スポンサーリンク
【サッカーショップKAMO】海外クラブチーム特集

オレステ・オスマル・コルバータ

サッカー

概略

ORESTE OSMAR CORBATTA
生年月日 1936年3月11日
出生地 ダイロー、アルゼンチン
死亡日 1991年12月5日(55歳)
死亡場所 ラプラタ、アルゼンチン
身長 165cm

 

ポジションはフォワード(右ウイング)。

 

利き足は右。

 

愛称は「エル・ロコ(狂人)」。

 

アルゼンチンでガリンシャに相当する選手である。

 

ラシン・クラブ、ボカ、そしてアルゼンチン代表でのその短く波乱に満ちたキャリアで、数多くの伝説を残した。

 

獲得タイトル

クラブ

ラシン・クラブ

  • Primera División: 1958, 1961

ボカ・ジュニアース

  • Primera División: 1964, 1965

代表

アルゼンチン代表

  • South American Championship: 1957, 1959

 

経歴

"En el recuerdo" – Oreste Osmar Corbatta
クラブ
チーム Apps (Gls)
1955–1962 ラシン・クラブ 177 (72)
1962–1965 ボカ・ジュニアース 18 (7)
1965–1968 インディペンディエンテ 145 (34)
1970 San Telmo 33 (10)
1971 Italia Unidos
1973–1974 Tiro Federal
代表
1956–1962 アルゼンチン代表 43 (18)

 

ラシンで2度のリーグ優勝、ボカでも2度のリーグ優勝を経験した。

 

アルゼンチン代表では1957年と1959年に2度コパ・アメリカを制覇した。

 

エピソード

Orestes Omar Corbatta vs San Lorenzo (Boca Juniors vs San Lorenzo) 1963

1957年のコパ・アメリカ優勝の際には、彼を含む前線の選手たちは「汚れた顔の天使たち」と呼ばれ、青と白のシャツをまとった最も偉大なドリブラーとしてプレーした。

 

アルコール依存症と深刻な対人トラブルによりラシンを離れ、ボカへと移籍したのはまだ26歳の頃だったが、すでに最も輝いた時期は過ぎさっていた。

 

それでも「エル・ロコ(狂人)」が全力でプレーするのを見られた人は幸運だったと言える。

 

2度のリーグ優勝に貢献したことを称え、ラシンは後にスタジアムに至る道の一つにこのスター選手の名前をつけた。

 

プレースタイル

Orestes Omar Corbatta – Golazo En El Mundial de Suecia 58.

彼からは誰もボールを奪えないと言われたほどドリブルスキルが驚異的だった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました