ヘルムート・ハーラー

サッカー

概略

Helmut Haller goals and passes in Juventus (tribute)
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 1939年7月21日
出身地 アウクスブルク
没年月日 2012年10月11日(73歳没)

身長178cm。

 

ポジションはミッドフィールダー(オフェンシブハーフ)。

 

利き足は右。

 

「ブロンドの稲妻」の愛称を持つ。

 

1960年代ドイツを代表する選手。

 

主にイタリアを舞台に活躍を続けた。

 

獲得タイトル

クラブ

ボローニャ

  • Serie A: 1963–64

ユヴェントス

  • Serie A: 1971–72, 1972–73
  • European Cup: Runner-up: 1972–73
  • Inter-Cities Fairs Cup: Runner-up: 1971
  • Coppa Italia: Runner-up: 1972–73

アウクスブルク

  • Regionalliga Süd: 1973–74

代表

西ドイツ

  • FIFA World Cup: Runner-up 1966, Third-place 1970

 

経歴

Helmut Haller vs Uruguay Mondiali 1966
クラブ
クラブ 出場 (得点)
1957-1962 ドイツの旗 BCアウクスブルク 85 (24)
1962-1968 イタリアの旗 ボローニャFC 180 (48)
1968-1973 イタリアの旗 ユヴェントスFC 116 (21)
1973-1976 ドイツの旗 FCアウクスブルク 79 (21)
1976-1977 ドイツの旗 BSV 07シュヴェニンゲン 2 (0)
1978-1979 ドイツの旗 FCアウクスブルク 15 (2)
代表歴
1958-1970 西ドイツの旗 西ドイツ 33 (13)

 

ハーラーは1957年に故郷のFCアウクスブルクで選手キャリアをスタート。

 

1962年にイタリアのボローニャFCへ移籍し、翌1963-64シーズンのスクデット制覇に貢献。

 

1968年からは強豪のユヴェントスへ移籍し、2度のスクデット獲得(1971-72、1972-73)に貢献するなど、主にイタリアを舞台に活躍を続けた。

 

晩年は、再びFCアウクスブルクへ戻り1979年に現役を引退した。

 

西ドイツ代表としては、1958年9月24日のデンマーク戦で代表デビューを飾った。

 

そして1962年のFIFAワールドカップ・チリ大会、1966年のFIFAワールドカップ・イングランド大会、1970年のFIFAワールドカップ・メキシコ大会と3大会連続出場を果たすなど、国際Aマッチ33試合13得点を記録した。

 

1966年イングランド大会では西ドイツの準優勝に貢献、決勝のイングランド戦では最初の得点を記録した(試合は2-4で敗退)。

 

エピソード

Helmut Haller Bologna Fc 1909 ….Ciao Campione !

60年代のドイツを代表する選手のひとりであった彼は、1939年、宗教和議で有名なアウグスブルクに生まれた。

 

9歳の時から13年間、地元のFCアウグスブルクでプレーし、1962年からはイタリアのFCボローニャに移籍した。

 

ドイツ人選手が外国に移籍するのはまだ珍しい時代であり、「外人部隊」のはしりといえる。

 

後にはユベントスに移り、そこでも大活躍した。

 

1966年の西ドイツ代表では、ハーラーも含め、カール・ハインツ・シュネリンガー、アルベルト・ブリュルスと計3名の選手が、イタリアのクラブチームに所属していた。

 

背景には、イタリアに比べてプロ化の遅れたドイツサッカーの国内事情がある。

 

2006年12月26日、ハーラーは重い心筋梗塞を患い集中治療室へ送られた。

 

懸命な治療の結果により容態は回復した。

 

2012年10月11日、死去。

 

73歳没。

プレースタイル

Helmut Haller vs Inter Spareggio Scudetto 1963 1964

スピード豊富なプレーヤーで主に攻撃的なMFとして活躍したが、高い得点能力ゆえWGとしてもプレーした。

 

パス、ドリブル、シュートと攻撃的な基本スキルのレベルも高かった。

 

特にパスの技術が高く、長短織り交ぜたパスでゲームメイクをした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました