スポンサーリンク
【サッカーショップKAMO】海外クラブチーム特集

ルイ・ジョルダン

サッカー

概略

Rui Jordão – Sporting CP
国籍 ポルトガルの旗 ポルトガル
アンゴラの旗 アンゴラ
生年月日 1952年8月9日
出身地 ポルトガル領西アフリカ
(現:アンゴラの旗 アンゴラ) ベンゲラ
身長 179cm

体重71kg

 

ポジションはフォワード(センターフォワード)。

 

利き足は右。

 

70年代から80年代にかけて活躍したポルトガルのエースストライカー。

 

ベンフィカやスポルティング・リスボンなどで活躍した。

 

獲得タイトル

クラブ

ベンフィカ

  • Primeira Liga: 1971–72, 1972–73, 1974–75, 1975–76
  • Taça de Portugal: 1971–72

スポルティング・リスボン

  • Primeira Liga: 1979–80, 1981–82
  • Taça de Portugal: 1977–78, 1981–82
  • Supertaça Cândido de Oliveira: 1982

個人

  • Bola de Prata: 1975–76, 1979–80
  • Portuguese Footballer of the Year: 1980

 

経歴

1977/1986 | Best of Rui Jordão
クラブ
クラブ 出場 (得点)
1970-1971 アンゴラの旗 スポルティング・ベンゲラ 0 (0)
1971-1976 ポルトガルの旗 ベンフィカ 127 (81)
1976-1977 スペインの旗 レアル・サラゴサ 33 (14)
1977-1987 ポルトガルの旗 スポルティング・リスボン 279 (187)
1987-1989 ポルトガルの旗 ヴィトーリア・セトゥーバル 63 (12)
代表歴
1972-1989 ポルトガルの旗 ポルトガル 43 (15)

 

ポルトガルの植民地時代のアンゴラで生まれ、アンゴラのスポルティング・ベンゲラでキャリアをスタートさせた。

 

1971年にSLベンフィカに移籍し、1975-76シーズンには28得点を挙げ得点王を獲得した。

 

1年間スペインのレアル・サラゴサに在籍した後に、1977年8月28日、スポルティングCPに移籍した。

 

1980年には自身2度目の得点王を獲得し、1982年にチームの3冠に貢献した。

 

1987年にヴィトーリア・セトゥーバルに移籍し、1988-89シーズン終了後36歳で現役を引退した。

 

ポルトガル代表としては、1972年11月23日にキプロス代表戦でデビューを果たした。

 

その後エースストライカーとして活躍した。

 

UEFA欧州選手権1984では3位に入賞したが、2-3でフランス代表に敗れた準決勝で2ゴールを決めた。

 

エピソード

Rui Jordão | Memórias

 

引退した後、ジョダンはサッカーの世界から離れ、画家と彫刻家になりました。

 

プレースタイル

Morreu Rui Jordão, a 'Gazela de Benguela' que fez 187 golos

スピードと得点力という共通点を持っていた元ポルトガル代表FWのエウゼビオの後継者として期待された。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました