スポンサーリンク
【サッカーショップKAMO】海外クラブチーム特集

サチェル・ペイジ

野球

概略

Satchel Paige.
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アラバマ州モービル
生年月日 1906年7月7日
没年月日 1982年6月8日(75歳没)
身長
体重
6′ 3″ =約190.5 cm
180 lb =約81.6 kg

 

ポジションは投手(ピッチャー)。

 

右投右打。

 

野球の歴史上最高の投手のひとりとされる。

 

ニグロリーグにおけるカリスマ性は、メジャーリーグのベーブ・ルースと並び称される。

 

かつてアメリカに、生涯で2000勝を超える勝ち星をあげたピッチャーがいたというのです。

 

それが、伝説の黒人投手、サチェル・ペイジです。

 

経歴

Satchel Paige – Baseball Hall of Fame Biographies
  • チャタヌーガ・ブラックルックアウツ(1926)
  • バーミングハム・ブラックバロンズ(1927 – 1930)
  • ボルチモア・ブラックソックス(1930)
  • クリーブランド・カブス(1931)
  • ピッツバーグ・クロフォーズ (1931 – 1934)
  • カンザスシティ・モナークス (1935 – 1936)
  • ピッツバーグ・クロフォーズ (1937)
  • ニューアーク・イーグルス (1938)
  • カンザスシティ・モナークス (1939 – 1940)
  • ニューヨーク・ブラックヤンキース (1941)
  • カンザスシティ・モナークス (1941 – 1943)
  • メンフィス・レッドソックス (1943)
  • カンザスシティ・モナークス (1944 – 1946)
  • フィラデルフィア・スターズ(1946)
  • カンザスシティ・モナークス (1947)
  • クリーブランド・インディアンス(1948 – 1949)
  • フィラデルフィア・スターズ(1950)
  • シカゴ・アメリカンジャイアンツ(1951)
  • セントルイス・ブラウンズ(1951 – 1953)
  • カンザスシティ・モナークス (1955)
  • カンザスシティ・アスレチックス(1965)

 

ニグロリーグ時代には約2500試合に登板、2000勝以上をあげ、うち完封勝利は350以上、ノーヒットノーラン55試合など、にわかには信じがたい成績が伝えられている。

 

一説にはこれは中南米の野球チームとの交流戦などをすべて含めた数字ではないかとも言われているが、それを差し引いても傑出した名投手だったのは確かであろう。

 

上手、横手、下手どこからでも投げ分けることが出来、投球練習の際、ホームベース上に置いた煙草の箱の上をボールが通過するほどコントロールに優れていたという。

 

球速の計測記録は残っていないが、160km/hを投げていた速球王ボブ・フェラーが「サチェルの投げるボールがファストボールなら、俺の投げるボールはチェンジ・アップだよ」と発言している。

 

フェラーの速球を見た全ての関係者が170km/hを超えていたと証言している事から、極めて速い球を投げていたと推測される。

 

ペイジとノーラン・ライアン両者の球を受けた捕手は179km/h位ではないかとコメントしている。

 

記録が不確かで伝説の域を出ないが、全打者三振になりそうな試合で、最後の打者が振り逃げで28連続三振になった、9回裏にわざと走者をためて無死満塁にし、しかも野手を全員ベンチへ引き上げさせて打者に勝負を挑んだなどの逸話がある。

 

それ以外にも「今から9人連続三振を取る」と宣言して達成したり、野手全員をマウンドの周りに座らせて投げるなどショーマンシップにも長けていた。

 

1930年には、メジャーリーグ選抜との交流戦で22奪三振完封勝利を記録している。

 

しかし、ベーブ・ルースとの対戦の機会は無く、晩年になっても残念がっていたという。

 

ただし、ベンチからペイジの投球を見ていたベーブ・ルースの顔が青ざめていったとの証言が複数残っている。

 

なお、「記録がはっきりしている1934年は105試合で104勝を挙げている」と言われることがあるが、この年のペイジの公式戦成績については主にニグロ・リーグの強豪ピッツバーグ・クロフォーズに所属し、独立リーグのキューバン・ホース・オブ・デイヴィッドでの成績と合わせ13勝2敗という記録が残っている。

 

次々に黒人メジャー・リーガーが誕生する中、まだ現役だったペイジにはなかなかお声がかかりませんでした。

 

残念ながら彼はすでに40歳を越えていたため、もう峠を越えていると判断されていたからでした。

 

しかし、次々に黒人選手が活躍することで、どのチームも戦力補強に黒人選手を採用するようになり、投手の不足に悩む、クリーブランド・インディアンズが彼に声をかけてくれました。

 

こうして、42歳というメジャー最年長の新人投手が誕生することになりました。

 

彼がデビューしたのは、1948年7月9日。

 

シーズン途中のことでした。

 

その試合はすでに3点のリードを許した敗戦処理的な登板でしたが、それでも彼はその後2イニングを無失点に押さえています。

 

その次の試合で先発に起用されると、彼は見事に完封勝ちを収め、その後は次々と好投をみせ、野球界を驚かせることになりました。

 

彼はその後6勝1敗という成績を残し、チームも28年ぶりにワールドシリーズを制覇。

 

全米チャンピオンに輝いてしまいます。

 

彼にとって残念だったのは、このワールドシリーズで彼に登板のチャンスがまわって来なかったことです。(全米の注目を集める名誉ある試合に黒人投手を登板させることに監督が躊躇したという説もありますが、それは定かではありません)

 

残念ながら彼は、その後、こうした大舞台に立つことがないまま現役を終えることになります。

 

体力の衰えは隠せず、彼は2シーズンを終えたところでチームを解雇されてしまいました。

 

それでもなお、彼はメジャー復帰をあきらめず、1951年にはセンントルイス・ブラウンズと契約。

 

メジャー復帰を果たします。

 

そして、1952年、彼はなんと12勝をあげて見せました。

 

残念なことに1953年、ブラウンズはチームごと売却されることになり、彼もまたチームを去ることになります。

 

結局彼は現役復帰を望むもののチャンスはなく、その知名度を生かして映画に出演したり、セミプロのチームで投げたりしますが、しだいに生活に困るようになり始めます。

 

そのうえ彼はメジャーでの選手生活が短すぎたため、年金をもらうことができませんでした。

 

このままでは、偉大な選手があまりにもかわいそうだ。

 

そう考えた野球関係者たちが彼を助けようと動き始めます。

 

そして、考えられたのが、彼に年金需給資格を与えるために、もう一度メジャーに復帰させるという計画でした。

 

するとカンザスシティ・アスレチックスがその願いに答え、彼を入団させてくれることになりました。

 

こうして、なんと59歳のメジャー・リーガーが誕生することになったのでした。

 

もちろん、この契約は彼に年金を受けさせるためのものなので、彼は試合に出場する必要はありませんでした。

 

しかし、彼はマウンドに立つことになります。

 

1965年9月25日、彼はボストン・レッドソックス戦のマウンドに立ちました。

 

それはチームが彼に一度はマウンドに立ってもらおうという配慮によるものだったのでしょう。

 

しかし、先発のマウンドに立った彼は59歳とは思えないピッチングを見せ観客を驚かせました。

 

カール・ヤストレムスキーら現役バリバリの選手を相手に彼は見事3イニングを無失点で投げ終えたのです。

 

こうして彼は現役を終え、その後野球の殿堂入りも果たします。

エピソード

Baseball's OLDEST PLAYER EVER! (The Satchel Paige Story)

 

 

当初は、ニグロ・リーグの選手は殿堂には入れなかったのですが、差別への批判が強まりニグロ・リーグの選手にも門戸が開かれるようになりました。

 

彼は殿堂入りが決まるとインタビューでこう話したそうです。

 

「私は人種差別を受けているといは思わない。彼らは私のために場所を設けてくれた。それが野球殿堂の中のどこであろうと、私は誇りに思う。毎年プレーするにあたって、私は”今年が私にとって最良の年である”と言いきかせて来た。だが、今年こそは、本当に私のベスト・イヤーになった。ジャッキーが大リーグに入るまで、私たち黒人は、そこで働くことは出来ないでいた。が、私はそれを特に苦々しく思ったことはなかった。私が白人でありさえすれば大リーグへ行けるのにと、言ってくれる人たちもいたが、私自身は、つらくも何ともなかった。私は私の世界に満足していたからだ。私はいろんなところでプレーをし、黒人たちの間でのスターであることに満足していた。私はどこへでも出かけて行った。行ったことのないところなんて、ないのじゃないか。石炭鉱山や刑務所へも行った。そういうところでするのは好きだった。どこへ行っても子供たちがついて来たものだ。・・・・・」

 

プレースタイル

Satchel Paige Biography

彼の投手としての売りは、スピードとコントロールにありました。

 

スピードは、メジャー・リーガーのボールをも受けたキャッチャーが彼のボールを受けた感覚では、160キロを完全に越えていたといいます。(一説によると170キロを越えていたとも言われています)

 

しかし、長身のペイジはけっして力いっぱい投げ込むというタイプではなく長い手と身長を生かした弓にようにしならせるゆったりとしたフォームが特徴でした。

 

そのため、彼のコントロールは常に安定していて、投球練習で彼はよくキャッチャーの前にハンカチや煙草の箱を置いてその上を通すというパフォーマンスを行っていました。

 

観客もそんな彼のパフォーマンスを見るのが楽しみのひとつとなり、彼もそれに対応しハンカチをガムの包み紙に変えるなどして観客の期待に答えていたといいます。

 

単に優れた投手だったのではなく、優れたエンターテナーでもあった彼は、時には先発のマウンドで「先頭打者から6人連続して三振をとる!」と宣言。

 

そのとうりに、連続三振を奪うというパフォーマンスも得意にしていました。(もちろん、ホームの試合限定でアウェーではやらなかったようですが・・・)

コメント

タイトルとURLをコピーしました