スポンサーリンク
【サッカーショップKAMO】海外クラブチーム特集

ガエタノ・シレア

サッカー

概略

Gaetano Scirea
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 1953年5月25日
出身地 チェルヌスコ・スル・ナヴィーリオ
没年月日 1989年9月3日(36歳没)
身長 178cm
体重 75kg

 

ポジションはディフェンダー(リベロ)。

 

利き足は右。

 

イタリア史上屈指のリベロ

 

UEFAとFIFAによって承認されたサッカークラブのすべての国際トロフィーを獲得した、ヨーロッパのサッカー史上わずか5人のプレーヤーの1人です。

 

獲得タイトル

クラブ

ユヴェントス
  • 7 Serie A: 1974–75, 1976–77, 1977–78, 1980–81, 1981–82, 1983–84, 1985–86
  • 2 Coppa Italia: 1978–79, 1982–83
  • 1 UEFA Cup: 1976–77
  • 1 UEFA Cup Winners’ Cup: 1983–84
  • 1 European Cup: 1984–85
  • 1 UEFA Super Cup: 1984
  • 1 Intercontinental Cup: 1985

代表

イタリア代表
  • 1 FIFA World Cup: 1982
  • FIFA World Cup (Fourth place): 1978
  • UEFA European Football Championship (Fourth place): 1980

個人

  • UEFA European Championship Team of the Tournament: 1980
  • Italian Football Hall of Fame: 2011
  • Juventus Greatest XI of All Time: 2017

 

経歴

Gaetano Scirea in World Cup
クラブ
クラブ 出場 (得点)
1972-1974 イタリアの旗 アタランタ 58 (1)
1974-1988 イタリアの旗 ユヴェントス 371 (23)
代表歴
1975-1984 イタリアの旗 イタリア 78 (2)

 

ユヴェントスやイタリア代表では、ゴールキーパーのディノ・ゾフとともに鉄壁の守備陣を築き、ユヴェントスのUEFAチャンピオンズカップ優勝や7度のスクデット獲得。

 

アッズーリのスペインW杯優勝の原動力となった。

 

ユヴェントスでの公式戦出場552試合は、2008年にアレッサンドロ・デル・ピエロによって破られるまでのクラブ記録だった。

 

イタリア代表においては、フランコ・バレージを抑えて長年レギュラーとして活躍した。

 

1988年に現役を引退。

エピソード

Gaetano Scirea

ピッチの内外問わず温厚で紳士的な性格であったシレアは、現役生活の中で一度も退場処分を受けなかった。

 

シレアの名はイタリア国内ではスポーツマンシップの代名詞として、若い世代の大会名やフェアプレー賞に冠されている。

 

UEFAカップでユヴェントスと対戦する予定になっていたポーランドのグールニク・ザブジェを視察し車で帰国する道中、交通事故に巻き込まれ、36歳で死去した。

 

没後、90年に新設されたユヴェントスのホームスタジアムであったスタディオ・デッレ・アルピの観客席の一角には、「Curva Scirea」と呼ばれるサポーター席が設けられた。

 

プレースタイル

SCIREA " i più grandi "

モダンで非常に才能のあるディフェンダーであり、優れたテクニカルスキルと戦術的能力を備えていました。

 

インテリジェンス溢れるDFであり、テクニックと研ぎ澄まされた感覚で世界中の攻撃プレーヤーを苦しめ、そして相手チームの攻撃を封じた。

 

機を見た攻撃参加は、ユーベ、アズーリのどちらにおいても効果的であり、また時に自ら重要なゴールを奪った。

 

非常にゲームを読む力に優れスイーパーとリベロの役割を自在に試合の中でこなし、また優れた戦術眼とコーチングから見事に味方ディフェンダーをまとめ上げチームの堅守を一人で支えました。

 

リーダーシップにも優れておりユヴェントス、イタリア代表どちらでもキャプテンを任されました。

 

またフェアプレーでも知られクレバーなディフェンスで生涯一度も退場処分を受けたことがなかった。

 

元ミッドフィールダーだったこともありパス能力やビジョン、ボールに対する落ち着きがありました。

 

キャリア後半はセンターバックとしてより守備的な役割を果たした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました