スポンサーリンク
【サッカーショップKAMO】海外クラブチーム特集

ピリ

サッカー

概略

Entrevista a Pirri antes del mundial de Argentina 1978 – Selección Española, España Real Madrid
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 1945年3月11日(75歳)
出身地 セウタ
身長 174cm

 

ポジションはミッドフィールダー(センターハーフ、ディフェンシブハーフ)、ディフェンダー(センターバック)。

 

利き足は右。

 

長きに渡りエル・ブランコの強さと誇りを体現したレアル・マドリードのレジェンド。

 

60年代のイエイエ・マドリードの一員。

 

獲得タイトル

レアル・マドリード
  • ラ・リーガ:10回 1965, 1967, 1968, 1969, 1972, 1975, 1976, 1978, 1979, 1980
  • コパ・デル・ヘネラリシモ/コパ・デル・レイ:4回 1970, 1974, 1975, 1980
  • UEFAチャンピオンズカップ:1回 1966

 

経歴

Homenaje a PIRRI
クラブ
クラブ 出場 (得点)
1963-64
1964-1980
1980-1982
スペインの旗 グラナダCF
スペインの旗 レアル・マドリード
メキシコの旗 プエブラFC
21 (11)
417 (123)
55 (18)
代表歴
1966-1978 スペインの旗 スペイン 41 (16)

 

アフリカ大陸北部のスペインの飛地セウタで生まれる。

 

インペリオ・リフィエンで選手としてのキャリアをスタートしたのち、ソシエダ・デポルティバ・セウタとアトレティコ・セウタで活躍した。

 

18歳でグラナダに加入し、ファーストチームの一員としてプレー。

 

1963-64シーズンにはスペインアマチュア代表に招集され、これをきっかけに1964年、エル・ブランコとの契約にこぎつけた。

 

1964年から1980年までレアル・マドリードに在籍した。

 

16シーズンの在籍で通算172ゴール以上をマーク。

 

フランシスコ・ヘントがキャプテンを務めた“イェイェ・マドリード”の一員となり、デビューした年に自身リーガ初優勝。

 

リーガはその後通算で10、制することになる。

 

1966年にはパルチザン・ベオグラードを2-1で破り、大会最年少チームとして欧州チャンピオンズカップを制した。

 

レアル・マドリードでは、リーグ優勝10回、カップ優勝4回、そして1965-66シーズンのチャンピオンズカップで優勝した。

 

1975年のコパ・デル・レイ決勝では、あごを骨折していたにも関わらず試合に出場した。

 

また、アマンシオ・アマロが引退した1976年からはチームのキャプテンも務めた。

 

スペイン代表としては、1966年から1978年までプレイして41試合16得点を記録。

 

ワールドカップ1966年大会と1978年大会に出場した。

 

攻撃的なポジションでプレーしたことはなかったが、キャリアを通して200を超える得点を挙げた。

 

1980年にメキシコのプエブラに移籍して、1982年に引退した。

 

エピソード

 

1971年のカップウィナーズカップ決勝では腕を固定して、1975年の国王杯決勝では高熱とあごの骨折を押してプレーし、クラブから最高の栄誉である“ラウレアテ”を授かった。

 

引退後は医学の勉強を終了し、2年後にはスペインに戻ってマドリードのメディカルスタッフに加入。

 

その後、チームのコーチ陣の一員となっている。

 

プレースタイル

 

リーダーシップとファイティングスピリットのある選手。

 

守備技術に優れた選手。

 

守備的MFとしてキャリアをスタートさせたが、その後DFへとポジションを移した。

 

守備的な選手だがオールラウンダーな能力があり、得点能力も非常に高い。

 

時には急造のフォワードとしてプレーすることもあったが、基本的に攻撃的なポジションでプレーなしで、キャリアを通して200を超える得点を挙げるほどの攻撃力も兼ね備えていた。

 

足元の技術にも優れており、長短織り交ぜたパスも一級品。

コメント

タイトルとURLをコピーしました