スポンサーリンク
【サッカーショップKAMO】海外クラブチーム特集

デイビッド・キャンピージ

ラグビー

概略

David Campese – The Wizard of Oz
生年月日 1962年10月21日(57歳)
出身地 オーストラリア、ニューサウスウェールズ州クウィーンビアン
身長 180 cm
体重 89 kg

 

ポジションはウイング、フルバック。

 

愛称はCampo

 

2001年にはラグビー殿堂入りを果たした。

 

経歴

David Campese
シニア経歴
チーム 出場 (得点)
1982–1986
1981–1985
1984–1988
1987–1998
1987–1998
1988–1993
クウィーンビアン・ホワイツ
ACT
ペトラルカ・パドヴァ
ランドウィック
ニューサウスウェールズ
アマトーリ・ラグビー・ミラノ
56 (114)
代表
チーム 出場 (得点)
1982–1996 オーストラリア 101 (315)

 

ラグビーオーストラリア代表(ワラビーズ)で長らく活躍し、キャップは101に上る。

 

その間、1984年の遠征ではワラビーズ史上唯一のグランドスラム(ホーム・ネイションズ、すなわちイングランド・アイルランド・ウェールズ・スコットランドの代表に対する全勝)達成に、1991年の第2回W杯では、ニック・ファー=ジョーンズ、マイケル・ライナーとともに優勝に貢献した。

 

また、テストマッチでのトライ数64は2006年に大畑大介に更新されるまで世界記録だった。

 

引退後は指導者に転じ、シンガポール代表や南アフリカのシャークス、トンガ7人制代表などで始動した。

エピソード

'Campo' – David Campese Tribute

ワラビーズでのポジションは左ウィング、右ウィング、フルバックとこなしたが、左ウィングに思い入れがあるのか、どのポジションについても11番を着けることが多かった。

 

1991年の第2回大会では、準決勝でニュージーランドと宿敵オーストラリアが激突したが、そのとき、ハカの最中にオーストラリアのレジェンド、デイビッド・キャンピージは、1人だけハーフウェイラインを離れて、自陣深くでボールを蹴って無邪気な子どものように遊んでいた。

 

つまり、ハカをまったく無視したのだ。

 

しかも、この試合はオーストラリアの勝利で幕を閉じたが、勝負を決定づけるトライをアシストしたのがキャンピージだった。

 

ボールを持ってニュージーランド防御に向かって直進。

 

2人を自分に引きつけたまま、まったく視線を動かさず前を向いたまま、ボールをヒョイと後ろに放り投げて、サポートしたティム・ホランがトライを挙げた。

 

この大会の「THE FINEST MOMENT(最良の瞬間)」賞を受賞した名場面だ(この大会だけ、そんな賞があった)。

 

ハカと対峙することより、ボールを蹴って遊ぶことを選んだキャンピージだからこそ、できたプレーだった。

プレースタイル

Unbelievable skill from David Campese in the 1991 RWC

キャンピージは「グースステップ」(タックルを試みる相手をよろめかせて置き去りにするヒッチ・キックモーション)で有名である。

 

背番号11をつけながら右WTBを住処とし、状況に応じて左WTBやFB、SOにもポジショニングを変える変幻自在のランナーは、足を高く振り上げるグースステップで防御を幻惑。

 

相手の予測しないスペースに走り込む高速移動と、魔法のようなパフォーマンスを見せる。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました