ロベルト・ガドーハ

概略

国籍 ポーランドの旗 ポーランド
生年月日 1946年1月10日(74歳)
出身地 クラクフ
身長 170cm
体重 68kg

 

ポジションはフォワード(左ウイング)、ミッドフィールダー(左サイドハーフ)。

 

利き足は右。

 

1960年代から1970年代にかけて活躍したポーランド代表のウインガー。

 

1972年ミュンヘンオリンピック優勝、1974年のFIFAワールドカップ3位入賞に貢献。

 

70年代のポーランド黄金期の中心選手の一人。

 

経歴

クラブ
クラブ 出場 (得点)
1966-1975 ポーランドの旗 レギア・ワルシャワ 206 (72)
1975-1977 フランスの旗 FCナント 45 (8)
1978 アメリカ合衆国の旗 シカゴ・スティング 12 (1)
代表歴
1967-1975 ポーランドの旗 ポーランド 62 (16)

 

長年、レギア・ワルシャワでプレーを続けたが、ワールドカップ終了後の1975年に海外移籍が認められ、フランスのFCナントへ移籍。

 

その後はアメリカへ渡り北米サッカーリーグのクラブでプレーを続けた。

 

ポーランド代表として1972年ミュンヘンオリンピック優勝、1974年のFIFAワールドカップ3位入賞に貢献するなど国際Aマッチ62試合出場16得点を記録。

 

1972年のミュンヘンオリンピックではカジミエシュ・デイナに次ぐ6得点を記録したが、西ドイツ大会ではチャンスメーカーとして活躍。

 

この大会で同国は2トップシステムを採用したが、グジェゴシュ・ラトーを残し、残りの一枠をガドーハとアンジェイ・シャルマッハが交互にポジションチェンジを行う事で対応した。

 

エピソード

引退後の現在もアメリカに居住している。

 

プレースタイル

 

 

快足を誇るテクニカルなウインガー。

 

スピードで突破することも出来るが、緩急とステップで翻弄した技巧派でもあった。

 

スピードとテクニックともに優れる選手。

 

切れ味鋭いドリブルだけでなく高精度クロスも大きな武器。

 

ドリブルとクロスで左サイドからチャンスを演出する。

 

シュート力があり得点もできる。

 

ガドーハはFWとしての得点能力だけでなく、中盤に下がりチャンスメイクもこなした。

 

フリーキックの精度も高い。

 

また前線からの積極的なディフェンスも厭わない選手であった。

タイトルとURLをコピーしました