アール・モンロー

バスケ

概略

Earl Monroe Offense Highlights
誕生日 1944年11月21日(75歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国・ペンシルベニア州フィラデルフィア
出身 ウィンストン・セーラム州立大学
(ノースカロライナ州の旗ノースカロライナ州)
背番号(現役時) 15, 10永久欠番, 33
身長(現役時) 191cm (6 ft 3 in)
体重(現役時) 84kg (185 lb)

ポジションはポイントガード。

 

右利き。

 

「アール・ザ・パール」や「ブラック・ジーザス」の異名で呼ばれた。

 

ボルチモア・ブレッツでウェス・アンセルドとともに活躍し、1970年代以降はニューヨーク・ニックスの中心選手として1973年のニックスのチャンピオンシップ優勝の原動力となった。

 

1990年に殿堂入りを果した。

 

また1996年にはNBAの50周年を記念して選ばれた「NBA偉大な50選手」の一人にも選出された。

 

受賞歴
  • NBAチャンピオン:1973
  • 4×NBAオールスターゲーム出場:1969, 1971, 1975, 1977
  • オールNBAチーム
    • 1stチーム:1969
  • 新人王:1968
  • NBAオールルーキーチーム 1stチーム:1968
  • NBA50周年記念オールタイムチーム:1996
  • No.15 ニューヨーク・ニックス永久欠番
  • No.10 ワシントン・ウィザーズ永久欠番

 

経歴

Ultimate Earl "The Pearl" Monroe MIX
クラブ経歴
1967-1971
1971-1980
ボルティモア・ブレッツ
ニューヨーク・ニックス

 

カレッジで目覚しい活躍をしたモンローは卒業後1967年のNBAドラフトで当時「ボルチモア・ブレッツ」の名称だった現在のワシントン・ウィザーズに1巡目全体2位で指名を受け入団する。

 

モンロー入団翌年のドラフトでウィザーズにはウェス・アンセルドも加わり、2人の活躍でチームは大きく躍進する。

 

モンローは1年目のシーズンで24.3ポイント、5.7リバウンド、4.3アシストをあげてルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得する。

 

2年目にはウェス・アンセルドも加わり、ブレッツは過去の成績を大きく上回る57勝25敗という好成績を収めた。

 

モンローはこのシーズンに平均25.8得点を記録する活躍を見せ、初めて出場したオールスターゲームでは21得点を叩き出している。

 

その後も、モンローとアンセルドのコンビはチームの成績に大きく貢献した。

 

モンローは毎年20ポイント以上を稼いでいたが、しかし、ニューヨーク・ニックスの壁に阻まれ優勝は出来なかった。

 

リーグはようやくボストン・セルティックスの一強時代が終わり、ブレッツはニューヨーク・ニックスとイースタン・カンファレンスの覇権を巡って激しく争っていたが、モンローは1971年にこのライバルチームへと移籍する事になった。

 

ニックスではウォルト・フレイジャーと「ロールスルイス・バックコート」と呼ばれる華やかなデュオを形成した。

 

1972-73シーズンでは15.5ポイントを上げ、チームもロサンゼルス・レイカーズを破って2回目の優勝に輝いた。

 

その後もモンローは活躍を続けたが、チーム状態は次第に悪くなりNBAファイナルまで進出する事すら出来なくなった。

 

モンローは1979-80シーズンが終了後に引退。

 

エピソード

Earl Monroe – The Pearl

デンゼル・ワシントン主演のバスケットボール映画『ラスト・ゲーム』では、レイ・アレン演じるジーザス・シャトルズワースの名前の由来としてモンローの名が登場する。

 

プレースタイル

Earl Monroe – The Pearl

流れるようなドリブルワークから自在に得点を重ねた。

 

得点力があり、ドリブルも上手くゲームメイキングにも長けたガードの選手として名高い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました