スポンサーリンク
【サッカーショップKAMO】海外クラブチーム特集

ウェス・アンセルド

バスケ

概略

Wes Unseld MVP – Highlights (Casino Lights Remix)
誕生日 1946年3月14日
没年月日 2020年6月2日(74歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ケンタッキー州ルイビル
出身 ルイビル大学
背番号(現役時) 41
身長(現役時) 200cm (6 ft 7 in)
体重(現役時) 111kg (245 lb)

 

ポジションはセンター。

 

右利き。

 

NBAのワシントン・ブレッツのセンターとして1960年代後半から70年代前半にかけて活躍した。

 

史上2人しか達成していない新人王とシーズンMVPをダブル受賞したビッグマン。

 

リバウンドの獲得に長けており、ゴール下をほぼ支配した。

 

また、引退後はヘッドコーチとしてブレッツを7シーズン率いた。

 

6フィート7インチの身長ながら(現役引退後、彼は6フィート6インチにも満たないことを明かした。)、自分より背の高いカリーム・アブドゥル=ジャバーなど7フィートの選手達とゴール下で争い、NBAオールスターゲームに5回選出された。

 

1988年にバスケットボール殿堂入りを果した。

 

また1996年にはNBAの50周年を記念して選ばれた「NBA偉大な50選手」の一人にも選出された。

 

受賞歴
  • NBAチャンピオン:1978
  • NBAファイナルMVP:1978
  • MVP:1969
  • 5×NBAオールスターゲーム出場:1969, 1971-1975
  • オールNBAチーム
    • 1stチーム:1969
  • 新人王:1969
  • NBAオールルーキーチーム 1stチーム:1969
  • フィールドゴール成功率1位:1976
  • リバウンド王:1975
  • NBA50周年記念オールタイムチーム:1996
  • No.41 ワシントン・ウィザーズ永久欠番

 

記録

  1. 通算リバウンド数NBA歴代10位(13,769)
  2. 通算ゲーム平均リバウンド数NBA歴代6位(14.0)
  3. 通算リバウンド数ブレッツフランチャイズ記録(13,769)
  4. 通算アシスト数ブレッツフランチャイズ記録(3,822)

 

経歴

Wes Unseld Tribute
選手経歴
1968-1980 ボルティモア/ワシントン・ブレッツ

 

カレッジで目覚しい活躍をしたアンセルドは卒業後1968年のNBAドラフトでボルチモア・ブレッツに1巡目全体2位で指名を受け入団した。

 

それまで1度も勝ち越したことの無かったチームで彼の現役時代の12シーズンでチームは10回勝ち越し、12年連続でプレーオフに出場した。

 

入団した1年目のシーズン、アンセルドは前年に入団し、最優秀新人賞を獲得したアール・モンロー、得点力の高いガードのケビン・ローアリー、パワーのあるフォワードのガス・ジョンソンと共に活躍、前年ディビジョン6位だったチームは勝ち星を21増やして、57勝25敗で東ディビジョン優勝を果した。

 

アンセルドは平均13.8ポイント、ウィルト・チェンバレンに次ぐNBA2位の18.2リバウンド、2.6アシストを上げ、最優秀新人賞と最優秀選手賞(MVP)を獲得した。

 

両賞を同時に獲得したのはチェンバレンに続いて史上2人目の快挙であった。

 

ジーン・シューヘッドコーチがこの年、コーチ・オブ・ザ・イヤーに選ばれた。

 

プレーオフでは準決勝でニューヨーク・ニックスに敗れたものの平均18.8得点、18.5リバウンドをあげた。

 

1969-70シーズンも平均16.2得点、エルビン・ヘイズに次ぐNBA2位の平均16.7リバウンドをあげた。

 

チームはイースタン・ディビジョン3位となった。

 

NBAの各チームは、1970-71シーズンに2つのカンファレンスと4つのディビジョンに分けられ、ブレッツは、セントラル・ディビジョンに所属することとなった。

 

カンファレンスファイナルでニックスを倒して念願のNBAファイナル進出を果した。

 

以降、ブレッツはプレーオフの常連チームとなるが、優勝までは手が届かなかった。

 

入団してから4シーズン連続でNBA2位のリバウンドをあげたアンセルドは、チームがワシントンD.C.に移り、キャピタル・ブレッツと改称、K・C・ジョーンズヘッドコーチが就任した1973-74シーズンは怪我のため26試合に欠場し、平均5.9得点、9.2リバウンドと成績を落とした。

 

チームがワシントン・ブレッツと改称した1974-75シーズンに平均14.8リバウンドをあげて、初のリバウンド王となった。

 

このシーズン、ニューオーリンズ・ジャズ戦では30リバウンドを記録した。

 

チームは60勝22敗でセントラル・ディビジョンチャンピオンとなった。ブレッツ(現ウィザーズ)が60勝をあげたのは、このシーズンのみである。

 

バッファロー・ブレーブスを4勝3敗、ボストン・セルティックスを4勝2敗で破り、4年ぶりに自身2度目のNBAファイナル進出を果したが、リック・バリーを擁するゴールデンステート・ウォリアーズに4連敗で敗れた。

 

1975-76シーズンはNBA3位の平均13.3リバウンドとリバウンドは減ったものの、シュート成功率56.1%をマークした。

 

チームは48勝34敗でシーズンを終えた。

 

1976-77シーズンも48勝34敗でシーズンを終えたチームは、1977-78シーズンに念願のNBAファイナル制覇を果たした。

 

フランチャイズ史上唯一の優勝です。

 

得点でNBAベスト20に入った選手は1人もいなかったが、平均19.7得点のヘイズ、19.3得点のボブ・ダンドリッジを始めとする6人の選手が平均10得点以上をあげ、アンセルドは、平均7.6得点、NBA10位の11.9リバウンドをあげた。

 

レギュラーシーズンを44勝38敗でディビジョン2位で終えたチームは、アトランタ・ホークス、サンアントニオ・スパーズ、フィラデルフィア・セブンティシクサーズを破り、NBAファイナルに進出した。

 

ディック・モッタヘッドコーチに率いられたチームは、シアトル・スーパーソニックスを4勝3敗で倒し、チャンピオンリングを獲得した。

 

アンセルドは、プレーオフで平均9.4得点、12.0リバウンドをあげて、ファイナルMVPにも選ばれた。

 

翌1978-79シーズンにも54勝28敗の成績をあげたブレッツはファイナル進出を果すが、レニー・ウィルケンズヘッドコーチのスーパーソニックスに1勝4敗で敗れて2度目の優勝はならなかった。

 

長年ひざの故障に苦しんだ彼は、1980-81シーズン終了後に現役を引退し、チームのフロントに入った。

 

70年代に4回NBAファイナルに進み優勝は1回だった。

 

エピソード

 

ブレッツのフロント入りし、副社長を務めた後、1987-1988シーズン、チームが8勝19敗となったところで、ケビン・ローアリーに代わってヘッドコーチに就任、シーズン残り試合で30勝25敗と勝率5割を超え、チームはアトランティック・ディビジョン2位となりプレーオフにチームを導いた。

 

しかし、その後はブレッツは低迷期に入っていき、1988-1989シーズンに40勝42敗でプレーオフを逃した後、勝率も年々下がっていき、1992-93シーズンは22勝60敗、1993-94シーズンも24勝58敗でシーズンを終え、1993-94シーズン終了後コーチから退任した。

 

コーチングキャリア戦績は7シーズンで202勝345敗(勝率36.9%)である。

 

2020年6月2日死去。

 

74歳没。

プレースタイル

 

リバウンドの獲得に長けており、ゴール下をほぼ支配した。

 

201センチ111キロと、センターとしてはアンダーサイスな選手だったものの、コート上では身を粉にしてチームの勝利のために全てを捧げてきた。

 

キャリア13シーズン全てを1つのフランチャイズでプレーしたアンセルドは、通算984試合に出場して平均36.4分10.8得点14.0リバウンド3.9アシスト1.1スティールにフィールドゴール成功率50.9パーセントを記録。

 

ペイントエリアで見せた数々のフィジカルコンタクトで自分自身の身体を犠牲にして攻防両面で貴重な働きをし、見事なアウトレットパスでチームメートたちへ幾度も得点機会を演出してきた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました