オスカー・チャールストン

概略

国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 インディアナ州インディアナポリス
生年月日 1896年10月14日
没年月日 1954年10月6日(57歳没)
身長
体重
182.9 cm
86.2 kg

 

ポジションは中堅手(センター)。

 

左投げ左打ち。

 

走・攻・守に優れたニグロリーグのスター選手で、選手・監督として約40年の間ニグロリーグに関わっていた。

 

ニグロリーグ前期に活躍したニグロリーグ史上最高の外野手であり、ジョシュ・ギブソンやサチェル・ペイジらを抑えニグロリーグ史上最高の選手に推す有識者も多数。

 

現役時代の彼のプレーを見た多くの人物が「史上最高の野球選手」と称するだけでなく、残っている数字上だけでも当時トップの成績を残していて、実際に当時のニグロリーグNo.1プレーヤーであった可能性は大。

 

記録・表彰等

 

  • ニグロリーグでの通算打率:.353
  • メジャーリーグとの交流試合成績:53試合、打率.318、11本塁打
  • メジャーリーグベースボール・オールセンチュリー・チームにノミネート(1999年)
  • アメリカ野球殿堂入り:1976年

 

経歴

クラブ
  • インディアナポリス・ABC’s (1915 – 1918)
  • ニューヨーク・リンカーン・スターズ (1915 – 1916)
  • バウザーズ・ABC’s (1916)
  • シカゴ・アメリカン・ジャイアンツ (1919)
  • インディアナポリス・ABC’s (1920)
  • セントルイス・ジャイアンツ (1921)
  • インディアナポリス・ABC’s (1922 – 1923)
  • ハリスバーグ・ジャイアンツ (1924 – 1927)
  • ヒルデール・デイジーズ (1928 – 1929)
  • ホームステッド・グレイズ (1930 – 1931)
  • ピッツバーグ・クロフォーズ (1932 – 1938)
  • トレド・クロフォーズ (1939)
  • インディアナポリス・クロフォーズ (1940)
  • フィラデルフィア・スターズ (1941 – 1944)
  • ブルックリン・ブラウン・ドジャーズ (1945)
  • フィラデルフィア・スターズ (1946 – 1950)
  • インディアナポリス・クラウンズ (1954)

チャールストンは1910年に14歳もしくは15歳でアメリカ陸軍に加わり、フィリピンに派兵された際に野球を始めたという。

 

故郷インディアナポリスに戻った1915年に地元の野球チームに外野手として加わる。

 

彼は持ち前の足の速さを生かし、当時活躍していたトリス・スピーカーばりの極端な前進守備をしいていた。

 

1916年、シカゴ・アメリカン・ジャイアンツとのブラック・ワールドシリーズに出場し、所属していたABC’sをシリーズ制覇に導く活躍をした。

 

当時は優れた走力に加え、攻撃性をむき出しにした走塁スタイルと、短気な性格があいまって、チャールストンのプレーを見た人の多くは、彼をタイ・カッブと比較したという。

 

チームメイトと共に審判へ暴行を加え逮捕されるなど問題も起こしましたが、マニラ時代と同様に二刀流としてプレー。

 

後にリーグ最高の左打者となるチャールストンですが、この時点では10代と若くバッティングはまだ未成熟。

 

そのバッティングよりもセンター守備と俊足を評価される選手でした。

 

その後何チームかを渡り歩いた後、1920年にニグロ・ナショナル・リーグが創設された際、チャールストンはリーグを統率していたルーブ・フォスターの戦力均衡策に従って、シカゴを離れインディアナポリスに復帰する。

 

全盛期のクリストバル・トリエンテと並ぶリーグ最高のバッターへと成長。

 

1921年にはセントルイスに所属し、50試合で79安打、三塁打10、14本塁打、28盗塁、打率.426と、5つの部門でリーグ最高の成績を上げた。

 

1924年、1925年はイースタン・カラード・リーグのハリスバーグの監督兼任選手を勤め、1925年には打率.445でリーグ首位打者となり、チームをリーグ2位まで押し上げた。

 

データによると1920年代において1921年、24年、25年、28年の4シーズンで所属リーグNo.1の打撃成績を残しており、1929年以外の9シーズンでOPS+リーグ5位内を記録。

 

加えて盗塁数も毎年リーグ上位の数字を記録するなど、1920年代ニグロリーグ最高のオールラウンダーであったことは確か。

 

恐らくMLBを含めても1920年代野手の中でベーブ・ルース、ロジャース・ホーンスビーと共に三本指に入る選手だったはず。

 

とりわけチャールストンのベストシーズンと呼ばれる1921年には打率、本塁打、二塁打、三塁打、盗塁の全てでリーグトップとなり、セントルイス・カージナルス(1921年は87勝66敗)との交流戦では計5試合で5本塁打、打率.458を記録したとのこと。

 

また、この頃はニグロリーグだけでなく毎年のようにキューバリーグでもプレーしていました。

 

1930年にはスモーキー・ジョー・ウィリアムズ、ジュディ・ジョンソン、ジョシュ・ギブソンらが所属するホームステッド・グレイズの一員となる。

 

この年から加齢と体重増加によりファーストへコンバート。

 

脚力低下に伴い盗塁数も減少し、打撃成績もトップ3クラスからトップ10クラスまで下落。

 

かつてはニグロリーグの最高給取りのスーパースターだったチャールストンはその座をサチェル・ペイジやジョシュ・ギブソンに譲り、段々と若手スターの指南役・監督業へと立場をシフトさせていきます。

 

1932年にチーム所有者の意向で、チャールストンはピッツバーグ・クロフォーズに移籍させられることになった。

 

サチェル・ペイジやクール・パパ・ベルも加えた伝説の球団ピッツバーグ・クロフォーズにおいて5シーズンにわたって選手兼任監督を務め、ニグロリーグのオールスターゲームにも毎年のように選出されるなど存在感を発揮。

 

ピッツバーグには1938年まで在籍し、1933年~1935年にはニグロリーグの東西オールスター戦に3年連続で出場、また監督としても1935年にクロフォーズをニグロ・ナショナル・リーグ制覇に導いている。

 

エピソード

 

1940年代以降は主にフィラデルフィア・スターズの監督として過ごしたが、その傍らで、1945年にブランチ・リッキーが整備したマイナーリーグのスカウトとしても働いていた。

 

1954年10月に、インディアナポリス・クラウンズの監督在任中に脳卒中で倒れ死去。

 

1976年にニグロリーグ特別委員会によりアメリカ野球殿堂入り。

 

人物

 

KKKなどの人種差別主義者と真っ向から対峙するなど度胸と攻撃性を兼ね備えた人物。

 

かつては攻撃的な性格ばかりを取り上げられて性格に何のある人物と称されることも多かったわけですが、キャリア後半は選手兼任監督を務めたことで丸くなりリーダーシップも発揮していたとのこと。

 

当時の選手では非常に珍しいことにタバコも酒もやらず、引退後も他の黒人スター選手のように身を亡ぼすことはありませんでした。

 

プレースタイル

 

走・攻・守に優れたプレイヤー。

 

がっちりとしたパワー型の体型からは信じられないような俊敏性を見せた身体能力の塊。

 

チャールストンのプレーを見た誰もが認めるほどの超一流のヒッティング、パワー、走塁、センター守備を兼ね備えたまさしく20世紀前半のウィリー・メイズですが、肩の強さだけに関しては強肩との意見が多数を占めるもののイマイチだったという意見も。

 

走塁判断や守備判断など身体能力だけでなく野球IQの高さも伝えられており、長年監督を務めたことから馬鹿な選手でなかったのは確か。

 

盗塁数も毎年リーグ上位の数字を記録するなど走力に関しては天性のものがある。

 

守備能力も高く、デビュー当初は守備と走塁の選手として評価が高かった。

 

またバッティングに関しては10代のうちはまだまだだったが、メキメキと力をつけ20代でリーグ最高のバッターへと成長。

 

走・攻・守に優れたプレイヤーへと成長し球史に残るプレイヤーとなった。

 

評価

 

走攻守に優れたセンターとしてベーブ・ルースなどよりはタイ・カッブやトリス・スピーカーと比較されることの多い選手。

 

彼のプレーを見た多くの人物がチャールストンがカッブやスピーカー(時にはルース)よりも優れた選手だったと証言しており、例えば20世紀前半のMLB最大の名監督ジョン・マグローはチャールストンを史上最高の選手と称しています。(実はマグローの話に明確なソースはありませんが。)

 

ニグロリーグにも詳しいビル・ジェームズの歴代選手ランキングではルース、ホーナス・ワグナー、ウィリー・メイズに次ぐ第4位、ESPNのデビッド・シェーンフィールドによるニグロリーグ歴代選手ランキングではサチェル・ペイジに次ぐ第2位にランクイン。

タイトルとURLをコピーしました