スポンサーリンク
【サッカーショップKAMO】海外クラブチーム特集

デニス・ロー

サッカー

概略

Denis Law, The Lawman [Goals & Skills]
国籍 スコットランドの旗 スコットランド
生年月日 1940年2月24日(80歳)
出身地 アバディーン
身長 175cm
体重 71kg

 

ポジションはフォワード(センターフォワード)。

 

利き足は右。

 

愛称は「金髪の悪魔」。

 

スコットランドが世界に誇る名ストライカー。

 

ボビー・チャールトン、ジョージ・ベスト等と共にマンチェスター・ユナイテッドの一時代を築き上げた。

 

オールド・トラッフォードには、この二人と並んでローの像が建てられている。

 

スコットランド代表での30ゴールはケニー・ダルグリッシュと並んで同国最多得点記録である。

 

FAカップでも、1996年にイアン・ラッシュに破られるまで、40ゴールという最多記録を保持していた。

 

獲得タイトル

クラブ

マンチェスター・ユナイテッド
  • Football League First Division: 1964–65, 1966–67
  • FA Cup: 1962–63
  • Charity Shield: 1965, 1967
  • European Cup: 1967–68

個人

  • Ballon d’Or: 1964
  • World Soccer World XI: 1964
  • European Cup top scorer: 1968–69
  • Football League 100 Legends: 1998
  • PFA Merit Award: 1975
  • Scotland national football team roll of honour (players with 50+ caps): inducted in 1988
  • FWA Tribute Award: 1994
  • Inaugural Inductee of the English Football Hall of Fame: 2002
  • Scotland’s Golden Player: Most Outstanding Player of the past 50 years by the Scottish Football Association (November 2003, to celebrate UEFA’s Jubilee)
  • Scottish Football Hall of Fame: inducted in 2004
  • PFA Team of the Century (1907-1976): 2007

 

経歴

Denis Law – The King

所属クラブ

  • 1956-1960 イングランドの旗 ハダースフィールド・タウン
  • 1960-1961 イングランドの旗 マンチェスター・シティ
  • 1961-1962 イタリアの旗 トリノ
  • 1962-1973 イングランドの旗 マンチェスター・ユナイテッド
  • 1973-1974 イングランドの旗 マンチェスター・シティ
代表歴
1958–1974 スコットランドの旗 スコットランド 55 (30)

 

1955年15歳でハダースフィールド・タウンと契約、翌年トップチームに出場。

 

1958年10月18日にはウェールズ戦で代表デビューを果たす。

 

1960年マンチェスター・シティへ移籍、ここでの活躍が認められ、1961年、当時イングランドの移籍金最高額でイタリア・トリノへ移籍。

 

しかし思うような結果が出せず1シーズンでイングランド・フットボールリーグへ復帰し、1962年マンチェスター・ユナイテッドへ移籍した。

 

1973年まで在籍し、11シーズンの通算成績は309試合出場171得点、1964年にはスコットランド人初のバロンドールを受賞、1964-65、1966-67シーズンにはリーグ優勝に貢献。

 

FAカップも2度獲得し、彼が決めた40ゴールはイアン・ラッシュが塗り替えるまで同大会での最多得点記録だった。

 

1967-1968にマンチェスター・ユナイテッドはUEFAチャンピオンズリーグでも優勝したが、怪我により入院していたローは決勝のピッチに立つことが出来なかった。

 

しかし後日、監督であるマット・バスビーはビッグイヤーを持ってローの病室を訪れたという。

 

1973年古巣マンチェスター・シティへ移籍、ここで1シーズンを過ごし、1974年34歳で現役を引退した。

 

ローが決めた現役最後のゴールは、マンチェスター・ユナイテッドの2部リーグ降格を決めるものだった。

エピソード

Denis Law goals with Manchester United

奔放な行動や激しい闘争心、その得点力と容姿から相手チームからは『金髪の悪魔』と恐れられ、ファンからは『キング』と呼ばれた。

 

ボビー・チャールトン以上の人気を誇り、彼にあやかりたいと子供に「デニス」と名付ける親が続出、デニス・ベルカンプもローの名から来ている。

 

1968年、チャンピオンズカップファイナル、マン・Uは聖地ウェンブリーにてベンフィカを破り、クラブ悲願のチャンピオンズカップを制覇。

 

しかしその場にローの姿は無かった。

 

ローは度重なる激しいプレーのため膝のケガが悪化し、手術を受け、その日は病院のベッドからの観戦を強いられていた。

 

チャンピオンズカップは後日マット・バスビーの手によって入院中のローの元へ届けられたと言う。

 

プレースタイル

DENIS LAW – Manchester United legend

ロングシュートやアクロバティックなシュートなども得意としたが、特筆すべきはそのヘディング能力である。

 

自分よりもずっと長身のDFとの競り合いにも負けることなく、得点を量産。

 

その鋭さから「ジャックナイフ」と呼ばれる鋭いヘディングが最大の武器で相手DFに恐れられた。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました