ブラゴイェ・マルヤノビッチ

サッカー

概略

Blagoje Moša Marjanović – dokumentarni film
生年月日 1907年9月9日
出生地 ベオグラード、セルビア王国
没年月日 1984年10月1日(77歳)
死亡地 ベオグラード、SRセルビア、
SFRユーゴスラビア
身長・体重 171cm、72kg

 

ポジションはフォワード(セカンドトップ、右ウイング、センターフォワード)。

 

利き足は右。

 

1920年代から1930年代に活躍したユーゴスラビア代表のストライカー。

 

BSKベオグラードなどで活躍した伝説の選手。

 

1930年ワールドカップ・ウルグアイ大会での銅メダル獲得に貢献した。

 

獲得タイトル

クラブ

SKユーゴスラヴィヤ

  • ユーゴスラビア選手権:1924

BSKベオグラード

  • ユーゴスラビア選手権:1930-1931、1932-1933、1934-1935、1935-1936、1938-1939
  • ユーゴスラビアカップ:1934年

 

経歴

 

クラブ
チーム 出場 得点
1920〜1925 ユーゴスラビア 126 (167)
1925年 SKオリンピア (8)
1925〜 1939年 BSKベオグラード 566 (575)
1939年 ユーゴスラビア 18 (17)
1939〜 1941年 チュカリチュキ (?)
1945〜1948 ディナモパンチェボ 20 (2)
1949年 プロレターオシエク 17 (5)
合計 747 (774)
代表歴
1926〜1938 ユーゴスラビア 58 (37)

 

BSK(1926–39)でプレーし、5つのリーグタイトル(1931、1933、1935、1936、1939)を獲得し、3回の得点王(1930、1935、1937)を獲得しました。

 

代表チームでは1926年6月28日にザグレブでのチェコスロバキア(2-6)との親善試合でデビューします。

 

彼が1927年5月15日にソフィアでブルガリアと対戦した最初のゴールは、試合の最後の5分間に、2ゴールを決めました。

 

彼は代表チームで58試合で37ゴールを決めました(ボベックまで、最高記録で、63試合で38ゴールを記録しましたが、マルヤノビッチの得点率は1試合あたり0.63ゴールと優れており、クラブBSKでは14シーズンで575ゴールを記録しています。)

 

1928年のオリンピックにも出場しました。

 

さらに2年後、ウルグアイで開催されたFIFAワールドカップ1930で銅メダルを獲得しました。

 

ボリビアとの試合でそのトーナメントで1得点を挙げました。

 

南米から戻った後、マルヤノビッチは(彼のチームメイトのティルナニッチと一緒に)ユーゴスラビアで最初のプロサッカー選手になりました(彼の給料はティルナニッチより少し高かった)。

 

彼とティルナニッチは、ユーゴスラビアのサッカー史上最大のコンビを形成しました。

 

彼はティルナニッチと非常によく理解していました。

 

ここでマルヤノビッチは大きな名声を博しました。

 

彼は全国的なスーパースターでしたが、彼のクラブがハイデュク・スプリトと対戦するまではプレイボーイとしても有名でした。

 

試合の前夜、彼はハイデュクのサポーターの女の子に会い、彼らは1938年に結婚し、市民とジャーナリストの大きな関心を集めました。

 

代表チームの最後の試合は、1938年4月3日にワールドカップ予選でポーランドと対戦でした。

 

マルヤノビッチが試合で唯一のゴールを決めました。

 

戦争でドイツがユーゴスラビアに侵攻した際、彼はユーゴスラビア軍のトラック運転手兵士として捕らえられ、フュルステンベルクの捕虜収容所に入れられました。

 

逆境の中で、彼らは「捕虜」ととしてサッカーの試合をすることがありました。

 

戦争が終わったとき、彼はユーゴスラビアに戻り、ディナモ・パンチェボ(1945–48)でプレーしました。

 

その後、プロレターオシエクでキャリアを終えました。

 

彼の時代の伝記によるとマルヤノビッチは、キャリアで1,000ゴール以上を記録しました。

 

エピソード

 

2014年の映画「モンテビデオの奇跡」では、マルヤノビッチが俳優のペタルストルガーによって描かれました。

 

コーチキャリア

 

引退後、コーチとなり彼はプロレターオシエクを率い、その後OFKベオグラードを率いました。

 

1955年にナショナルカップを獲得しました。

 

また、1955年にマルヤノビッチはアジアへのツアーに出かけ、そこで中国の人民指導者毛沢東に会うことを光栄に思いました。

 

後にイタリアリーグのコーチを務めました(ACトリノで1年間、カルチョカターニアで1年間)。

 

その後ユーゴスラビアに戻り、FKポベダプリレプのコーチになりました。

 

1961年の試合後、脳卒中を患いました。

 

会話が出来なくなり、彼の体の右側は麻痺しました。

 

そして1984年に亡くなりました。

 

旧ユーゴスラビアでは、彼の発言も記憶に残っています。

 

「サッカーは私の人生です。」

 

プレースタイル

 

マルヤノビッチは非常に知的な選手であり、彼はチームメート全員がどのようにプレーしているかを理解することができました。

 

ゲーム中、彼はボールの有無にかかわらず何をすべきかを常に知っているようでした(特に非常に予測不可能で、賢く、対戦相手のペナルティボックスで得点する術を知っていました)。

 

彼は非常に正確なシューターでした。

 

ほぼすべてのポジションから得点することができました。

 

バックヒール、チェスト、ヘッドでさえかなりの数のゴールを決めました。

 

彼の得意な形はボレーショットで、それに加えて彼はユーゴスラビアで最高のフリーキックテイカーの一人でもありました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました