スポンサーリンク
【サッカーショップKAMO】海外クラブチーム特集

トニーニョ・セレーゾ

サッカー

概略

Toninho Cerezo, o Patrão da Bola [Goals & Skills]
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 1955年4月21日(65歳)
出身地 ベロオリゾンテ
身長 183cm
体重 78kg

 

ポジションはミッドフィールダー(ディフェンシブハーフ)。

 

利き足は右。

 

愛称は「ヒゲ」。

 

ブラジル代表のレギュラーとして1978、1982年ワールドカップに出場したが、1986年ワールドカップは負傷で出場出来なかった。

 

黄金のカルテットの一人として80年代のブラジルの中盤を支えた。

 

獲得タイトル

クラブ

ナシオナル
  • Campeonato Amazonense: 1974
アトレティコ・ミネイロ
  • Campeonato Mineiro: 1976, 1978, 1979, 1980, 1981, 1982, 1983
  • Campeonato Brasileiro Série A: 1977 runner-up, 1980 runner-up
ローマ
  • Coppa Italia: 1984, 1986
  • European Cup: 1984 runner-up
サンプドリア
  • Serie A: 1990–91
  • Coppa Italia: 1988, 1989, 1991 runner-up
  • UEFA Cup Winners’ Cup: 1989 runner-up, 1990
  • European Cup: 1992 runner-up
サンパウロ
  • Campeonato Paulista: 1992
  • Intercontinental Cup: 1992, 1993
  • Copa Libertadores: 1992, 1993
  • Supercopa Sudamericana: 1993
  • Recopa Sudamericana: 1993, 1994

個人

  • South American U-20 Championship Top Scorer: 1977
  • Bola de Ouro: 1977, 1980
  • Bola de Prata: 1976, 1977, 1980
  • FIFA XI (Reserve): 1979
  • Intercontinental Cup Most Valuable Player of the Match Award: 1993
  • A.S. Roma Hall of Fame: 2016

 

経歴

Toninho Cerezo | Skills, Assists & Goals
クラブ
クラブ 出場 (得点)
1972-1983 ブラジルの旗 アトレチコ・ミネイロ 112 (12)
1973 ブラジルの旗 ナシオナルFC (loan) 20 (3)
1983-1986 イタリアの旗 ASローマ 70 (13)
1986-1992 イタリアの旗 UCサンプドリア 145 (14)
1992-1993 ブラジルの旗 サンパウロFC 72 (7)
1994-1994 ブラジルの旗 クルゼイロEC 10 (3)
1995-1995 ブラジルの旗 パウリスタFC
1995-1995 ブラジルの旗 サンパウロFC 8 (0)
1996-1996 ブラジルの旗 アトレチコ・ミネイロ
1996-1996 ブラジルの旗 アメリカ・ミネイロ
代表歴
1977-1985 ブラジルの旗 ブラジル 74 (6)

 

1980年代にブラジル代表ではジーコ、ソクラテス、パウロ・ロベルト・ファルカンと「黄金のカルテット」を中盤で形成した。

 

ブラジルのアトレチコ・ミネイロでプロのキャリアをスタートさせ、約10年間プレーし、ブラジル代表でも中心選手の一人として、1978年のアルゼンチンワールドカップに中心選手として出場、優勝には届かなかったが、ブラジルの3位に貢献した。

 

1982年のスペインワールドカップにもジーコらと黄金のカルテットの一員として出場したが、セレーゾのミスパスによりロッシに得点を許し、イタリアに敗れた後、全盛期にイタリアのセリエAに渡った。

 

ASローマではブラジル代表のチームメートであるファルカン、イタリア代表の中心選手ブルーノ・コンティ、ユベントスから移籍のボニエク、と共に中心選手の一人としてプレー。

 

通算成績104試合25得点、2016年にはローマの殿堂入りも果たした。

 

1983-84シーズン、コッパ・イタリアの優勝に貢献、UEFAチャンピオンズカップ決勝進出に貢献、決勝でも先発としてプレーしたが決勝ではリヴァプールFCに敗れた。

 

セレーゾは「試合後、ローマサポーターによるグラッツェ、ローマのサポーターソングが響いていたことは、とてもファンタスティックな光景だった。今でも、あの日のことを思い出すぐらいだ」と当時を振り返った。

