グレアム・スーネス

サッカー

概略

Graeme Souness
国籍 スコットランドの旗 スコットランド
生年月日 1953年5月6日(67歳)
出身地 エディンバラ

身長180cm、体重75kg。

 

ポジションはミッドフィールダー(センターハーフ、ディフェンシブハーフ)。

 

利き足は右。

 

1970年代から1980年代にかけてリヴァプールの黄金期の中心メンバーの一人。

 

口髭がトレードマークの選手だった。

 

リヴァプールでは通算359試合55ゴールの成績を残した。

 

スコットランド代表としては、1982年スペインワールドカップ、1986年メキシコワールドカップに出場した。

 

獲得タイトル

クラブ

トッテナム・ホットスパー

  • FAユースカップ1969–70

ミドルスブラ

  • サッカーリーグ第2部1973–74

リバプール

  • フットボールリーグ1部1978-19791979-19801981-19821982-19831983-1984
  • フットボールリーグカップ1981-19821982-19831983-1984
  • FAチャリティ・シールド197919801982
  • 欧州チャンピオンズカップ1977-19781980-19811983-1984

サンプドリア

  • コッパ・イタリア1984–85

レンジャーズ

  • スコットランドプレミア部門1986–87
  • スコティッシュリーグカップ1986–87

個人

  • ヨーロピアンカップゴールデンブート:1980–81 
  • PFAファーストディビジョンチームオブザイヤー:1980–81、1981–82、1982–83、1983–84 
  • 世紀のPFAチーム(1977–96):2007 

 

経歴

Smash and Dab – Graeme Souness
クラブ
チーム 出場 得点
1970〜 1972年 トッテナム・ホットスパー 0 (0)
1972年 モントリオールオリンピック(ローン) 10 (2)
1972–1978 ミドルスブラ 176 (22)
1977 ウェストアデレード(ローン) 6 (1)
1978–1984 リバプール 247 (38)
1984–1986 サンプドリア 56 (8)
1986–1991 レンジャーズ 50 (3)
合計 539 (73)
代表歴
1974-1986 スコットランドの旗 スコットランド 54 (4)

 

1977-78シーズン途中にミドルスブラFCからリヴァプールFCへイングランドのクラブ間同士での移籍金の最高額で移籍。

 

2試合目のホームゲームとなったマンチェスター・ユナイテッド戦で弾丸シュートを決めるなどの活躍で、すぐにポジションを確保した。

 

1984年まで在籍し、同胞のケニー・ダルグリッシュと共に、5度のリーグ制覇、3度のチャンピオンズカップ優勝などのタイトル獲得に貢献した。

 

1978年UEFAチャンピオンズカップ決勝ブルージュ戦ではスルーパスでケニー・ダルグリッシュの決勝ゴールをアシストした。

 

その後、イタリア、セリエAの UCサンプドリアに移籍、2シーズンプレーの後、33歳にして、母国スコットランドのレンジャーズFCで選手兼監督としてのキャリアをスタート。

 

スコットランド代表としては、1982年スペインワールドカップ、1986年メキシコワールドカップに出場した。

 

82年大会ではグループリーグのソビエト戦でゴールを決めている。

 

エピソード

Graeme Souness – No One likes us, We Don't Care

33歳にして、母国スコットランドのレンジャーズFCで選手兼監督としてのキャリアをスタート

 

以来、リヴァプールやサウサンプトンFCを始め、トルコのガラタサライ、イタリアのトリノ、ポルトガルのSLベンフィカ、ブラックバーン・ローヴァーズFCなど、国外ビッグクラブから中堅クラブまで監督として幅広く指揮した。

 

そして2004年9月、ボビー・ロブソンの後を受けてニューカッスル・ユナイテッドFCの監督に就任しただがチームの成績は下降線をたどり2006年2月に解任された。

 

リヴァプールの監督時代、心臓バイパス手術を3回にわたって受け、今なお薬物治療を続けている。

 

プレースタイル

Graeme Souness Showing Why Footballers Today Wouldn’t Survive The 80’s • HD

高精度を誇るロングパスの名手。

 

中盤から精度の高いロングパスを散らしてゲームメイクを行った。

 

またその右足から繰り出されるミドルシュートも威力抜群。

 

攻撃面だけでなく守備面でも貢献できたプレーヤー。

 

豊富な運動量と体を張った守備で敵の攻撃の芽を摘んでいた。

 

また全力で戦う闘志溢れる選手でリーダーシップもありキャプテンとしても活躍した。

コメント

タイトルとURLをコピーしました