スポンサーリンク
【サッカーショップKAMO】海外クラブチーム特集

フリスト・ストイチコフ

サッカー

概略

Hristo Stoichkov, Kamata [Best Goals]
国籍  ブルガリア
生年月日 1966年2月8日(54歳)
出身地 プロヴディフ
身長 178cm
体重 73kg

 

ポジションはフォワード(左ウイング)。

 

利き足は左。

 

愛称は「イッツォ」。

 

ブルガリアの英雄。

 

1990年代にFCバルセロナの中心選手の一人としてリーガ・エスパニョーラ優勝などに貢献。

 

ブルガリア代表としても1994年に行われたワールドカップ・アメリカ大会において6得点を挙げ得点王となり同国のベスト4進出(最終成績は4位)に貢献し、バロンドール(欧州年間最優秀選手賞)を受賞。

 

現役引退後はブルガリア代表などで監督を務めていた。

 

獲得タイトル

Cクラブ

CSKAソフィア

  • A Group: 1986–87, 1988–89, 1989–90
  • Bulgarian Cup: 1984–85, 1986–87, 1987–88, 1988–89
  • Bulgarian Supercup: 1989

バルセロナ

  • La Liga: 1990–91, 1991–92, 1992–93, 1993–94, 1997–98
  • Copa del Rey: 1996–97
  • Supercopa de España: 1992, 1994, 1996
  • European Cup/UEFA Champions League: 1991–92
  • UEFA Cup Winners’ Cup: 1996–97
  • European Super Cup: 1992, 1997

アル・ナスル

  • Asian Cup Winners’ Cup: 1997–98

シカゴ・ファイヤー

  • U.S. Open Cup: 2000

代表

ブルガリア代表

  • FIFA World Cup Semi-Finals(bronze): 1994

個人

  • Ballon d’Or: 1994
  • Bulgarian Footballer of the Year: 1989, 1990, 1991, 1992, 1994
  • Bulgarian League Top Scorer: 1989, 1990
  • European Cup Winners’ Cup Top Scorer: 1989
  • European Golden Shoe: 1990
  • Onze d’Or: 1992
  • UNICEF European Footballer of the Season: 1991–92
  • FIFA World Player of the Year Silver Ball: 1992, 1994
  • FIFA World Cup Golden Shoe: 1994
  • FIFA World Cup Bronze Ball: 1994
  • FIFA World Cup All-Star Team: 1994
  • Don Balón Award Best tip in La Liga: 1994
  • Onze d’Argent: 1994
  • IFFHS World’s Top Goal Scorer of the Year: 1994
  • Bulgarian Sportsperson of the Year: 1994
  • UEFA Euro Team of the Tournament: 1996
  • “Excellence Guirlande D’Honneur” and he entered in the FICTS “Hall of Fame”.
  • UEFA Jubilee Awards – Greatest Bulgarian Footballer of the last 50 Years: 2004
  • FIFA 100: 2004
  • World Soccer’s 100 Greatest Players of the 20th Century: 2007
  • Golden Foot: 2007, as football legend

レコード

  • The only Player to win the European and Asian Edition of the Cup Winners Cup.

栄誉

  • In November 2003, to celebrate UEFA’s Jubilee, he was selected as the Golden Player of Bulgaria by the Bulgarian Football Union as their most outstanding player of the past 50 years.
  • He was named by Pelé as one of the 125 Greatest Living Footballers at a FIFA Awards ceremony in 2004.
  • Eurosport made a voting in 2005 there Fans could decide who was the best Player in the 90s and Stoichkov won the Award.
  • In 2011 he was named honorary consul of Bulgaria in Barcelona. In October 2017 he was removed from the position on the request of the Spanish government over his criticisms of this government (especially the deputy prime minister, Soraya Sáenz de Santamaría) in relation with the Catalan independence referendum, as well as the fact that he lives mainly in the United States.

 

経歴

Hristo Stoichkov ● Bulgarian Legend ● Skills & Goals
クラブ
クラブ 出場 (得点)
1982-1984 ブルガリアの旗 FCヘブロス 32 (14)
1984-1990 ブルガリアの旗 CSKAソフィア 119 (81)
1990-1995 スペインの旗 FCバルセロナ 151 (76)
1995-1996 イタリアの旗 パルマAC 23 (5)
1996-1998 スペインの旗 FCバルセロナ 24 (7)
1998 ブルガリアの旗 CSKAソフィア 4 (1)
1998 サウジアラビアの旗 アル・ナスル 2 (1)
1998-1999 日本の旗 柏レイソル 27 (12)
2000-2002 アメリカ合衆国の旗 シカゴ・ファイアー 51 (17)
2003 アメリカ合衆国の旗 D.C. ユナイテッド 21 (5)
代表歴
1987-1999 ブルガリアの旗 ブルガリア 83 (37)

 

クラブ

 

1982年にFCヘブロスに入団しキャリアをスタートさせると、1984年に国内の強豪クラブであるCSKAソフィアに移籍。

 

1984-85のシーズンのブルガリア・カップ決勝のレフスキ・ソフィア戦は乱闘騒ぎや退場者を出すなど荒れた展開となり、後に8人の選手が「コミュニストのモラルに反する行為」として出場停止処分を受けたが、この中にストイチコフの名前が含まれており乱闘騒ぎに加わったCSKAの選手の中で唯一人永久追放処分を受けることになった。

 

10か月後に処分が解除されるとチームに復帰を果たし、ディミタル・ペネフ監督の下でレギュラーに定着。CSKAではリーグ優勝3回(1987年、1989年、1990年)、カップ優勝4回(1985年、1987年、1988年、1989年)、スーパーカップ優勝1回(1989年)、個人としても国内リーグで1988-89シーズンに23得点、1989-90シーズンに38得点を挙げ2年連続で得点王を獲得し1989-90シーズンにはヨーロッパのリーグでの最多得点者に与えられるゴールデンブーツ賞を受賞した。

 

国際試合では1988-89シーズンのUEFAカップウィナーズカップで準決勝進出し貢献。準決勝ではスペインのFCバルセロナに敗れたものの、この時のプレーぶりがバルセロナの監督を務めていたヨハン・クライフの関心を集め、1989年夏に両者間の話し合いが行われ移籍金450万ドルの5年契約で移籍に合意した。

 

しかし当時24歳だったストイチコフの移籍に関してブルガリア政府は難色を示し「年齢が若いため国外でプレーすることを認めない」として許可は直ぐには与えず、「国外でプレーするには下部組織で2年間、プロで5年間の期間を全うする」との政府の条件を飲み、バルセロナへの移籍を1年先延ばししてCSKAでプレーをすることになった。

 

1990年夏にFCバルセロナへ移籍。

 

ストイチコフを獲得した理由についてヨハン・クライフは「我々のクラブにテクニシャンは大勢いるが、彼のような強い個性とアグレッシブさを持ち合わせる選手を必要としていた」と語っている。

 

1990年9月1日リーガの開幕戦、エスパニョール戦でゴールを決めるデビューを果たすと、リーグ戦3試合連続ゴールを決め、11月18日カステロン戦ではリーガで初のハットトリックを決めたが、12月5日に敵地で行われたスーペルコパのレアル・マドリード戦で不利な判定を受けたことで主審に抗議し退場処分を受けたが、この判定に怒りを露わにし審判の脚を踏みつける報復行為を行ったため物議を醸した。

 

この審判への暴力行為に対し6か月(後に2か月に免除)の出場停止処分を受けた。

 

処分が明けるとスタメンに復帰を果たし、3月10日のビルバオ戦では4ゴールを決めるなど、ミカエル・ラウドルップやロナルド・クーマンらと共に6年ぶりのリーグ優勝に貢献。

 

翌1991-92シーズンにはミシェル・プラティニの紹介によりフランスのパリ・サンジェルマンから同シーズン終了後の移籍に関する好条件のオファーを受け仮契約を結んだが、リーグ戦でのレアル・マドリードとの優勝争いの末に最終戦で連覇を決めると「サポーターの気持ちを裏切る事は出来ない」と残留を決意。同年5月のUEFAチャンピオンズカップ決勝ではイタリアのUCサンプドリアを延長戦の末に1-0で下しクラブの初タイトル獲得に貢献した。

 

また1992年のバロンドール(欧州年間最優秀選手賞)の選考では同賞の受賞は成らなかったもののオランダのマルコ・ファンバステン(98票)に次ぐ得票を獲得し(80票)2位に選ばれた。

 

1992-93シーズンにはブルガリア代表の試合との兼ね合いからクラブとブルガリアサッカー連盟の間のトラブルに巻き込まれたこともあり、一時期スランプに陥った。

 

リーグ戦は前シーズンと同様にレアル・マドリードとの優勝争いとなった。

 

最終節を前にレアルマドリードが首位、バルセロナは2位であったレアル・ソシエダ戦ではベギリスタインの折り返しから決勝点を決める活躍、レアルマドリードがテネリフェと引き分け、逆転での3連覇に貢献。

 

1993-94シーズンにブラジルのロマーリオが加入。

 

チームに所属する外国籍選手はストイチコフ、ラウドルップ、クーマンの4人となり誰が試合に出場し誰が控えに回るのかが焦点となったが、ストイチコフはポジションを獲得しロマーリオとのコンビで攻撃陣を牽引。

 

リーグ戦では、最終節のセヴィリア戦で優勝の為には勝利が絶体条件の中、相手に先制点を許すも、2ゴール1アシストの活躍でチームを勝利に導き、デポルティボ・ラ・コルーニャとの優勝争いに競り勝ち4連覇を達成した。

 

クライフ監督に率いられた当時のチームの通称「エル・ドリーム・チーム」はクラブの歴史上でも最も強いチームの一つと評され、ストイチコフ自身もバルセロナサポーターの人気を獲得した。

 

1994年にブルガリア代表での活躍(後述)もありバロンドールを受賞したが、その一方で監督のクライフとの関係に亀裂が生じるようになり、ラウドルップとアンドニ・スビサレッタを放出し、クライフの息子であるジョルディ・クライフをレギュラーに登用したことなどを公然と批判した。

 

1995年3月に行われたUEFAチャンピオンズリーグ 1994-95準々決勝でパリ・サンジェルマンに敗れると、ストイチコフは「私を採るのか、クライフを採るのか」とアピールし解任を求める行動を起こしたが、ファンやクラブ幹部の支持を得ることは出来なかった。

 

1995年夏にイタリアのパルマへ1500万ドルの金額で移籍。

 

開幕戦となったアタランタ戦では直接FKからゴールを決めた。

 

翌1996年にクライフが健康上の問題により退任しボビー・ロブソンが監督に就任したこともありバルセロナに復帰。

 

1996-97シーズンのUEFAカップウィナーズカップでは決勝でフランスのパリ・サンジェルマンFC下しタイトル獲得に貢献した。

 

しかしロブソンが1シーズン限りで退団し、翌1997-98シーズンにルイ・ファン・ハールが監督に就任すると出場機会を失い、古巣のCSKAソフィアやサウジアラビアのアル・ナスルへレンタル移籍をした。

 

1998年にJリーグの柏レイソルへ移籍、デビュー戦となった同年7月29日のヴィッセル神戸戦ですぐにゴールを決めた。

 

1999年は4月の浦和戦、名古屋戦、G大阪戦、5月5日の市原戦まで4試合連続ゴールを決める活躍をしたが、UEFA欧州選手権の予選出場のためにチームを離れると、再びレイソルに戻ることはなく退団、引退と伝えられた。

 

2000年からはアメリカ合衆国のメジャーリーグサッカー (MLS) のシカゴ・ファイアーへ加入し、同年度の優勝を決めるMLSカップに進出し準優勝に貢献。

 

2003年に同じくMLSのD.C. ユナイテッドへ移籍してアシスタントコーチ兼選手を務め、シーズン終了後の同年12月に現役を引退した。

 

引退試合は2004年5月にバルセロナの本拠地であるカンプ・ノウで行われ、往年のエル・ドリーム・チームの一員としてボビー・ロブソンとディミタル・ペネフの率いる世界選抜と対戦。

 

ストイチコフは開始10分間に2得点を挙げ自らの引退の花道を飾った。

 

代表

 

ブルガリア代表としては1987年9月23日に行われたUEFA欧州選手権1988予選のベルギー戦でデビュー。

 

翌1988年1月22日に行われたカタールとの親善試合で代表初得点を決めた。

 

1994年に開かれたワールドカップ・アメリカ大会ではクラシミル・バラコフやヨルダン・レチコフらと共にチームを牽引し、グループリーグ3試合で3得点を挙げ2位で決勝トーナメントへ進出。

 

同1回戦でも自ら1得点を決めるとPK戦の末にメキシコを下し準々決勝へ進出。

 

準々決勝では前回優勝国のドイツとの対戦となったが、この試合では、75分に1-1の同点に追いつくフリーキックを決め勝利に貢献し、ワールドカップの歴史において1962年チリ大会、1966年イングランド大会、1970年メキシコ大会、1974年西ドイツ大会、1986年メキシコ大会と過去5回出場しながら16試合で6引分け10敗と1勝もあげることが出来なかった同国を初のベスト4進出に導いた。

 

ストイチコフは準決勝のイタリア戦でも1得点を決め大会通算6得点を挙げ、ロシアのオレグ・サレンコと共に大会得点王になった。

 

1996年のUEFA EURO ’96では3得点を挙げたもののグループリーグ敗退に終わり、ペネフ監督の退任やブルガリアサッカー連盟の内紛に抗議して代表参加をボイコットしたが1年後、ペネフの後任のフリスト・ボネフの説得により代表チームに復帰。

 

1998年のワールドカップ・フランス大会に出場したがグループリーグ敗退に終わり、1999年6月9日に行われたUEFA EURO 2000予選のイングランド戦を最後に代表から退いた。

 

ストイチコフは国際Aマッチ83試合に出場し37得点を挙げた。

エピソード

欧州サッカー連盟 (UEFA) 創立50周年を記念して2004年に開催されたUEFAジュビリーアウォーズの際にはブルガリアサッカー連盟により過去50年間(1954年-2004年)におけるブルガリア最優秀選手に選ばれた

 

また1999年にはワールドサッカー誌の20世紀の偉大なサッカー選手100人で48位に選出。

 

2004年3月にはペレが選ぶ『偉大なサッカー選手100人』 (FIFA100) にブルガリアから唯一選出されるなど同国最高の選手と評されている。

 

感情の起伏の激しい人物としても知られる。

 

審判の判定に執拗に食い下がり抗議する場面がしばしばみられ、時には退場処分を受けることもあった。

 

メディアでは「審判の敵」として扱われることが多く、その言動は物議を醸したが、バルセロナ時代のチームメイトだったラウドルップはストイチコフの人物像について次のように語っている。

 

彼は他人には理解出来ない特異な個性の持ち主だ。感情を爆発させたかと思えば物事を引きずらず悪いことは直ぐに忘れる。子供のように素直な人だ— ミカエル・ラウドルップ

 

また、カタルーニャ州やFCバルセロナへ愛着を持つ一方で、ライバルクラブであるレアル・マドリードに対しては批判的なことでも知られる。

 

プレースタイル

Hristo Stoichkov – ★Dribles ,Passes & Gols / Skills, Assists & Goals★ ★The Best Player in Bulgaria★

左足での正確なプレースキックとスピードを生かしたドリブル突破が特徴。

 

屈強な体格でありながらスピードとテクニックを兼ね備えたブルガリア史上最高のスター選手。

 

たびたび問題を起こすトラブルメーカーであったが、その才能は素晴らしく、左足から放たれる強力かつ正確なシュートは数々の得点を生み出し、バルセロナ時代にはチームの4連覇に貢献、世界的名声を手に入れた。

 

身体能力が高く緩急を自在につけることで相手守備陣のリズムを狂わせ、また味方を生かすアシスト能力、ペナルティエリア内での得点能力を持ち合わせており、様々な攻撃的なポジションをこなすことが可能だった。

 

一方でバルセロナ時代の監督だったクライフはストイチコフのプレーを評価しながらも、左足だけでしかプレー出来ない問題があり、選手として限界があったと指摘している。

コメント

タイトルとURLをコピーしました