 

1985-86シーズン、コッパ・イタリアで2度目の優勝に貢献したが、サンプドリアとの決勝第2戦での怪我の為、ブラジル代表として1986年メキシコワールドカップ出場を逃した。

 

UCサンプドリアに移り長年に渡り中心選手として活躍、チーム初のセリエA制覇やカップウィナーズカップ獲得など、ロベルト・マンチーニ、ジャンルカ・ビアリ、ジャンルカ・パリューカらとサンプドリアの黄金期を築いた。

 

1987-88シーズン、コパ・イタリア優勝に貢献。

 

1988-89シーズン、コパ・イタリア優勝に貢献、カップウィナーズカップ決勝の進出に貢献したがFCバルセロナに敗れた。

 

1989-90シーズン、負傷で決勝には出場出来なかったが、カップウィナーズカップ優勝に貢献。

 

1990-91シーズン、怪我で多くの試合を欠場したが、7節のACミランとのゲームでは決勝点を 、26節のSSCナポリとのゲームの先制点、優勝が決定したレッチェとのゲームで先制点となるミドルシュートを決めるなど、チーム初のスクデットに貢献。

 

1991-92シーズン、UEFAチャンピオンズカップ決勝の進出に貢献、決勝でも先発出場し、ペップ・グアルディオラを良く押さえたが、ジャンルカ・ビアリが決定的チャンスを3度逃がし、FCバルセロナに敗れ、同シーズン限りでサンプドリアを退団した。

 

1991-92シーズンのセリエA終了後、テレ・サンターナ元ブラジル代表監督の誘いで、母国ブラジルのサンパウロFCに所属、カフー、ミューレルらと共に、サンパウロに多くのタイトルをもたらした。

 

1992年、リーグ優勝、1992年12月のトヨタカップでは先発出場し、効果的なパスを再三見せるなど、優勝に貢献、同年5月のUCサンプドリア所属時にチャンピオンズカップの決勝で敗れたFCバルセロナに勝利し雪辱を果たした。

 

1993年、リベルタドーレスカップ優勝、トヨタカップの優勝に貢献。

 

ACミランとの対戦では、ACミランDF陣の隙を突く鋭いパスからミューレルの決勝点となるゴールをアシスト、38歳ながら1ゴール1アシストを記録して大会MVPに選ばれた。

 

スーペルコパスダメリカーナ、レコパカップの優勝にも貢献した。

 

その後は1994年にクルゼイロECでプレー、サンパウロFCへ復帰、最後はアトレチコ・ミネイロでプレー後、1997年に現役を引退した。

 

エピソード

Toninho Cerezo – Skills & Highlights

現役時代から蓄えている口ひげがトレードマーク。

 

愛称もヒゲ。

 

元オランダ代表のフランク・ライカールトが目標としていた選手であった。

 

息子のレオナルドはレア・ティーの名前でトランスジェンダーのファッションモデルとして活躍しており、ジバンシィの女性モデルに起用された

 

引退後は監督となった。

 

鹿島の監督時、親友であるマンチーニの引退試合に急遽駆け付け、MVPを受賞した。

 

プレースタイル

Toninho Cerezo Vs France (1978) – Friendly Match

細身のフレームを備え背が高く強力なミッドフィールダーであるセレーゾは、史上最高のブラジルの守備的ミッドフィールダーの1人と見なされており、運動量、スタミナ、戦術的意識、そしてダイナミックで肉体的なエネルギッシュなプレースタイルが特徴。

 

守備では強固なフィジカルやタックルだけでなく、豊富なスタミナで中盤で激しい守備をした。

 

守備だけでなく長短の正確なパスも武器に活躍した。

 

長短のパスの精度も高く、ボールを奪取し、確実に前線につなぐプレーをする選手でした。

 

時には前線にも攻め上がり、効果的なプレーをする。

 

エレガントで非常に創造的なプレーヤーでもあり、テクニック、プレービジョン、ゲームを理解する能力にすぐれており、プレーエリアが広く広範囲をカーバーできる。

 

攻守に活躍できる選手でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました