スポンサーリンク
【サッカーショップKAMO】海外クラブチーム特集

イゴール・ベラノフ

サッカー(ウクライナ)

概略

Igor Belanov, Skippy [Best Goals]
国籍  ウクライナ
生年月日 1960年9月25日(59歳)
出身地 オデッサ
身長 174cm
体重 70kg

 

ポジションはフォワード(センターフォワード、右ウイング)。

 

利き足は右。

 

ソ連の超特急。

 

スピードが持ち味のウクライナのストライカー。

 

80年代にディナモ・キエフで活躍したソ連代表の選手。

 

獲得タイトル

クラブ

ディナモ・キエフ

  • UEFA Cup Winners’ Cup: 1985–86
  • Soviet League: 1985, 1986
  • Soviet Cup: 1985, 1987, 1990
  • Soviet Super Cup: 1986, 1987
  • UEFA Super Cup: Runner-up 1986

チョルノモレツ・オデッサ

  • Ukrainian Premier League: Runner-up 1995–96

代表

ソビエト連邦

  • UEFA European Football Championship: Runner-up 1988

個人

  • Ballon d’Or: 1986
  • UEFA Cup Winners’ Cup: Top scorer 1985–86
  • World Soccer magazine’s Player of the Year: Runner-up 1986
  • FIFA World Cup Bronze Boot: 1986
  • The World Cup’s top 100 footballers of all time, by The Times
  • Merited Master of Sports: 1986
  • The best 33 football players of the Soviet Union (4): 1985 — № 3, 1986 — № 1, 1987 — № 3, 1988 — № 3
  • FIFA XI: 1991, 1998
  • Golden Foot: 2008, as a legend

 

経歴

Игорь Беланов Динамо Киев – Igor Belanov Dynamo Kyiv
  • ソビエト連邦の旗 SCAオデッサ 1979-1980
  • ソビエト連邦の旗 FCチョルノモレツ・オデッサ 1981-1984
  • ソビエト連邦の旗 FCディナモ・キエフ 1985-1989
  • ドイツの旗 ボルシア・メンヒェングラートバッハ 1989-1990
  • ドイツの旗 アイントラハト・ブラウンシュヴァイク 1991-1995
  • ウクライナの旗 FCチョルノモレツ・オデッサ 1995-1996
  • ウクライナの旗 メタルラグ・マリウポリ 1996-1997
代表歴
1985-1990 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 33 (8)

 

クラブチームではディナモキエフにてカップウイナーズカップ優勝、代表では86年W杯と88年ユーロにて印象的な活躍をしますが、それ以降は目立った活躍を出来ずに徐々にフェードアウトしてしまいました。

 

86年W杯時のソ連代表はスタメン選手のほとんどがディナモキエフ所属選手であり、強靭なフィジカルと中長距離シュートが得意な選手が多いイメージが強かったです。

 

グループリーグでは優勝候補のフランスを下してグループ1位通過をするのですが、ベスト8をかけたベルギーとの戦いはすさまじい打ち合いの末敗れてしまいます。

 

その試合でハットトリックを決めたのがベラノフでした。

 

史上初の決勝トーナメントにてハットトリックを決めた選手所属チームが負けた試合になってしまいました。

 

その後、88年ユーロではFWとして出場し、グループリーグで優勝したオランダに勝利します。

 

が、決勝戦で同じオランダ相手に完敗をしてしまいます。

 

完全にオランダの引き立て役になってしまいました。

 

代表での活躍はここで終わってしまいます。

 

全体主義の崩壊が浸透してきた時期であり、長く国内にて活躍をしていましたが、晩年ブンデスリーガに移籍しますがさしたるインパクトも残せず母国ウクライナにて現役生活を終えたということです。

 

中盤のアレクサンデル・ザバロフとともに非常に印象に残っている選手です。

 

エピソード

Igor Belanov

 

何故、この人がバロンドール?と言う感じなのですが、1986年、メキシコワールドカップ決勝トーナメント1回戦ベルギー戦でハットトリックを挙げた事、同年10月11日に行われた欧州選手権予選で前回王者のフランスを2-0で下した3つの点が受賞理由とされ、他のゲーリー・リネカー、エミリオ・ブトラゲーニョといった候補を退けた理由と言われている。

 

バロンドール史上最も「地味」な獲得者として知られているようです。

 

プレースタイル

Igor Belanov – Il pallone d'oro (1986)

身長が170そこそこでフィジカルはあまり強い感じではないのですが、とにかくスピードがあり、非常にちょこまか動く運動量の多い選手でした。

 

中長距離シュートが得意。

コメント

タイトルとURLをコピーしました