スポンサーリンク
【サッカーショップKAMO】海外クラブチーム特集

ウォルト・フレイジャー

バスケ

概略

Walt Frazier Career Highlights
誕生日 1945年3月29日(75歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国・ジョージア州アトランタ
出身 南イリノイ大学
ドラフト 1967年 5位
身長(現役時) 193cm (6 ft 4 in)
体重(現役時) 91kg (201 lb)

 

ポジションはポイントガード。

 

右利き。

 

NBAのニューヨーク・ニックスとクリーブランド・キャバリアーズに在籍し、リーグを代表するポイントガードの一人として現役時代を過ごした。

 

ニューヨーク・ニックスでポイントガードとしてチームをリードした彼は、二度のNBAチャンピオンリングを獲得。

 

1996年にはNBA50周年を記念した「50人の偉大な選手」に選ばれた。

 

愛称は「クライド」。

 

1987年にバスケットボール殿堂入りを果たした。

 

受賞歴
  • 2×NBAチャンピオン:1970, 1973
  • 7×NBAオールスターゲーム出場:1970~1976
  • NBAオールスターゲームMVP:1975
  • オールNBAチーム
    • 4×1stチーム:1970, 1971, 1974, 1975
    • 2×2ndチーム:1971, 1973
  • 7×NBAオールディフェンシブチーム:1969~1975
  • NBAオールルーキーチーム 1968
  • NBA50周年記念オールタイムチーム:1996
  • No.10 ニューヨーク・ニックス永久欠番
  • No.52 南イリノイ大学永久欠番

 

経歴

Walt (Clyde) Fraizer Career Highlights
1967-1977
1977-1980
ニューヨーク・ニックス
クリーブランド・キャバリアーズ

 

地元のデビッドハワード高校では、バスケットボール以外に野球、アメリカンフットボールをプレイしていたが、大学ではバスケットボール一本に絞り、1966年に南イリノイ大学カーボンデール校をNITトーナメントチャンピオンに導く。

 

その活躍が認められ、1967年のNBAドラフト1巡目全体5位でニューヨーク・ニックスに指名されNBA入りした。

 

1年目は平凡な成績だったが、2年目になると頭角を現しウィリス・リードらと共にチームの中心として活躍した。

 

ディフェンスに加え、得点力も年々向上し4年目にはチーム一の平均得点を残すまでに成長した。

 

1970年、1972年、1973年にはNBAファイナルに進出し、2度の優勝を果たした。

 

リードの衰えなどでその後は優勝から遠ざかり、1977年にクリーブランド・キャバリアーズに移籍して3シーズンプレイした後、引退した。

エピソード

 

Walt Clyde Frazier mix -Big C

ファッションセンスにも優れ、「スポーツ・イラストレイテッド」や「GQ」などの表紙を飾り人気を集めた。

 

1970年からプーマの靴を愛用するようになり、1973年には「プーマ・バスケット」を原型にしたシグネチャーモデル「クライド」が作られた。

 

そして、「プーマ スウェード」を最も有名にしたのがウォルト・フレージャーだ。

 

彼は、「プーマスウェード」のスタイルと機能性の高さを気に入り、ゲームで着用。

 

より履き心地や機能性を向上すべく、自分にピッタリのラスト(木型)に変更したり、細部のスペックチェンジを施した。

 

こうして1973年に誕生したのが彼のシグネチャーモデルとなる「プーマ クライド」である。

 

ウォルト・フレージャーはこのシューズをとても気に入り、バスケットボールの試合だけでなくコート外でも着用。

 

プライベートでも派手な暮らしぶりで知られた彼がプーマ クライドを着用することでNBAファンだけでなく、ストリートシーンにおいても「プーマ クライド」は人気を獲得することとなった。

 

引退後は解説者となり、独特の語り口は「Clyde-isms」(クライドイズム)と呼ばれファンを楽しませている。

プレースタイル

Walt (Clyde) Fraizer Career Highlights

ディフェンスに定評のある選手としても知られる。

 

スムーズな動きでディフェンスやパスに優れた素晴らしいガードでした。

 

彼のディフェンスにおけるすばやい動き、落ち着いていてクールな立ち振る舞いやコート外での上品ないでたちから、彼はクライドのニックネームで親しまれています。

 

ディフェンスに加え、得点力も年々向上し4年目にはチーム一の平均得点を残すまでに成長した。

コメント

タイトルとURLをコピーしました