スポンサーリンク
【サッカーショップKAMO】海外クラブチーム特集

テオフィロ・クビジャス

サッカー

概略

Teófilo Cubillas, El Nene [Best Goals]
国籍 ペルーの旗 ペルー
生年月日 1949年3月8日(71歳)
出身地 リマ
身長 173cm
体重 71kg

 

ポジションはミッドフィールダー(オフェンシブハーフ)。

 

利き足は右。

 

愛称は「El Nene(エル・ネネ、坊や)」。

 

ペルー代表としては81試合に出場し、史上最多の26得点を挙げた。

 

1970 FIFAワールドカップでは準々決勝進出に貢献し、コパ・アメリカ1975では優勝した。

 

1978 FIFAワールドカップでは再び準々決勝に進出した。

 

FIFAワールドカップ本大会では2大会で5得点ずつ、計10得点を挙げた。

 

国際サッカー歴史統計連盟(IFFHS)の投票によってペルー史上最高の選手に選出されており、またIFFHSは世界トップ50にクビジャスを含めている。

 

1972年には南米年間最優秀選手賞を受賞した。

 

2004年には、ペレによってペルー人選手で唯一FIFA 100に選出された。

 

2008年2月、ブラジルのFIFAワールドカップ初優勝からの50周年を記念して選考された「過去50年の南米ベストイレブン」に選出された。

 

獲得タイトル

クラブ

  • アリアンサ・リマ
プリメーラ・ディビシオン 優勝 (2) : 1977, 1978
  • FCバーゼル
スイス・リーグカップ 優勝 (1) : 1973
  • FCポルト
スーペル・リーガ 準優勝 (1) : 1975
タッサ・デ・ポルトガル 優勝 (1): 1977
  • FLストライカーズ
北米サッカーリーグ 準優勝 (1) : 1981
  • サウスフロリダ・サン
ユナイテッドサッカーリーグ 優勝 (1): 1985

代表

  • ペルー代表
コパ・アメリカ 優勝 (1) : 1975

個人

タイトル
  • ペルービアン・プリメーラ・ディビシオン 得点王 (2) : 1966, 1970
  • 1970 FIFAワールドカップ 最優秀若手選手賞
  • 1970 FIFAワールドカップ オールスターチーム
  • 1970 FIFAワールドカップ ブロンズブーツ
  • コパ・リベルタドーレス 得点王 (1) : 1972
  • 南米年間最優秀選手賞 (1) : 1972
  • 南米サッカー連盟(CONMEBOL) オールスターチーム: 1973
  • コパ・アメリカ1975 最優秀選手賞
  • 1978 FIFAワールドカップ シルバーブーツ
  • 1978 FIFAワールドカップ オールスターチーム
  • 北米サッカーリーグ オールスターチーム (2) : 1980, 1981
  • 北米サッカーリーグ 最優秀ミッドフィールダー (1) : 1981
選出
  • IFFHS選出 20世紀世界最優秀選手 48位 : 1999
  • フランス・フットボール誌選出 「FIFAワールドカップ(1930-1990)トップ100選手」 : 2000
  • ワールドサッカー誌選出 「100人の偉大なサッカー選手」 : 2000
  • プラカール誌選出「20世紀の100選手」 : 2000
  • プラカール誌選出 「FIFAワールドカップの100選手」 : 2000
  • FIFA 100 : 2004
  • CONMEBOL選出 オールスターチーム(1958-2008) : 2008

 

経歴

 

Teófilo Cubillas – El Nene [Best goals & skills]
  • 1964-1973 ペルーの旗 アリアンサ・リマ
  • 1973 スイスの旗 FCバーゼル
  • 1973-1977 ポルトガルの旗 FCポルト
  • 1977-1978 ペルーの旗 アリアンサ・リマ
  • 1979-1983 アメリカ合衆国の旗 フォートローダーデール・ストライカーズ
  • 1984 アメリカ合衆国の旗 サウスフロリダ・サンフォートラーダーデール
  • 1984 ペルーの旗 アリアンサ・リマ
  • 1985 アメリカ合衆国の旗 サウスフロリダ・サンフォートラーダーデール
  • 1987 ペルーの旗 アリアンサ・リマ
代表歴
1968-1982 ペルーの旗 ペルー 81 (26)

 

ペルー名門、アリアンサ・リマにてキャリアをスタートさせすぐに地位を確立させると1968年7月17日ブラジル戦では代表デビューも果たす。

 

メキシコで開催された1970 FIFAワールドカップでは4試合すべてで得点し、ペルー代表の上位進出に貢献した。

 

大会の最優秀若手選手賞を受賞し、ジャイルジーニョ、ゲルト・ミュラーに次ぐ得点数でブロンズブーツ(得点ランキング3位)を受賞した。

 

クビジャスは大会のオールスターチームに選ばれ、ブラジル代表のペレは自身の後継者とみなした。

 

アリアンサ在籍時の1966年と1970年にはプリメーラ・ディビシオンの得点王に輝いた。

 

1972年にはコパ・リベルタドーレスで得点王となり、南米年間最優秀選手賞を受賞。

 

クラブ、代表での活躍から1972年南米最優秀選手にも選出されたが1973年より渡った欧州では思うような活躍が出来ず帰国する。

 

コパ・アメリカ1975ではペルー代表に2度目のタイトルをもたらした。

 

クビジャスは準決勝のブラジル戦で得点し、決勝プレーオフにも出場した。

 

アルゼンチンで開催された1978 FIFAワールドカップでは5得点を挙げ、アルゼンチン代表のマリオ・ケンペスに次いで得点ランキング2位となった。

 

1次リーグ初戦のスコットランド戦では直接フリーキックによる得点を含めて2得点を挙げ、イラン戦では2つのPK成功を含む3得点を挙げてハットトリックを達成した。

 

ペルー代表は準々決勝に駒を進めたが、8年前のメキシコの時と同様に、ブラジル、ポーランド、アルゼンチンと強豪が揃った2次リーグでは3戦全敗に終わった。

 

クビジャスは1次リーグからの6戦全てに出場している。

 

1978年W杯を最後に代表から引退したが1981年に復帰。

 

翌年のW杯にも出場を果たしている。

 

キャリアの終盤には北米リーグへ参加し、素晴らしい個人技によって絶大な人気を得て、引退後も米国に定住しコメンテーターとして活躍する。

 

代表通算81試合に出場し26得点を記録しているが、これはペルー代表最多得点記録であり、今なお破られていない。

エピソード

 

現役引退後はアメリカ・フロリダ州・コーラルスプリングスに在住し、少年サッカースクールを運営している。

 

また、サッカー解説者としても活動している。

プレースタイル

Teófilo Cubillas in World Cup

奔放で攻撃的なペルーサッカーを象徴するアタッカーで、柔らかいボールタッチから、多くのゴールを生み出した攻撃的MF

 

20世紀ペルー最高選手として名高く、その卓越されたボールコントロールは見る者を魅了し、また天才的創造力は時として奇跡をも生んだ。

 

ズバ抜けた決定力も兼備え、1970年W杯ではFWとして5得点、1978年W杯ではMFとして5得点を記録し、大会の得点ランクで2位となる活躍を見せた。

 

また、FK、PKの名手としても知られ、1978年W杯スコットランド戦で見せた右足アウトにかけた芸術的FKはW杯史上に残るスーパーゴールと言える。

コメント

タイトルとURLをコピーしました