ブライアン・オドリスコル

ラグビー

概略

Brian O'Driscoll – Best Of All Time
生年月日 1979年1月21日(41歳)
出身地 アイルランドの旗ダブリン
身長 1.78 m (5 ft 10 in)
体重 93 kg (14 st 9 lb)
学校 ブラックロック・カレッジ
大学 ユニバーシティ・カレッジ・ダブリン

 

ポジションはアウトサイドセンター。

 

アイルランドの英雄。

 

世界で最も権威あるラグビー専門誌のひとつである英『ラグビーワールド』が、「2000年代に入ってからの10年間で、世界最高の選手」と絶賛した。

 

獲得タイトル

レンスター

  • Celtic League: 2001–2002, 2007–2008, 2012–2013, 2013–2014
  • Heineken European Cup: 2008–2009, 2010–2011, 2011–2012
  • Amlin European Challenge Cup: 2012–2013

アイルランド代表

  • IRB Under-19 World Championship: 1998
  • Six Nations Championship: 2009, 2014
  • Grand Slam: 2009
  • Triple Crown: 2004, 2006, 2007, 2009

ブリティッシュ&アイリッシュライオンズ

  • British and Irish Lions Series: 2013

個人

  • 6 Nations All-time Top try scorer: (26 tournament tries)
  • 6 Nations Player of the Year: 2006, 2007, 2009
  • 6 Nations Top try scorer: 2009 (Tied with Riki Flutey)
  • British and Irish Lions Captain: 2005
  • British and Irish Lions Tourist: 2001, 2005, 2009, 2013
  • Heineken Cup Top try scorer: 2008–2009
  • IRB International Player of the Year Shortlist: 2001, 2002, 2009
  • ERC European Dream Team: 2010
  • IRB International Try of the Year: 2008 (Australia v Ireland)
  • IRUPA Players’ Player of the Year: 2008–09
  • Rugby World Magazine Player of the Decade: 2010
  • Rugby World Magazine Team of the Decade: 2010
  • RTÉ Sports Hall of Fame Award: 2014
  • Dubliner of the Year Award: 2008
  • RUWC Pat Marshall Memorial Award: 2009
  • Texaco Sportstars Rugby Award: 2000, 2002, 2007 and 2009

 

経歴

Brian O'Driscoll – Making The Impossible Look Easy
シニアキャリア
チーム 出場 (得点)
1998–2014 ユニバーシティカレッジダブリン ()
州/州側
チーム 出場 (得点)
1999–2014 レンスター 186 (311)
代表チーム
チーム 出場 (得点)
1996 アイルランドの学校
1998年 アイルランドU-19s 5
1999年 アイルランドU-21s 4
2002 アイルランドA 1
1999–2014 アイルランド 133 (245)
2001、2005、2009、2013 B&Iライオンズ 8 (5)
2002–2004 バーバリアンズ (5)

 

アイルランド代表として132キャップ、ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズで8キャップ、約15年間で積み上げてきた大偉業だ。

 

サントリーサンゴリアスでも活躍した元オーストラリア代表SHのジョージ・グレーガンが持つ139キャップを抜いた。

 

当時、23歳。

 

闘志あふれるアイリッシュを長きにわたり牽引してきたキース・ウッドが2003年ワールドカップ終了を機に引退すると、オドリスコルのキャプテンとしてのキャリアが本格的に始まる。

 

2014年3月9日現在、アイルランド代表として132キャップが歴代最多なら、主将として83試合出場も前人未到。

 

2009年、アイルランド代表にとって61年ぶりとなるシックスネーションズ(ファイブネーションズを含む)全勝優勝を果たし、ワールドカップでは栄冠を手にすることはできなかったが、4大会(1999、2003、2007、2011)の計17試合に出場した。

 

活躍の場はアイルランド代表だけにとどまらず、4年に一度結成されるドリームチーム「ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ」には4回(2001、2005、2009、2013)選出。2005年のニュージーランド遠征では、アイルランド代表選手としては22年ぶりとなるライオンズ主将に抜擢された。

 

アイルランド代表として奪ったトライ数は46本で同国史上最多。

 

その内2本は、2000年11月11日の日本代表戦で記録している。

 

過去3度(2006、2007、2009)大会最優秀選手に輝いたシックスネーションズでも記録を樹立し、2011年3月19日のイングランド戦で奪った大会通算25本目のトライで、78年前にスコットランド代表のWTBイアン・スミスがマークした大会最多トライ記録(ファイブネーションズを含む)を塗り替えた。

エピソード

Brian O'Driscoll – Making The Impossible Look Easy

のちに数々の大記録を打ち立てる偉大なそのラガーマンは、総合診療医の両親のもとに生まれた。

 

ラグビーを始める前は、アイルランドの国技ともいわれるゲーリックフットボールに親しみ、楕円球の虜になってからは頭角を現すのは早かった。

 

勇敢で威厳たっぷりの漢だが、ときにはベビーフェイスの笑顔でも女性を魅了し、「アイルランドで最もセクシーな男」と呼ばれた。

 

気品漂うジェントルマン。

 

プレースタイル

Brian O'Driscol- The Legend- best tries,skills and steps ||HD||

イングランド代表で主将を務めた往年の名選手ウィル・カーリングは、オドリスコルを「バランスがよく、走力、強さ、アタッキングスキル、ディフェンス力、どれをとっても超一級品」と評した。

 

自分にディフェンダーを引き付け、周りを生かすプレーにも円熟味が光る。

 

ラインの読みも鋭く、ディフェンスをずらして抜き去るトライもまた、観客を魅了する。

 

プレースタイル的には、ちょっとタックルを外しながら前に出るスタイルで、ガンガン攻守両面で前に出るタイプ。

 

 

本当にパーフェクトなプレイヤーで、弱点が無く、バランスが良過ぎるプレイヤーなのでどこを焦点に評価すべきなのか、なかなか難しいですが、その中で特筆すべきは、倒れないという事。

 

 

味方が来るまでほんの一瞬を立ったまま待つことで、次のプレーの選択肢を増やす、そんなプレイヤーでした。

 

もちろん、立ったまま待つだけでなくて、加速して降り切るシーンも何度も見ました。

 

元々高校時代は控えSHだったオドリスコル。

 

 

178cmしか身長がなくても、充分アウトサイドセンターとして世界一になれる、それを教えてくれたプレイヤーでした。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました