スティエパン・ボベク

サッカー

概略

IN MEMORIAM – Stjepan Bobek
生年月日 1923年12月3日
出生地 ザグレブ、セルビア、
クロアチア、スロベニア王国
没年月日 2010年8月22日(没86歳)
死亡地 ベオグラード、セルビア
身長・体重 175cm、74kg

 

ポジションはフォワード(セカンドトップ)、ミッドフィールダー(オフェンシブハーフ)。

 

利き足は右。

 

1940年代から1950年代にかけて活躍したユーゴスラビア代表のテクニシャン。

 

パルチザンのエースとして活躍し、代表でも1948ロンドン・オリンピックと1952ヘルシンキ・オリンピックの銀メダル獲得したチームの中心選手の一人だった。

 

1995年、パルチザン・ベオグラードの史上最高の選手に選ばれました。

 

獲得タイトル

クラブ

FKパルチザン
  • ユーゴスラビアリーグ(2):1946-1947、1948-1949
  • ユーゴスラビアカップ(4):1947、1952、1954、1957

代表

ユーゴスラビア
  • オリンピック銀メダル(2):1948、1952

個人

  • ユーゴスラビアリーグ得点王(2):1945年、1953-1954

記録

  • ユーゴスラビア史上最高得点者:38ゴール

 

経歴

Stjepan Bobek – legenda Partizana
クラブ
チーム 出場 得点
1942年 アドミラワッカー 8 (7)
1944〜1945 GrađanskiZagreb 15 (13)
1945〜1959 パルチザン 198 (121)
合計 221 (141)
代表歴
1943〜1945 クロアチアU-21 (?)
1946〜1956 ユーゴスラビア 63 (38)

 

クラブ

 

1945年にFKパルチザンに来て、1958年までプレーしました。

 

パルチザンにいる間、彼は468試合をプレーし、403ゴールを記録し、クラブの記録を保持しています。

 

ボベクは、ユーゴスラビアリーグで2回、ユーゴスラビアカップで4回優勝しました。

 

彼は1946年9月1日、ユーゴスラビアファーストリーグの第2戦で、公式試合で最初のゴールを決めました。

 

ブドゥチノストを6対1でホームで勝利して2得点を挙げました。

 

1947年1月5日、ボベクはホームで3対4の敗北を喫し、レッドスターベオグラードとの最初のエターナルダービーでゴールを決めました。

 

前の2つはオウンゴールだったので、それはパルチザンの選手が得点したダービーの最初のゴールでもありました。

 

1947年6月8日、14日の間にニシュで行われたリーグ戦でオクトバーとFKパルチザン(1–10)、ボベクは8ゴールを決めました。

 

これは、ユーゴスラビアファーストリーグまたはその後継リーグが終了するまで破られたことのない記録です。

 

彼はSFRユーゴスラビアのファーストリーグの最初のシーズンで22試合で25ゴールを決め、また最初のタイトルを獲得し、大きな貢献をしました。

 

1951年5月、パルチザンはイングランドで3つの親善試合を行いました。

 

最初の試合は5月9日に行われ、ハル・シティと対戦しパルチザンが3対2で勝利しました。

 

ボベクは見事なプレーで、2得点を挙げました。

 

3日後、再び素晴らしい試合を行い、ミドルズブラに対して1ゴールを決め勝利しました。

 

 

1か月後、彼はエターナルダービーでレッドスターを6対1で倒しホームで勝利しました。

 

その年の11月、ボベクはユーゴスラビアカップ予選ラウンドでスロボダティトボウジツェに対して6得点を挙げました。

 

11対1の勝利に終わりました。

 

1週間後、彼はユーゴスラビアカップでも記録を打ち立てました。

 

彼はSlogaPetrovac na Mlaviを15-0で下し、8得点を挙げました。

 

1952年11月29日、ユーゴスラビアカップの決勝で、ボベクはアーチのライバルであるレッドスターベオグラードを6-0で下してゴールを決めました。

 

3週間前、彼は当時最高のドイツチームの1つである1.FCケルンを4対0でホームで勝利してハットトリックを記録しました。

 

ボベクは次のシーズンも素晴らしいパフォーマンスを続けました。

 

彼はエターナルダービーで史上最大の勝利でゴールを決めました。

 

1953年12月6日にレッドスターに7対1でホームで勝利し、試合で最初のゴールを決めました。

 

1954年4月11日に、ラボトニツキに8対0でホームリーグで勝利して4ゴールを決めました。

 

2年後、2回目のユーゴスラビアカップで優勝した後、3回目の優勝を果たしました。

 

再びパルチザンはレッドスターを破ったが、今回は4対1でボベクが再び1得点を挙げた。

 

1955年9月4日、ボベクはUEFAチャンピオンズカップの最初の試合で最初のゴールを決めました。

 

パルチザンはスポルティング・リスボンに引き分け(3-3)ました。

 

彼は1955-56のUEFAチャンピオンズカップで4試合すべての試合でプレーしました。

 

準々決勝でレアル・マドリードに3対0で勝利したという伝説的な勝利もありました。

 

代表

 

ボベクは、1946年5月9日、プラハのチェコスロバキアに2対0で勝利したレトナスタジアムで、ユーゴスラビア代表サッカーチームにデビューしました。

 

それはSFRユーゴスラビアの最初の試合でした。

 

彼は1946年9月29日、ベオグラードでチェコスロバキアと対戦し、ホームチームで4対2の勝利を収めて最初のゴールを決めました。

 

それはSFRユーゴスラビアの代表チームの最初の勝利でした。

 

ボベクは、1948年のロンドンオリンピックで銀メダルを獲得しました。

 

彼は4試合で4得点を挙げました。

 

すべての試合で、彼は1ゴールを決めました。

 

ルクセンブルクでの最初のラウンド(6-1勝利)、トルコでの準々決勝(3-1で勝利)、英国での準決勝(3-1で勝利)と1スウェーデンでの最後の試合(1-3の敗北) すべてでゴールを決めました。

 

ボベクは1950FIFAワールドカップでもプレーしました(メキシコに4対1で勝利して1得点を挙げました)。

 

1952年9月21日、ボベクはオーストリアに4対2でホームで勝利し、代表チームで最初のハットトリックを記録しました。

 

2年後、彼は代表チームで2回目のハットトリックを記録し、トルコを5対1でホームで勝利しました。

 

ボベクは1954年にスイスで開催されたワールドカップに出場しました。

 

彼はまた、1948年のロンドン(4ゴールを獲得し、ユーゴスラビアが銀メダルを獲得した)と1952年のヘルシンキ(トーナメントで3ゴールを獲得し、ユーゴスラビアが銀メダルを獲得した)の2つのオリンピックに出場しました。

 

エピソード

 

1995年、彼はパルチザンベオグラードの史上最高の選手に選ばれました。

 

2009年、スポーツジャーナリストのフレディ・クラマーが書いたボベクの伝記が出版されました。

 

指導者として

 

現役引退後。1959年に彼はCWKSワルシャワで監督となりました。

 

その後ユーゴスラビアに戻ってFKパルチザンの監督しました。

 

チームは彼の下で3回連続のユーゴスラビアリーグチャンピオンシップを獲得し、その後1963年にキリル・シモノフスキーに交代しました。

 

1964年にレギア・ワルシャワで監督をし、その後ギリシャに移り、1960年代にパナシナイコスを率いました。

 

1967-68と1968-69のシーズンに、彼は再びFKパルチザンの監督に戻りました。

 

1970年に、彼はオリンピアコスに移りました。

 

1972年に彼はディナモ・ザグレブの監督になりました。

 

1974-75のパナシナイコスに戻りシーズン中に2度目の成功を収めました。

 

彼はまたコーチしたVardar Skopjeでは、1978-79のユーゴスラビアセカンドリーグの東地区タイトルとその後のファーストリーグへの昇格に導きました。

 

プレースタイル

 

抜群のテクニックを誇ったアッタカー。

 

史上屈指といわれる切れ味鋭いドリブルで敵陣を切り裂き、そこから高精度のパスを繰り出すこともできる。

 

またシュートの精度も高く危険なスコアラーでもあった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました