スポンサーリンク
【サッカーショップKAMO】海外クラブチーム特集

ジェルマノ

サッカー

概略

 

生年月日 1932年12月23日
出生地 アルカンタラ、ポルトガル
死亡日 2004年7月14日(71歳)
死亡場所 リンダアヴェリャ、ポルトガル
身長 183 cm

体重83kg

 

ポジションはディフェンダー(センターバック、リベロ)。

 

利き足は右。

 

50年代から60年代に世界屈指のセンターバックという評価を得たポルトガル代表。

 

61、62年のベンフィカの欧州連覇に貢献した。

 

獲得タイトル

クラブ

ベンフィカ

  • Primeira Liga: 1960–61, 1962–63, 1963–64, 1964–65
  • Taça de Portugal: 1961–62, 1963–64
  • Taça de Honra (2)
  • European Cup: 1960–61, 1961–62

アトレティコ

  • Segunda Liga: 1958–59

代表

ポルトガル代表

  • FIFA World Cup third place: 1966

個人

  • World Soccer World XI: 1961, 1962, 1965

 

経歴

 

クラブ
チーム 出場 GLS
1951–1960 アトレティコ 115 (16)
1960–1966 ベンフィカ 75 (4)
1966〜1967 サルゲイロス
代表
1953〜1966 ポルトガル 24 (0)

 

61、62年のベンフィカの欧州連覇に貢献した。

 

1966年のW杯はチームは3位に輝いたが、ピークを過ぎており、1試合の出場にとどまった。

 

1967年に現役を引退しました

 

エピソード

 

71歳、リンダアベーリャで亡くなりました。

 

プレースタイル

 

動きが速い上に競り合いに強く、冷静さに定評があった。

 

守備能力は50年代から60年代に世界屈指との評価を得た。

 

足元の技術にも優れ、ディフェンダーながらドリブルやパスなどの攻撃技術にも優れていた。

 

キャプテンシーも持ち合わせており、その不屈の闘争心でチームを支えた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました