スポンサーリンク
【サッカーショップKAMO】海外クラブチーム特集

アラン・シアラー

サッカー

概略

Alan Shearer, Always Scoring [Best Goals]
国籍 イングランドの旗 イングランド
生年月日 1970年8月13日(49歳)
出身地 ニューカッスル・アポン・タインゴスフォース
身長 183cm
体重 76kg

 

ポジションはフォワード(センターフォワード)。

 

利き足は右。

 

愛称は「ビッグ・アル」「ザ・ゴールマシン」など。

 

1990年代のイングランドを代表するストライカー。

 

プレミアリーグ得点王3回を誇る。

 

2002年、プレミアリーグ創設10周年を記念して国内最優秀選手に選出。

 

また2004年には、国際サッカー連盟 (FIFA) 創設100周年記念式典でペレが選出した、“偉大なサッカー選手100人” 「FIFA 100」のひとりに選ばれている。

 

獲得タイトル

クラブ

ブラックバーン・ローヴァーズFC
  • プレミアリーグ優勝:1回 (1994-95)
  • プレミアリーグ得点王:3回 (1994-95, 1995-96, 1996-97)

代表

イングランド代表
  • UEFA欧州選手権得点王 (1996)

個人

  • FWA年間最優秀選手賞:1回 (1994)
  • PFA年間最優秀選手賞:2回 (1994-95, 1996-97)
  • 20世紀の偉大なサッカー選手100人 65位(ワールドサッカー誌選出 1999)
  • プレミアリーグ通算得点記録 260点(リーグ歴代通算1位。ただし1992年以前のイングランドリーグ歴代トップディヴィジョン全体では更に上の選手もいる)
  • イングランドサッカー殿堂 (2004)
  • FIFA 100

 

経歴

Alan Shearer – All 206 Goals for Newcastle United
クラブ
クラブ 出場 (得点)
1988-1992 イングランドの旗 サウサンプトン 118 (23)
1992-1996 イングランドの旗 ブラックバーン 138 (112)
1996-2006 イングランドの旗 ニューカッスル・ユナイテッド 303 (148)
通算 559 (283)
代表歴
1990-1992 イングランドの旗 イングランド U-21 11 (13)
1992 イングランドの旗 イングランドB 1 (0)
1992-2000 イングランドの旗 イングランド 63 (30)

 

サウサンプトンのユースチームを経て、1987年にトップチームに昇格。

 

デビュー戦となったアーセナル戦でいきなりハットトリックを達成する活躍を見せた。

 

以降、ガリー・リネカー引退後のエースストライカーとしてファンの期待を集め、イングランド代表にも招集。

 

1992年2月19日のフランス戦で代表デビューを果たす。

 

同年プレミアリーグに昇格したばかりのブラックバーン・ローヴァーズへ移籍すると、クリス・サットンとの「SAS」(SASとSutton And Shealerをかけた愛称)コンビで1994-95シーズンにクラブを優勝に導くとともに自身も得点王に輝き、このシーズンでリーグ通算100ゴールを達成した。

 

その後活躍が認められ、ビッグクラブからのオファーが相次いだ(マンチェスターには家まで買っていたという)が、故郷であるニューカッスル・ユナイテッドでプレーすることを決意。

 

自らが尊敬する元代表フォワード、ケビン・キーガンが監督を務めていたことも後押しとなった。

 

ニューカッスル移籍後も順調に活躍し、3年連続プレミアリーグ得点王の快挙を達成した。

 

1996年に地元開催となったEURO1996では、チームはベスト4に終わったものの得点王に輝いているが、イングランドにはガスコインを筆頭に有能なパサーが揃いゴールするにはもってこいの状況であり、前述の通り3年連続プレミアリーグ得点王だったにも関わらず、1994年9月7日のアメリカ戦で2ゴールを挙げて以降そのEUROの期間中にあたる1996年6月8日のスイス戦まで20試合(期間にして2年近く)もゴールを挙げられずにシアラーパズルと呼ばれる程不振だった為、イングランド代表では通算63試合に出場して30得点しか挙げられなかった。

 

キャリアの中で度重なる故障に見舞われたが、1998年のフランスW杯ではキャプテンを務め、チームの柱として活躍。

 

2000年、EURO2000を最後に代表を引退したが、長らく代表復帰を望む声が根強かった。

 

2004-05シーズンでの引退を一度は発表していたが、ファンの強い要望からこれを撤回しもう1シーズンプレーすることを決意。

 

2005-06シーズンはマイケル・オーウェンの加入により、新旧イングランド代表フォワードの2トップを形成した。

 

2006年2月6日のポーツマス戦で、ニューカッスルの往年の名選手、ジャッキー・ミルバーンの持つ同チームでの通算200ゴールの記録を更新(但しミルバーンの記録は第二次大戦中のものが加算されていない)。

 

同年5月11日、本拠地セント・ジェームズ・パークで引退試合が開催され、多くのファンが別れを惜しんだ。

 

エピソード

Alan Shearer all England Goals

ニューカッスルの中でも労働者階級の街であるウォールズエンド (Wallsend) の出身で、特徴的なニューカッスル訛りが未だに抜けない。

 

気性の激しさと人なつっこさ、兄貴肌の同居した、まさにジョーディ(ニューカッスルっ子)らしいジョーディと言われる。

 

ジャッキー・ミルバーンには直接会ったことがない(1980年代に亡くなっている)。

 

しかしその家族とはニューカッスルの試合に招待されるなどして面識があり、またジャッキーの甥に当たるボビー・チャールトンとは交流が深い。

 

オーストラリアのサッカー教室に参加した際に、14歳のゴールキーパー相手に本気でボールを蹴り手首を骨折させた。

 

シアラーは「“こいつはできる。ちょっとプロの実力を思い知らせてやろう”と思ったんだ」と申し訳なさそうに話した。

 

映画出演は、「シーズンチケット Purely Belter」(2000) 、「GOAL!」(2006)

 

高潔な人間性は広く知られており、殆どファウルは犯さなかった。

 

セルティック(スコットランド)との引退試合のチケットは数時間で売り切れ、52,000人の超満員だった。

試合は2-2で終了かと思われたロスタイム、ニューカッスルがペナルティーキックを獲得。

膝の靱帯を負傷し、プレーが出来ない筈のシアラーがベンチから登場。

 

痛む膝を引きずりながらPKを決めてみせると、満員の大観衆が一斉に立ち上がってシアラーのラスト・ゴールを大いに祝福した。

なお、この試合の収入は全て医療関係のチャリティに充てられた。

プレースタイル

Alan Shearer | The Complete Centre Forward | Newcastle United Tribute

生粋のストライカーである。

 

マークしてくるDFの裏を取ったり、マークを外すのが非常にうまい。

 

技術はそれほどでもないが、ポジショニングの巧みさ、両足から放たれる超強烈なシュート力、パワー、スピードを持ち、そして鋼の精神を持つイングランドの古き良きセンターフォワードのスタイルを受け継いでいるストライカー。

 

ポジショニングの良さと左右どちらからでも確実にゴールの枠内に打てる強烈なシュート力を持ち、相手ディフェンダーを跳ね飛ばすパワー、相手を一瞬のうちに置き去りにするスピードも備えていた。

 

本当にDFの裏を取ったり、マークを外すのが非常にうまかった。

 

そして強靱な精神力を持っており、どうしても「ここで1点欲しい」という状況では何が何でも1点もぎ取って来るという、チームの全てを引っ張るキャプテンシーと勝負強さも光っていた。

 

身長が際立って高い訳ではないが、空中戦も非常に強かった。

 

プレーとしては、「華麗」よりも世界最高の「泥臭い」ストライカー。

 

 

ゴール前でのパサーとしてのセンスも備えていた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました