ヤン・トマシェフスキ

サッカー

概略

TOP 10 Jan Tomaszewski vs. Anglia / Wembley [1973]
国籍 ポーランドの旗 ポーランド
生年月日 1948年1月9日(72歳)
出身地 ヴロツワフ
身長・体重 193cm、94kg

 

ポジションはゴールキーパー。

 

利き足は右。

 

愛称は「トメク (Tomek)」、「道化 (the Clown)」、「英国を止めた男 (The Man That Stopped England)」

 

1970年代に活躍したポーランド代表の守護神。

 

1974年の西ドイツ・ワールドカップで3位になり、1976年のモントリオール・オリンピックで銀メダルを獲得。

 

1978年のワールドカップに出場しベストゴールキーパーに選ばれた。

 

経歴

 

クラブ
クラブ 出場 (得点)
1967-1970 ポーランドの旗 シロンスク・ヴロツワフ
1970-1972 ポーランドの旗 レギア・ワルシャワ 19 (0)
1972-1978 ポーランドの旗 ŁKSウッチ 180 (1)
1978-1981 ベルギーの旗 ベールスホット 85 (0)
1981-1982 スペインの旗 エルクレスCF 12 (0)
1982-1984 ポーランドの旗 ŁKSウッチ 4 (0)
代表歴
1971-1981 ポーランドの旗 ポーランド 63 (0)

 

クラブ

 

母国のクラブlksウッチなどで活躍した。

 

またポーランド政府から30歳になるまで海外移籍を禁止されていたが、アルゼンチン大会後にベルギーのKベールスホットVACへ移籍。

 

1981年からはスペインのエルクレスCFへ移籍した。

 

その後、ポーランドへ帰国し1984年に現役引退をした。

 

代表

 

1973年10月17日のFIFAワールドカップ・西ドイツ大会欧州予選、敵地でのイングランド戦では好セーブを連発し、予選突破に貢献。

 

イングランドの本大会出場を阻んだことから「Man That Stopped England」の愛称でも呼ばれた。

 

本大会においても2次リーグのスウェーデン戦と西ドイツ戦でPKを阻止する活躍を見せるなど、同国の3位入賞に貢献し高い評価を得た。

 

1974年西ドイツ・ワールドカップで攻撃陣ではラトー、ガドーハ、デイナといったタレントを揃え3位に入り世界に旋風を巻き起こしたが、そのポーランドの戦術だった、カウンターを最後尾で支えていた。

 

研ぎ澄まされた集中力で、本大会中2本のPKをストップするなど守りの要として大活躍すると同時に、攻撃の面でもトマシェフスキからの正確なロングフィードから、チャンスを迎えるシーンも度々あり攻守の両面でポーランドを支えた。

 

1976年モントリオールオリンピック、1978年のFIFAワールドカップ・アルゼンチン大会も正GKとして出場を果たした。

 

エピソード

Jan Tomaszewski vs England 1973

 

引退後の現在はサッカー解説者として活躍している。

 

プレースタイル

 

今では珍しくなくなったが、1970年代でGKが190センチを超える選手はまだまれだったが、トマシェフスキは193センチの長身を上手く使い空中戦では無敵を誇り、その長身からは想像出来ないほど敏捷性に優れ、ファインセーブを連発した。

 

攻撃の面でもトマシェフスキからの正確なロングフィードでチャンスを迎えるシーンも度々あり攻守の両面でチームを支えた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました