ドラゴスラフ・シュクララッツ

サッカー

概略

Dragoslav Šekularac / FK Crvena Zvezda 1955-1966
DRAGOSLAV SEKULARAC TRIBUTE
国籍 Flag of Yugoslavia (1918–1941).svg ユーゴスラビア王国
生年月日 1937年11月8日
出身地 シュティプ
没年月日 2019年1月5日(81歳没)
身長・体重 171cm、69kg

 

ポジションはミッドフィールダー(オフェンシブハーフ)、フォワード(セカンドトップ)。

 

利き足は右。

 

母国では「シェキ」のニックネームで知られる。

 

1960年代初頭のユーゴスラビア全体での彼の絶大な人気は、スポーツを超越し、国内で最も有名な人物の1人になりました。

 

レッドスター・ベオグラードにおける5大星人の一人である。

 

ユーゴスラビア代表としてFIFAワールドカップに2回出場し、1956年のメルボルンオリンピックでは銀メダルを獲得。

 

晩年はコロンビアリーグでプレーした。

 

獲得タイトル

クラブ

レッドスター・ベオグラード

  • ユーゴスラビアリーグ:1955-1956、1956-1957、1958-1959、1959-1960、1963-1964
  • ユーゴスラビアカップ:1957-1958、1958-1959、1963-1964

インデペンディエンテ・サンタフェ

  • カテゴリア・プリメーラA:1971
  • コパ・シモンボリバル:1970

代表

ユーゴスラビア

  • 夏季オリンピック2位:1956年
  • UEFA欧州選手権準優勝:1960年

 

経歴

Dragoslav Šekularac vs Uruguay Mondiali 1962
クラブ
チーム 出場 得点
1955〜1966 レッドスター・ベオグラード 375 (119)
1966–1967 カールスルーエSC 17 (2)
1967年 セントルイス・スターズ 8 (1)
1968年 OFKベオグラード 38 (5)
1969–1971 インデペンディエンテ・サンタフェ 32 (3)
1972年 アトレティコ・ブカラマンガ 4 (1)
1973年 ミジョナリオス 23 (1)
1974 アメリカ・デ・カリ 7 (0)
1975 パリFC 9 (2)
1975 セルビアン・ホワイトイーグルス
代表歴
1954-1956 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア U-20 8 (2)
1955-1956 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア U-21 2 (0)
1956-1966 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア 41 (6)

 

クラブ

 

Šekularac made his senior debut at only 17 years of age on 6 March 1955 during the latter part of Red Star’s 1954–55 league campaign under head coach Milovan Ćirić. The youngster would record only one more league appearance by the end of that season.

However, the next season, 1955–56, signaled immediate breakthrough. In addition to securing a spot in the first team, he also became an integral part of the squad that won the Yugoslav league title in convincing fashion. He contributed to the cause with 7 goals in addition to many eye-catching midfield displays that would soon become a staple of his game.

By the start of the 1956–57 season, eighteen-year-old Šekularac had already made his senior national team debut. And, in November and December 1956 during the league’s winter break, he represented FPR Yugoslavia at the 1956 Melbourne Olympics. Despite added pressures and responsibilities, he turned in another stellar league season helping Red Star to another title. He also played an important part in Red Star’s European Champions’ Cup campaign that ended at semi-final stage versus AC Fiorentina.

All the success led to coach Ćirić receiving and taking the S.S. Lazio head coaching offer position. In his place came Miša Pavić who previously mentored Šekularac in the club’s youth setup. The season was not much of a success, however, either team-wise or for Šekularac individually. Increased opponents’ defensive focus multiplied the number of hits and knocks he was forced to endure during games. He battled injury problems that caused him to miss almost half of the season as Red Star quickly fell out of title contention.

Though the next 1958–59 season brought continued injury issues, Šekularac, by now a bona fide star across the league, managed to lead his team to league-cup double, both at the expense of arch-rival FK Partizan. In 1959 after winning the league and cup double with Red Star, Italian industrialist Gianni Agnelli spared no expense in order to bring 21-year-old Šekularac to Juventus. The transfer was reportedly stopped by the highest echelons of communist nomenclature in FPR Yugoslavia, with even the interior minister Aleksandar Ranković commenting that Šeki is needed in the country to “entertain the working class”.

Šekularac is also remembered as the perpetrator of an infamous on-pitch incident in fall 1962 when he assaulted referee Pavle Tumbas in the middle of a league match. He ended up serving a year and a half long suspension.

He ended up playing 375 official competitive matches (156 of those in the league) for Red Star and scoring over 119 goals (32 league goals).

He later played for Independiente Santa Fe in Colombia for five seasons, before transferring to Millonarios from Bogotá and ending his playing career in the German Bundesliga with Karlsruher SC.

 

代表

 

At only 18, he made his national team debut on 30 September 1956. He was on the national side that won the silver medal at the 1956 Summer Olympics in Melbourne, Australia, and also participated in the World Cups of 1958 and 1962. He went on to make 41 senior international appearances, scoring 6 goals.

A highlight of his international career was the 1960 European Nations’ Cup, where Šekularac earned the spot in the Team of the Tournament. Forty years later, he reminisced on the matches:

“Do I remember that match? To this day, I dream about it. We had a great team that won over the French fans. Against the home side, I took part in one of the best games in the history of football. I was convinced that the trophy would be in our hands. Against the Russians, we’ve never had luck. It was like that in the final match as well. I remember that we missed a few goal chances and that the Russians at times during the match were totally inferior. That Ponedelnik however was without mercy. He scored on us and prevented us from celebrating our (potentially) biggest triumph.”

 

エピソード

Dragoslav Šekularac – Legenda fudbala

シェクララッツはおそらくユーゴスラビアで最初のスポーツスーパースターであり、その名声はスポーツの限界を超えていました。

 

彼が全盛期を過ごしていたときに得た人気は、1962年のフルレングスのコメディーであるシェキスニマ、パジセに出演するほどでした。

 

引退後は指導者の道に進み、指導者としては、1986年にオーストラリアリーグ最優秀監督に選出され、1989年から1シーズンは古巣レッドスターの監督も務めた。

 

2006年に、DušanPopovićによるČovekzasvavremena(The All-Time Man)というタイトルのŠekularacの伝記がベオグラードで出版されました。

 

2011年、セルビアのスポーツジャーナリストJovoVukovićと共にJa、Šeki(I、Šeki)というタイトルの自伝を書きました。

 

この本はベオグラードでも出版されました。

 

2019年1月5日、セルビア・ベオグラードで死去。

 

プレースタイル

LEGENDARNI DRAGOSLAV ŠEKULARAC ŠEKI – DRUGA ZVEZDINA ZVEZDA

彼はボールを素早く巧みに操り非常にクリエイティブなスキルを持っていました。

 

また迅速かつ狡猾なプレーヤーでもありました。

 

非の打ちどころのない技術力を備えた彼は、ユーゴスラビアのサッカー史上最大の興行師であり、観客を魅了しました。

 

特に彼のドリブルは相手ディフェンダーにとって非常に危険でした。

 

パススキルもさることながら彼の最大の武器はそのドリブルです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました