スポンサーリンク
【サッカーショップKAMO】海外クラブチーム特集

ガレス・エドワーズ

ラグビー

概略

Gareth Edwards
生年月日 1947年7月12日(72歳)
出身地 ウェールズ、グウォイン=カー=ゲーワン
学校 ミルフィールド
大学 カーディフ教育大学

 

ポジションはスクラムハーフ。

 

BBCによって「ウェールズのジャージを纏ったほぼ間違いなく史上最高の選手」と評されている。

 

2003年、ラグビーワールド誌によって行われた国際的なラグビー選手の調査では、エドワーズが史上最高の選手とされた。

 

2007年、元イングランド代表でキャプテンを務めたウィル・カーリングはデイリー・テレグラフ誌上で「史上最高のラグビー選手ベスト50」を発表し、エドワーズを史上最高の選手に順位付けした。

 

 

エドワーズは、1960年代と1970年代の欧州ラグビーの先頭に立っていたウェールズ代表において卓越していた。

 

エドワーズは3回のグランドスラムを達成した数少ないウェールズ人選手の一人である(その他にはアリン・ウィン・ジョーンズ、ライアン・ジョーンズアダム・ジョーンズゲシン・ジェンキンズジェラルド・デイヴィスJ・P・R・ウィリアムズなど)。

 

2007年の新年叙勲において、エドワーズはスポーツへの貢献に対してCBEを授与された。

 

2015年の女王誕生記念叙勲において、スポーツへの貢献と慈善奉仕活動によりナイト爵に叙された。

 

経歴

Gareth Edwards, 1973
シニア経歴
チーム 出場 (得点)
1966–1978 カーディフRFC 195 (426)
代表
チーム 出場 (得点)
1967–1978
1971–1974
ウェールズ
ブリティッシュ・ライオンズ
53
10
(88)
(3)

 

エドワーズは1966年9月17日のコヴェントリー戦でカーディフRFCの選手としてデビューした。

 

カーディフでは12シーズンプレーし、195試合に出場して69トライを挙げた。

 

エドワーズは1967年4月1日にパリで行われたフランス戦において、19歳でウェールズ代表としての初試合を飾った。

 

試合は20対14で敗れた(フランスはその後ファイブ・ネイションズを制した)。

 

1967年から1978年の間にエドワーズはウェールズ代表として53キャップを記録し、そのうち13試合でキャプテンを務めた。

 

1970年代はウェールズ代表の第二次「黄金世代」と呼ばれ、ウェールズ代表は国際舞台で大きな成功を収めた。エドワーズは代表戦で20トライを記録した。

 

エドワーズはウェールズの史上最年少のキャプテンで、1968年2月に行われたスコットランド戦において20歳で初めてキャプテンを務めた。

 

エドワーズはラグビー史上最高のアウトサイドハーフ(スタンドオフ)であるバリー・ジョンフィル・ベネットと共にプレーした点で非常に幸運だった。

 

キャリアの初期において、エドワーズとそのクラブでのチームメイトであったバリー・ジョンは切っても切れない以心伝心のコンビだった。

 

エドワーズの時代、ウェールズ代表はファイブ・ネイションズ・チャンピオンシップで3回のグランドスラムを含む7度の制覇を果たした。

 

1969年、エドワーズはウェールズの年間最優秀選手に選ばれた。

 

1974年、エドワーズは、BBCのウェールズ年間最優秀スポーツ選手に選ばれた。

 

この功績によって1975年にMBEを授与された。

 

エドワーズのウェールズ代表としての長く輝かしいキャリアは1978年3月18日のファイブ・ネイションズ・チャンピオンシップの試合で終焉を向かえた。

 

相手はデビュー戦と同じフランスだった。しかし、デビューと異なり、16対7でフランスを破り、カーディフ・アームズ・パークの母国の観衆の前で有終の美を飾った。

 

ウェールズはこの試合でグランドスラムと、3年連続の三冠を達成した。

 

この記録は未だに破られていない。

 

エドワーズはブリティッシュ・アンド・アイリッシュ・ライオンズの一員として10回プレーした。

 

1971年のライオンズはニュージーランドとのシリーズを勝利した唯一のチームであり、1974年のチームは南アフリカで無敗だった。

 

エピソード

Gareth Edwards Tribute

しばしば単に “that try”(「あのトライ」)と呼ばれる1973年にカーディフ・アームズ・パークで行われたバーバリアンズ対オールブラックス戦でのエドワーズのトライは、史上最高のトライと見なされている。

 

一連のプレーはニュージーランドのウィンガーからの深いキックで始まった。

 

ボールはゴールライン近くでフィル・ベネットの前に落ちた。

 

ベネットはサイドステップを切り、3度のタックルを躱し、次にボールをJPRウィリアムズへパスした。ボールは次に4人(パリンドーズデイヴィドクィネル)の手に次々と渡り、最後にエドワーズが左のコーナーにダイビングトライを決めた。

 

2002年にチャンネル4がイギリスで実施した投票では、エドワーズの歴史的トライはスポーツの最高の瞬間トップ100の第20位であった。

 

プレースタイル

Gareth Edwards' iconic try against Scotland in 1972 | Guinness Six Nations

彼は、最高の技術を持った最高のアスリートで完成された選手だった。

 

1970年代にプレーしたが、現在プレーしたとしても、彼が今でもベストだろう。

 

ランニング、パス、そして試合を読む力がずば抜けていた。

 

彼はピッチ上で究極のアスリートとしてラグビー全体に跨った。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました