的な見方をする専門家が多かったが、「サッカーをよく理解していない者の戯言」とブッフォンは反論し、その年のスクデット獲得に貢献をした。

 

2002-03シーズンでは、セリエA連覇を達成。UEFAチャンピオンズリーグでは、準決勝2nd legのレアル・マドリード戦でルイス・フィーゴのPKを止めるなど活躍し、決勝進出。

 

しかし、オールド・トラッフォードで行われたミランとの決勝戦でPK戦の末に敗れて準優勝に終わった。

 

なお、このシーズンはUEFAチャンピオンズリーグのMVP(GKとしては史上唯一)と最優秀GKに選出された。

 

2004年3月にFIFAが100周年を迎えるにあたって、元ブラジル代表ペレが選出したFIFA 100(偉大なサッカー選手125人)に選出された。

 

2005-06シーズンでは、8月14日に行われたミランとの親善試合でカカと激突し、右肩を脱臼。

 

長期の戦線離脱を余儀なくされ、ユーヴェはその代役としてクリスティアン・アッビアーティをミランから獲得。

 

一旦、同年12月1日のコッパ・イタリア、ACFフィオレンティーナ戦で復帰するが、カペッロ監督のまだ十分に回復していないとの判断により、その後の試合には出場せず。

 

1月15日のレッジーナ・カルチョ戦で再度復帰。

 

以降は正GKの座を奪還した。

 

2006年6月-7月に、カルチョ・スキャンダルでイタリアサッカー界が揺れる中、ブッフォン自身にも違法なサッカー賭博に関与したのではないかとの容疑が掛かり、パルマ地検とトリノ地検から事情聴取を受ける(後に無実であることが判明)。

 

2006年8月、所属チームであるユーヴェの八百長行為によりチームがセリエBへ降格することが決定し、カンナヴァーロやジャンルカ・ザンブロッタなど多くのチームメイトが移籍していく中、アレッサンドロ・デル・ピエロやパベル・ネドベドらと同じくユーヴェに残留する意向であることを代理人を通じてラジオで発表した。

 

2006年11月、2006 FIFAワールドカップでの活躍によりバロンドール受賞が噂されたが、投票の結果2位に終わり、イタリア代表のチームメイトであるカンナヴァーロにその栄誉を譲った。

 

2006-07シーズンでは、チーム最多となる38試合に出場し、ユーヴェをセリエB優勝に導いた。

 

シーズン中からUEFAチャンピオンズリーグ出場のため、他チームへ移籍するのではないかと噂されたが、シーズン終了後にユーヴェとの契約を2012年まで延長した。

 

2007-08シーズンでは、2008年3月14日にユーヴェとの契約を2013年まで延長した。

 

2009-10シーズンでは、シーズン開幕から好調を維持していたが、2009年12月12日に左膝半月板の手術を行った。

 

2010/11シーズン2010 FIFAワールドカップのイタリア代表メンバー23人に選ばれたが、連覇を狙ったこの大会でグループリーグ初戦のパラグアイ戦で負傷退場。

 

その後、椎間板ヘルニアのため手術を受けた。

 

11月に練習に復帰し、12月にはベンチ入りも果たしたが暫くはマルコ・ストラーリの控えとして過ごした。

 

2011年1月14日のコパ・イタリア5回戦のカルチョ・カターニア戦で実戦復帰。

 

その後1月16日のASバーリ戦でリーグ戦初出場を果たした。

 

このシーズンは、本来のプレーには程遠く移籍後最少の16試合の出場に留まり、チームも7位に沈んでチャンピオンズリーグはおろかヨーロッパリーグの出場権すら獲得できなかった。

 

2011/12シーズン久々にシーズン開幕から好調を維持し、セリエAでチーム2番目となる35試合に出場した。

 

チームはセリエA最小失点(20失点)で2002-03シーズン以来9年ぶりの優勝(38戦無敗)に貢献した。

 

また、個人的にもサッカー統計組織「国際サッカー歴史統計連盟(IFFHS)」が21世紀のベストGKランキングを発表し、1位に選ばれた。

 

2015-16シーズン2016年3月20日のトリノFCとのトリノダービーで1993-94シーズンに元イタリア代表GKセバスティアーノ・ロッシが記録した929分のセリエAにおける無失点記録を更新する「974分」の無失点記録を達成。

 

2016-17シーズン、10月、ゴールキーパーとしては初の、ゴールデンフットアワードを受賞、1月には11度目のセリエA最優秀ゴールキーパー賞、またセリエAベストイレブンに選ばれた。

 

2017年3月19日のUCサンプドリア戦ではユベントスにおいて史上最多出場記録となる3万9706分を記録した。

 

チャンピオンズリーグ準決勝ASモナコとのファーストレグの試合でチャンピオンズリーグ100試合出場を達成。

 

またモナコの決定機を数回防ぎ、チャンピオンズリーグ史上初の6試合連続無失点試合を達成した。

 

チームはセリエAとコッパ・イタリアと史上初の3年連続国内二冠を達成し、チャンピオンズリーグでもブッフォン自身3度目となる決勝へ進出した。

 

しかし、カーディフでのレアル・マドリードとの決勝ではクリスティアーノ・ロナウドに2ゴールを決められるなど4失点を喫し1-4で敗れ、またしても初のチャンピオンズリーグのタイトルを逃した。

 

2016年11月にはJリーグのサガン鳥栖が、退団予定のあった林彰洋の後釜を獲るべくオファーを送ったが、重要な戦力であるとしてユーヴェ側が放出を拒んだ。

 

2017-18シーズンのチャンピオンズリーグ準々決勝第2戦では0-3とリード(トータルスコアでは3-3)の中、試合終盤にPKの判定を不服とし審判に猛抗議、退場処分となった。

 

この1点が試合を決め、2試合合計3-4で敗れた。

 

その後欧州サッカー連盟は主催大会3試合の出場停止処分を科すと発表した。

 

2018年5月17日、会見を開きシーズン終了後にユーヴェを退団すると発表した。

 

セリエAで前人未踏の7連覇を成し遂げ、最終節で退団のセレモニーが行われた。

 

2018年7月6日、パリ・サンジェルマンFC(以下パリSGと表記)と1年契約を締結した。

 

ブッフォンにとっては初のイタリア外でのプレーとなる。

 

契約には1年の契約延長オプションが含まれている。

 

リーグ・アンの開幕戦SMカーン戦で先発出場、カーンを無失点に抑えパリSGでデビューを果たした。

 

2019年2月12日に行われたCLラウンド16・1stレグのマンチェスター・ユナイテッドFC戦に先発出場。

 

チームはアウェイ、オールド・トラッフォードでの試合となったが0-2で勝利を収めた。

 

ブッフォンは、この試合を無失点で終え、CL通算50回目のクリーンシートを達成。

 

エドウィン・ファン・デル・サール、イケル・カシージャスに次ぐ歴代3人目となる偉業を成し遂げた。

 

2019年6月、パリSGとの契約を延長せず、退団することを発表。

 

2019年7月3日、古巣ユヴェントスに1年契約で復帰した。

 

背番号はパルマ時代と同じ77番。

 

2020年7月4日、同数で並んでいたパオロ・マルディーニのセリエA最多出場記録を超え、648試合出場を達成した。

 

代表

 

1997年10月29日にモスクワで行われた1998 FIFAワールドカップ欧州予選プレーオフ・ロシア戦の第1戦でデビュー(ジャンルカ・パリュウカの負傷による途中出場)。

 

ちなみに18歳11ヶ月での代表デビューはイタリア代表のGK史上2番目の若さである。

 

1998 FIFAワールドカップでは、20歳で最終メンバーに選出されるも出場機会はなく、チームは準々決勝でフランスに敗れた。

 

EURO2000では、大会直前に左手を故障し、メンバーに選出されなかった。

 

2002 FIFAワールドカップでは、正GKとしてプレーするも、ベスト16で韓国に敗退。

 

4試合出場5失点。

 

EURO2004では、正GKとしてプレーし3試合2失点(うちPKで1失点)という結果だったものの、チームはグループリーグ敗退。

 

2006 FIFAワールドカップでは、自身のサッカー賭博疑惑による試合への影響が心配されたが、大会7試合を通じて2点しかゴールを許さず(1点はクリスティアン・ザッカルドのオウンゴール、1点はジネディーヌ・ジダンのPKからの失点であり、試合の流れの中でゴールを割られることはなかった。また、ファビオ・カンナバーロも活躍し、後にバロンドールを二人で争うこととなる)、さらに、W杯史上4番目の長さとなる460分連続無失点という記録を達成し、イタリアを優勝に導き、最優秀ゴールキーパーとしてレフ・ヤシン賞を受賞した。

 

EURO2008では、調子の上がらないチームの中、グループリーグ第2節のルーマニア戦でアドリアン・ムトゥのPKを止めるなど活躍を見せたが、チームは準々決勝でスペインにPK戦の末、敗れた。

 

また、大会直前にファビオ・カンナバーロが負傷離脱したため、ルーマニア戦を除く3試合をキャプテンとして臨んだ。4試合出場4失点。

 

