カール・プラエスト

概略

生年月日 1922年2月26日
出生地 コペンハーゲン、デンマーク
没年月日 2011年11月19日(89歳)

身長183cm、体重80kg。

 

ポジションはフォワード(左ウイング)。

 

利き足は左。

 

40年代から50年代にかけて活躍したデンマーク代表の左ウインガー。

 

イタリアのユヴェントスなどで活躍した。

 

1948年ロンドンオリンピック銅メダリスト。

 

2008年デンマークのフットボールの殿堂入りを果たした。

 

獲得タイトル

クラブ

ØsterbrosBoldklub

  • KBUs Pokalturnering:1947
ユヴェントスFC
  • セリエA:1949年-1950年、1951年-1952年

代表

デンマーク

  • ロンドンオリンピック:1948年銅メダル

個人

  • デンマークのフットボール殿堂

 

経歴

 

クラブ
チーム 出場 得点
1940〜 1949年 ØsterbrosBoldklub 250 (?)
1949〜1956 ユベントス 232 (51)
1956〜1957 ラツィオ 7 (0)
代表歴
1945〜 1949年 デンマーク 24 (17)

 

1936年にフットボールクラブØsterbrosBoldklub(ØB)のユースチームに入り、プラエストはØBに参加した最初の少年の1人でした。

 

ØBユースチームでの2年目に、Præstは16試合で57ゴールを記録しました。

 

彼は1940年にシニアデビューを果たしました。

 

ここでプラエストは、素晴らしいボデぃバランスとドリブル技術を備えた世界クラスの才能として認められました。

 

1945年6月にデンマーク代表として国際デビュー。

 

1948年にロンドンで開催された夏季オリンピックでデンマークチームの一員でした。

 

プラエストは4試合でプレイし、2つのゴールを決め銅メダルを獲得に貢献。

 

オリンピック後、プラエストはイタリアのクラブ、ユヴェントスFCとプロ契約を結び、アマチュアのみのデンマーク代表チームから追放されました。

 

ユヴェントスでプラエストは1949 – 50年と1951 – 52年のセリエAで優勝しました。

 

ユヴェントスでデーンズ・ジョン・ハンセンとカール・オーゲ・ハンセンと一緒にプレーし、彼のドリブルとクロスの能力は、ジョン・ハンセンを1951-52シーズンの得点王にしました。

 

プラエストは、1949-1956までのセリエAでユヴェントスで232試合をプレーし、51ゴールを記録しました。

 

1956年、プラエストはリーグのライバルであるSSラツィオに移籍しました。

 

1957年にキャリアを終えるまでに、ラツィオで7試合出場しました。

 

エピソード

 

デンマークに戻ると、元プロ選手ということで、デンマークサッカー協会(DBU)からデンマークリーグでのプレーを禁止されました。

 

プラエストとヨン・ハンセンは共にリセレイエに別荘を購入し、プラエストの夏の別荘「ユーヴェ」はすぐに1948年のオリンピックチームの集合場所となったのです。

 

チームはアマチュアと元プロを問わず再結成され、非公式の注目されるエキシビションマッチを次々と行い、多くの観客を集めました。

 

これをきっかけにDBUは元プロの問題に動き出し、2年間の隔離期間を経て、元プロのデンマークサッカーリーグへの再参入が認められることになった。

 

1969年のØB創立75周年には、プラエストとフレミング・ニールセンが1948年のオリンピックチームとユベントスFCとのオールドボーイズエキシビションマッチを企画し、その収益はØBに寄付されました。

 

2008年11月、プラエストはユベントスFCとデンマーク代表チームでの功績が認められ、デンマークサッカー殿堂入りを果たしました。

 

 

プレースタイル

 

ドリブル技術とクロス技術に秀でたウインガー。

 

タイトルとURLをコピーしました