レネ・ハウスマン

概略

生年月日 1953年7月19日
出生地 ラバンダ、アルゼンチン
死亡日 2018年3月22日(64歳)
死亡場所 ブエノスアイレス、アルゼンチン
身長 165cm

 

ポジションはフォワード(右ウイング)、ミッドフィールダー(右サイドハーフ)。

 

利き足は右。

 

愛称は「ロコ」。

 

伝説的なウインガー、コルバータの後継者と見なされ、アルゼンチン史上最高級のウインガーの一人とされている。

 

獲得タイトル

クラブ

Defensores de Belgrano
  • Primera C (1): 1972
ウラカン
  • Primera División: 1973 Metropolitano
インディペンディエンテ
  • Copa Libertadores (1): 1984
  • Intercontinental Cup (1): 1984

代表

Argentina
  • FIFA World Cup: 1978
  • Copa Newton: 1975, 1976
  • Copa Lipton: 1976
  • Copa Félix Bogado: 1976
  • Copa Ramón Castilla: 1976, 1978

 

経歴

クラブ
Years Team Apps (Gls)
1971–1973 Defensores de Belgrano 38 (16)
1973–1980 ウラカン 266 (108)
1981 リーベルプレート 12 (1)
1982 コロコロ 18 (3)
1983 Amazulu ? (?)
1984 インディペンディエンテ 3 (0)
1985 Excursionistas 1 (0)
Total 338 (128)
代表
1973–1979 アルゼンチン 55 (13)

 

エスタディオ・モヌメンタルから道を挟んで数ブロックのスラム街に生まれたのはウラカンのアイドルだった。

 

アルゼンチンの即興プレーを楽しむ伝統、そしてストリートサッカーの象徴として知られ、1978年にまさにそのスタジアムでアルゼンチンが優勝するのに貢献した。

 

このウィンガーは2度のワールドカップに出場し、計4ゴール。

 

また1973年にウラカンが1部リーグ優勝した時にはキープレーヤーとして活躍し、オスヴァルド・アルディレスや指揮官のセサール・ルイス・メノッティに栄誉をもたらした。

 

エピソード

その過酷な境遇やいたずら好きの性格から人々のヒーローとなり、長いアルコール依存症や病との戦いの末に2018年3月にこの世を去った時には、何千人もの人々がその死を悼んだ。

 

プレースタイル

ハウスマンは、卓越したドリブルスキルとスピードが特徴のプレーヤー。

 

即興の個人技で敵を突破し数々のチャンスを作り出した。

 

そのスペクタクル溢れるプレーに人々は酔いしれた。

タイトルとURLをコピーしました