ミロスラフ・ジュキッチ

サッカー

概略

The Story of Miroslav Djukic
国籍 セルビアの旗 セルビア
生年月日 1966年2月19日(54歳)
出身地 シャバツ
身長 185cm
体重 80kg

 

ポジションはディフェンダー(センターバック、リベロ)。

 

利き足は右。

 

「東欧のバレージ」の異名をとった。

 

1990年代に活躍したユーゴスラビア代表のリベロ。

 

当時、世界最高のリベロの一人と称されたほどのディフェンダーだった。

 

デポルティーボ・ラ・コルーニャやバレンシアで活躍。

 

バレンシアでは2000年と2001年には2シーズン連続でUEFAチャンピオンズリーグ決勝に進出したが共に準優勝に終わった。

 

ユーゴスラビア内戦と怪我の影響もあり代表でのメジャー大会での目立った活躍はない。

 

獲得タイトル

クラブ

デポルティボ

  • コパ・デル・レイ:1994–95
  • スーペルコパ・デ・エスパーニャ:1995

バレンシア

  • ラ・リーガ:2001–02
  • コパ・デル・レイ:1998–99
  • スーペルコパ・デ・エスパーニャ:1999
  • UEFAインタートトカップ:1998
  • UEFAチャンピオンズリーグ準優勝:19992000、2000-01

個人

  • ドン・バロン・アワード 年間最優秀外国人選手:1992-1993

 

経歴

 

クラブ
クラブ 出場 (得点)
1986-1989 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 マルチュヴァ・シャバツ 87 (4)
1989-1990 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ラド 31 (1)
1990-1997 スペインの旗 デポルティーボ・ラ・コルーニャ 247 (7)
1997-2003 スペインの旗 バレンシア 157 (4)
2003-2004 スペインの旗 テネリフェ 24 (0)
通算 549 (16)
代表歴
1991-2001 ユーゴスラビアの旗 ユーゴスラビア 48 (2)

 

初の海外移籍はスペインのデポルティーボ・ラ・コルーニャだった。

 

デポルティボを1部に昇格させるために90-91シーズンにラド・ベオグラードからやってきた。

 

5バックの中心としてディフェンスラインをまとめていた。

 

90-91シーズンにフランと共に昇格に貢献。

 

93-94シーズンは優勝のかかった試合でジュキッチがPKを失敗してバルセロナに優勝を奪われ惜しくも2位(22勝12分4敗)になってしまう。

 

しかしこのPKはまわりの選手がプレッシャーのかかるPKを嫌がって蹴らなかったために、ジュキッチが代わりに蹴ったものである。

 

この勇気は賞賛されてしかるべきものである。

 

そしてこの年のジュキッチはヨーロッパ最高のリベロと称されるほどの活躍をしている。

 

93-94シーズンの失点数18(1試合あたりの平均失点率0.48)のリーガ最小失点に大きく貢献した。

 

1990年の移籍当時はセグンダ・ディビシオンに在籍していたが、1990-91シーズンを2位で終えてプリメーラ・ディビシオンに昇格すると、昇格2年目の1992-93シーズンには3位にはいった。

 

1993-94シーズン、1994-95シーズンと2シーズン連続で2位で終え、1994-95シーズンにはコパ・デル・レイで優勝した。

 

96-97シーズンにリーガ最小失点30を記録した後バレンシアに移籍する。

 

バレンシアでは2000年と2001年には2シーズン連続でUEFAチャンピオンズリーグ決勝に進出した。

 

代表では1998 FIFAワールドカップに出場したチームのメンバーでもありましたが、怪我のためにプレーしませんでした。

 

2001-02シーズンにはバレンシアでリーグ優勝を果たした。

 

2003-04シーズンに1シーズンだけCDテネリフェでプレーし、現役生活を終えた。

 

エピソード

 

何事も諦めない性格で、99/00シーズンのCL決勝でも一人だけ最後までラウールを追いかけた。

 

カニサレスとは仲が悪く、お互いを罵りあうほど。

 

バレンシアのカンテラで指導者をしていた事もある。

 

指導者として

 

現役引退後は指導者の道へ進んだ。

 

2006年にU-21セルビア代表監督に就任し、UEFA U-21欧州選手権2007・予選ではプレーオフを勝ち抜き、UEFA U-21欧州選手権2007本大会では準優勝に導き、同時に北京オリンピック出場権を獲得した。

 

2007年12月25日にはセルビアA代表の監督に就任し、U-21セルビア代表と兼任することになった。

 

しかし2008年は不運が続き、北京オリンピックでは1勝もできず、U-21オーストラリア代表との得失点差でグループ最下位となったため、成績不振を問われ、8月19日に兼任していたA代表も含めて解任された。

 

2009年にはREムスクロンを率いた。

 

2011年3月、リーグ戦で最下位に沈むリーガ・エスパニョーラのエルクレスCFの監督に就任した。

 

2010-11シーズン終了までの契約である。

 

エルクレスの降格を止めることはできず、シーズン終了後に退団。

 

2011年7月6日、3年契約でレアル・バリャドリードの監督に就任し、初年度の2011-12シーズンにチームを1部に昇格させ、翌シーズンは14位でチームを残留に導いた。

 

2013年6月上旬、エルネスト・バルベルデの後任として古巣バレンシアの監督に就任した。

 

しかし、2013年12月16日にアウェーでのアトレティコ・マドリード戦に0-3で敗れ、シーズン8敗目を喫し9位と低迷し、解任された。

 

2014年10月20日、アルベルト・フェレールの後任としてコルドバCFの監督に就任した。

 

2017年6月、ヴィデオトンFCの監督に就任したマルコ・ニコリッチの後任としてパルチザンの監督に就任した。

 

チームを12シーズンぶりのUEFAヨーロッパリーグ、グループステージ突破に導く。またセルビアカップ優勝も達成。

 

2019年12月22日、セグンダ・ディビシオンのスポルティング・デ・ヒホンの監督に就任した。

 

プレースタイル

 

高い守備力を誇るリベロ。

 

戦術理解度が高く、非常に賢いディフェンダーだった。

 

危険察知能力が高く鋭い読みを活かした守備が光る。

 

足元の技術も優れており、攻撃の起点にもなれる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました