ラディスラフ・ノヴァク

概略

生年月日 1931年12月5日
出生地 ロウニ、チェコスロバキア
没年月日 2011年3月21日(79歳)
死亡地 オストジェデク、チェコ共和国
身長・体重 175cm、72kg

 

Ladislav Novak

 

ポジションはディフェンダー(左サイドバック、センターバック)。

 

利き足は左。

 

1950年代から1960年代にかけて活躍したチェコスロバキアのディフェンダー。

 

1962FIFAワールドカップの準優勝に貢献。

 

経歴

 

クラブ
チーム 出場 得点
1952〜1966 デュクラ・プラハ
1966〜1968 リアズ・ヤブロネツ
代表
1952〜1966 チェコスロバキア 75 (1)

 

チェコスロバキアが銀メダルを獲得した1962FIFAワールドカップに参加しました。

 

また、1954年のFIFAワールドカップと1958年のFIFAワールドカップにも参加しました。

 

クラブではノヴァクは主にプラハのデュクラでプレーし、8つのチャンピオンシップタイトルを獲得しました。

 

エピソード

 

現役引退後、監督としてデュクラ・プラハとチェコスロバキア代表チームをコーチしました。

 

1982年にコーチとしてデュクラでチャンピオンシップタイトルを獲得しました。

 

プレースタイル

 

抜群のスタミナを誇り攻守に活躍した。

 

スピードがあり攻守にピッチを駆け回った。

 

センターバックを務められるほどの守備能力と空中戦の強さも持ち合わせていた。

 

キャプテンを務めるほど強い精神力を持ちチームを鼓舞するリーダーでもあった。

タイトルとURLをコピーしました