2009年11月14日に行われたオランダとの親善試合で、イタリア代表史上4人目(GKとしては2人目)となる100試合出場を達成。

 

2010 FIFAワールドカップでは、グループリーグ第1節のパラグアイ戦で椎間板ヘルニアにより前半のみの出場で交代。

 

その後の試合は欠場し、イタリアも1勝もできないままグループリーグ最下位で大会を終えた。

 

1試合出場1失点。

 

2011年11月15日に行われたウルグアイとの親善試合で、ディノ・ゾフの持つイタリア代表GKの出場記録、112試合に肩を並べた。

 

EURO2012では、脱カテナチオを図った新生イタリア代表のキャプテンとしてゴールマウスを守り、決勝に進出。

 

グループリーグ初戦で対戦したスペインと優勝を争うが、豊富な運動量が要求されるシステムに対し選手達の疲労はピークに達しており、チームは為す術もなく敗退。

 

準優勝に終わった。

 

自身は決勝こそ4ゴールを許したものの安定したセービングを披露。

 

初戦のスペイン戦ではフェルナンド・トーレスのドリブル突破に対し自ら飛び出してボールを奪うなど足元の技術の高さも見せつけた。

 

2014 FIFAワールドカップでは、アントニオ・カルバハル、ローター・マテウスに次いで史上3人目となるワールドカップ5大会連続メンバー入りを果たした。

 

コスタリカ戦とウルグアイ戦に出場し、いずれも1失点ずつ。

 

EURO2016が最後の国際大会になると述べたが、代表でのプレーを2018 FIFAワールドカップまで延長する意向を示した。

 

EURO2016でもキャプテンとしてプレー、ドイツ戦ではマリオ・ゴメスとの1対1を止め、このプレーがUEFAセーブオブザシーズンにノミネートされた。

 

2018 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選ではスウェーデンにプレーオフで敗れて2017年11月13日に代表引退を表明した、その後2018年3月のアルゼンチンとの親善試合ではルイジ・ディ・ビアジョ暫定監督の求めに応じ代表復帰した。

エピソード

GIANLUIGI BUFFON Top 10 saves of his career

幼少時は「よく点を決めていた」と本人が語るように、トスカーナ州選抜に選出されたり、1988-89シーズン、スタディオ・ジュゼッペ・メアッツァで行われたインテル・ミラノ対エラス・ヴェローナFCの前座試合に出場するなどフォワードや右サイドアタッカー(少年時代の憧れの選手はローター・マテウス)として活躍。

 

しかし、12歳のとき「とりあえず1年間だけGKをやってみよう」とGKに挑戦。

 

その年に開催された1990 FIFAワールドカップのカメルーン代表GK、トーマス・ヌコノのプレーに感化されGKへ転向した。

 

2007年12月、長男が誕生し憧れのプレーヤー「トーマス・ヌコノ」から名前を取って「ルイス・トーマス」と名づけている。

 

プレースタイル

Gianluigi Buffon's Top 10 saves – #UN1CO

シュートへの反応、ポジショニング、ハイボールの対応、1対1の強さ、経験、コーチング能力などGKに必要とされるあらゆる資質をいずれも高次元で備えており、イタリア史上だけでなく、歴代最高のGKという声もある。

 

反射神経、レスポンス、フィード、ポジショニングなど、どれをとってもブッフォンは超一流です。

 

位置取りのうまさは唯一無二だと思います。

 

またミスがほとんどないとこも特筆すべき点ですね。

 

判断ミスだったり、ポジショニングミスだとか、キャッチングミスだとかそういったミスをほとんどしません。

 

“スーペル・ジジ”ことブッフォンは、これまでのゴールキーパーのイメージを変え、そしてその歴史を書き換えた。

 

彼は天賦の才能に加え、努力、献身性、自己犠牲をも惜しまない人物である。

 

これこそが、彼が史上最強のGKと言われるほどに進化を遂げた所以であろう。

 

ブッフォンは、自身の鋼鉄の体でゴールの1センチの隙間すら守り抜く覚悟を持った最高級の選手だ。

 

それに彼はゴール前における先駆者として、これまでGKでは難しいと思われていたリーダーシップや自身のカリスマ性も発揮して見せた。

 

批判にさらされる時でも率先してチームメートを鼓舞し、絶望的でほとんど不可能に近い時でもチームを勝利に導いたのだ。

 

両親が陸上投てきの選手だったので、親譲りの強肩を持ち、スローイングもかなり正確です。

 

ユベントスの選手によると、ボールが速くて重いのでトラップしやすいんだそうです。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました