スポンサーリンク
【サッカーショップKAMO】海外クラブチーム特集

ジミー・グリーブス

サッカー

概略

Jimmy Greaves, Greavsie [Best Goals]
国籍 イングランドの旗 イングランド
生年月日 1940年2月20日(80歳)
出身地 ロンドン

173cm

 

ポジションはフォワード(センターフォワード)。

 

利き足は右。

 

愛称は「ゴール・マシーン」。

 

イングランド史上最高のフォワードとも称される伝説の選手。

 

60年代のイングランドを代表する選手で、1966年ワールドカップ・イングランド大会優勝メンバーの一人。

 

「イングランド1部リーグ、最多得点  357ゴール(516試合)」 記録保持者。

 

イングランド・リーグ 得点王 最多 6回 (1959、61、63-65 [3年連続] 、69)

 

ジミー・グリーブスがイングランド1部を去って49年も経つが、(2020年現在)、
誰もこの 「得点数」 と 「得点王回数」を抜けない。

 

グリーブスは地元開催、ワールドカップ1966では、負傷した為、先発から外れた。

 

その後、イングランドは、グリーブスが抜けた穴をジェフ・ハーストが埋め、優勝を果たした。

 

グリーブスは、ワールドカップで目立っていない為か、日本では非常に知名度が低い選手である。

 

しかし、紛れもない超一流選手である。

 

獲得タイトル

クラブ

チェスシー

  • FA Youth Cup runner-up: 1957–58

A.C. ミラン

  • Serie A: 1961–62

トッテナム・ホットスパー

  • FA Cup: 1961–62, 1966–67
  • FA Charity Shield: 1962, 1967 (shared)
  • European Cup Winners Cup: 1962–63
  • Football League First Division runner-up: 1962–63

代表

イングランド代表

  • FIFA World Cup: 1966
  • British Home Championship (5): 1959–60 (shared), 1960–61, 1963–64 (shared), 1964–65, 1965–66; runner-up (3): 1961–62, 1962–63, 1966–67

 

経歴

Jimmy Greaves – 11 Classic Spurs Goals
クラブ
クラブ 出場 (得点)
1957–1961 イングランドの旗 チェルシー 157 (124)
1961 イタリアの旗 ACミラン 12 (9)
1961-1970 イングランドの旗 トッテナム・ホットスパー 321 (220)
1970-1971 イングランドの旗 ウェストハム・ユナイテッド 38 (13)
代表歴
1959-1967 イングランドの旗 イングランド 57 (44)

 

クラブ

 

1957年にチェルシーFCでプレミアリーグデビュー。

 

「1年目から22ゴール(37試合)」 を挙げた。

 

彼は、1年目から既にチームのエースだった。

 

シーズン2年目、グリーブスは、「19才で32ゴール (42試合)」を挙げ、初得点王に輝いた。

 

グリーブスは、19才で既に、イングランドで一番のフォワードだった。

 

まさに天才少年だった。

 

また19才でイングランド代表デビューもし、デビュー戦から、ペルー相手に代表初ゴールを決めた。

 

そして、2年後、グリーブスは、21才で、41ゴール(40試合)を挙げ、再びリーグ得点王(2回目)に輝いた。

 

グリーブスは、1960年に、「史上最年少(20歳 290日)、リーグ戦100得点」 を達成した。

 

1960-61シーズンの41得点は現在もクラブ記録として残っている。

 

チェルシーでは通算157試合で124得点を挙げた。

 

ジミー・グリーブスのイングランドでの活躍は、外国に知れ渡り、彼は1961年、21才の若さでイタリアのビッグ・クラブ、ACミランへ移籍した。

 

そして、グリーブスは、「12試合 9得点」 という驚異的なペースで得点をしていた。

 

しかし、監督と揉めて、グリーブスは激怒し、僅か3カ月で、イングランドに帰国した。

 

この監督との対立の原因は、試合中に起きたことが発端である。

 

試合中、グリーブスが反則を犯した。

 

それで、相手チームにフリーキックを与えた。

 

それで、敵チームは、そのフリーキックを決めて、得点を挙げた。

 

その試合後、監督が、グリーブスを激しく責めた。

 

それで、グリーブスが激怒して収まらず、それでイングランドに帰ることになった訳である。

 

グリーブスは、イタリアでも余裕で通用していた。

 

彼は、監督とトラブルが起きなければ、イタリアでも軽く得点王になれただろう。

 

残念な話である。

 

ミランで14試合に出場後すぐにトッテナム・ホットスパーFCに移籍し、1961年から1970年まで在籍。

 

321試合でクラブ記録の220得点を挙げ、1963年、1964年、1965年、1969年の4度得点王に輝いた。

 

1962年と1967年にFAカップ優勝。

 

1963年にUEFAカップウィナーズカップ優勝。

 

リーグでは通算516試合に出場し、史上最多の357得点を挙げた。

 

1970年にウェストハム・ユナイテッドFCに移籍。

 

38試合で13得点を挙げ31歳という若さで1971年に引退。

 

代表

 

1959年5月17日のペルーとの親善試合で代表デビューし、デビュー戦で代表初ゴールを挙げる。

 

1963年11月20日の北アイルランド戦と1966年6月29日のノルウェー戦では1試合4得点を記録している。

 

1962年W杯チリ大会では、1次リーグ2試合目のアルゼンチン戦でW杯初ゴール。

 

イングランドは決勝トーナメントに進出するが準々決勝でブラジルに敗退。

 

地元開催となった1966年W杯イングランド大会では、ロジャー・ハントの活躍で1次リーグを1位で突破。

 

グリーブス自身は1次リーグ3試合目のフランス戦で足を痛めたため決勝トーナメントには出場しなかったが、イングランドはアルゼンチン、ポルトガルを破り決勝に進出。

 

西ドイツを延長で破り初優勝を飾った。

 

W杯通算成績は7試合に出場し1得点。

 

1967年5月27日のオーストリアとの親善試合が代表最後の試合となった。

 

代表通算57試合で44得点を記録。

 

ウェイン・ルーニー、ボビー・チャールトン、ガリー・リネカーに次ぐ歴代4位。

 

代表でのハットトリック6回は最多記録である。

 

エピソード

Jimmy Greaves – Spurs Legend 1961-70

グリーブスの才能は、当時のイギリスではずば抜けていた。

 

その後、有望な選手が登場しても、結局、誰も追い越せないというのが50年も続いている。

 

イングランド・リーグ最多得点数、357ゴール。

 

イングランド・リーグ得点王回数、史上最多6回。

 

アラン・シアラー、ティエリ・アンリ、ウェイン・ルーニー、ハリー・ケインなどは結局、この記録を追い抜けなかった。

 

「イングランド・リーグ、史上最高ストライカー」 は、21世紀に入っても、依然としてグリーブスのままである。

 

グリーブスを追い抜ける選手はイングランド・リーグ (プレミア・リーグ)で、永遠に出て来ないかも知れない。

 

引退後グリーブズは1979年にサン紙のコラムニストになった。

 

彼は2009年までコラムを書き続け、それからサンデー・ピープルのコラムニストとして働き始めた。

 

彼は1980年からスターサッカー評論家として働き、その後、1982年のFIFAワールドカップのITVの報道の評論家として選ばれた。

 

彼は生涯、多くの本を書いた。

プレースタイル

Jimmy Greaves- English Football's Most Prolific Striker.

爆発的な加速とスピードを持っており、さらに天性のポジショニングセンスでゴールを量産した。

 

また彼は優れたドリブラーでもあり、そのスピードとドリブルで敵のディフェンダーを抜き去る。

 

ポジショニングのセンスも一流でゴールを入れるビジョンが優れている。

 

シュートスキルも素晴らしく両足から強烈なシュートを放ち得点を量産する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました