ロベルト・コバチ

サッカー

概略

 

国籍 クロアチアの旗 クロアチア
ドイツの旗 ドイツ
生年月日 1974年4月6日(46歳)
出身地 西ベルリン
身長 182cm
体重 78kg

 

ポジションはディフェンダー(センターバック)。

 

利き足は右。

 

2000年代に活躍したドイツ生まれのクロアチア代表のセンターバック。

 

バイエルンやユヴェントスなど欧州のビッグクラブで守備の要として活躍した。

 

2000年代のクロアチア代表の守備の中心選手として活躍した。

 

 

獲得タイトル

クラブ

バイエルン・ミュンヘン
  • ブンデスリーガ : 2002-03, 2004-05
  • DFBポカール : 2002-03, 2004-05
  • DFBリーガポカール : 2004
  • インターコンチネンタルカップ : 2001
ユヴェントス
  • セリエB : 2006-07
ディナモ・ザグレブ
  • プルヴァHNL : 2008-09
  • フルヴァツキ・ノゴメトニ・クプ : 2008-09

 

経歴

 

クラブ
クラブ 出場 (得点)
1991-1995 ドイツの旗 ヘルタ・ツェーレンドルフ 112 (12)
1995-1996 ドイツの旗 ニュルンベルク 33 (1)
1996-2001 ドイツの旗 レヴァークーゼン 127 (1)
2001-2005 ドイツの旗 バイエルン・ミュンヘン 94 (1)
2005-2007 イタリアの旗 ユヴェントス 35 (1)
2007-2008 ドイツの旗 ドルトムント 26 (0)
2009-2010 クロアチアの旗 ディナモ・ザグレブ 22 (0)
1991-2010 通算 449 (16)
代表歴
1999-2009 クロアチアの旗 クロアチア 84 (0)

 

クラブ

 

クロアチア移民2世として当時の西ベルリンで生まれた。

 

毎年のように両親の故郷であるユーゴスラビアに帰省したが、2009年にNKディナモ・ザグレブに移籍するまでクロアチアで生活したことはなかった。

 

1995-96シーズンに2部の1.FCニュルンベルクで活躍し、1996年に移籍したバイエル・レヴァークーゼンで注目された。

 

2001年にバイエルン・ミュンヘンへ加入。

 

1年目こそその実力に見合った活躍はできなかったが、翌シーズンからレギュラーとしてGKオリバー・カーンらとともにバイエルンの鉄壁の守備陣を支えた。

 

4シーズンでリーグ優勝を2回、DFBポカール優勝を1回経験するなど5つのタイトルを獲得した。

 

2005年にセリエAのユヴェントスFCに移籍した。

 

2007年にはブンデスリーガのボルシア・ドルトムントへ移籍したが、戦力外扱いされた時期もあった。

 

2009年1月、子供時代から応援していた祖国の強豪NKディナモ・ザグレブに3年契約で移籍した。

 

移籍金の一部は自身が肩代わりした。

 

リーグデビュー戦はライバルであるハイデュク・スプリトだった。

 

2010年、チームから現役の引退が発表された。

 

代表

 

1999年4月28日のイタリアとの親善試合でクロアチア代表に初招集され、初出場した。

 

EURO2008ではセンターバックとしてクロアチアのベスト8に貢献。

 

第二の母国であるドイツとも対戦し、勝利している。

 

2008年9月6日のカザフスタン戦では代表初ゴールを決めた。

 

エピソード

 

兄のニコ・コバチもサッカー選手でクロアチア代表になるほどの実力の持ち主。

 

 

引退後は指導者の道に進む。

 

プレースタイル

 

世界有数のカバーリングセンスを持つセンターバック。

 

危険察知能力に優れ、鋭い読みを活かした守備は職人芸。

 

フラットなライン上からでも相棒の背後を狙う動きは見逃さず、しっかりカバーするディフェンダー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました