カール・ヤストレムスキー

概略

[MLB]メジャー最低打率首位打者カール・ヤストレムスキー全ストーリー
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニューヨーク州サウサンプトン
生年月日 1939年8月22日(81歳)
身長
体重
180.3 cm
79.4 kg

ポジションは左翼手(レフト)。

 

右投げ左打ち。

 

地元ファンからは「ヤズ」と呼ばれ、愛されました。

 

23年間の現役時代すべてをボストン・レッドソックスに所属。

 

1967年に三冠王を達成。

 

それ以来2012年にミゲル・カブレラが三冠王を獲得するまで45年間三冠王は現れず「最後の三冠王」と呼ばれていた。

 

2019年よりサンフランシスコ・ジャイアンツでプレーするマイク・ヤストレムスキーは孫。

 

タイトル

  • 首位打者:3回(1963年、1967年、1968年)
  • 本塁打王:1回(1967年)
  • 打点王:1回(1967年)

 

表彰

 

  • シーズンMVP:1回(1967年)
  • ゴールドグラブ賞:7回(1963年、1965年、1967年 – 1969年、1971年、1973年)
  • ハッチ賞:1回(1967年)
  • 三冠王:1回(1967年)
  • MLBオールスターゲーム選出:18回(1963年、1965年 – 1979年、1982年、1983年)
  • MLBオールスターゲームMVP:1回(1970年)
  • 同一球団所属年数:23(ブルックス・ロビンソンと並び歴代最長タイ記録)
  • アメリカ野球殿堂:1989年

 

経歴

Carl Yastrzemski Career Highlights
クラブ
  • ボストン・レッドソックス (1961 – 1983)

スター選手が並ぶヤンキースでは出場機会も少ないのではないかと考えるほか、ヤンキースのクラブハウスに招かれた時に相手にされなかった一幕もあり、ライバルであるボストン・レッドソックスへ入団した。

 

1961年に左翼手としてメジャーリーグ初出場を果たす。

 

このポジションは前年引退した大先輩であるテッド・ウィリアムズが守っていたポジションだった。

 

1963年に打率.321で首位打者。

 

1967年には打率.326、44本塁打、121打点で三冠王を獲得。

 

1967年のレッドソックスは前年のアメリカン・リーグ9位から一気に1位に躍り出ることに成功し、「インポッシブル・ドリーム」と称された。

 

しかしワールドシリーズではセントルイス・カージナルスに3勝4敗で敗れ、1918年以来のシリーズ制覇はならなかった。

 

1968年には打率.301で、メジャーリーグ史上最も低い打率での首位打者となる。

 

タイトルを獲得できなかったシーズンでも、多くの部門で常に上位につける確実な活躍を見せつづけた。

 

1975年に再びワールドシリーズに駒を進めるが、シンシナティ・レッズの前に再び3勝4敗で敗れる。

 

1983年に現役引退。

 

エピソード

 

Yaz: Legendary Moments

 

1939年ニューヨーク州のポーランド系の家庭で産まれたヤストレムスキー。

 

実家はポテト農場。

 

子供時代は当然のようにヤンキースファンで、ヤンキースでプレイする事を夢見ていました。

しかしスター軍団のヤンキースへの入団は叶わず、永遠のライバル、ボストン・レッドソックスへ入団しました。

1960年に打撃の神様「テッド・ウイリアムズ」が引退し、まさに入れ替わりとして1961年にボストンへ入団という形となりました。

 

1年目1961年からテッド・ウイリアムズの後釜として、ボストンのレフトを守り、3年目には321で初の首位打者を獲得しました。

チームは1966年に10チーム中9位に終わりましたが、翌1967年にはホワイトソックス、タイガース、ツインズ、レッドソックスの4チームで史上まれに見る大接戦となりましたが、ツインズとの最終2戦で8打数7安打と打ちまくったヤストレムスキーの活躍で、レッドソックスが21年ぶりにリーグ優勝を飾りました。

ワールドシリーズではボブ・ギブソン投手を擁するセントルイス・カージナルスと対戦し、ヤストレムスキー自身は25打数10安打・打率.400・3本塁打の大活躍でしたが、惜しくも3勝4敗で破れました。

ワールドシリーズでは敗れましたが、この1967年に、打率.326・44本塁打・121打点で、1966年フランク・ロビンソンに次ぐ歴代11人目(ロジャース・ホーンスビー/テッド・ウイリアムズは2度(1901年以降))の3冠王に輝き、当然MVPも受賞しました。

翌1968年は史上初の2割台の首位打者誕生かと騒がれるほど投手有利の年で、唯一3割を打った(.301)ヤストレムスキーが3度目の首位打者に輝きました。

また守備でも7度のゴールドグラブを獲得。

デビュー以来20年連続100安打以上はもちろんメジャー記録で、1981年はストの為91試合で83安打と100安打を切りましたが、メジャー23年間で100安打を切ったのはこの年だけと悔やまれます。

 

ボストン一筋23年で「3308試合出場」はピート・ローズの「3562試合出場」に次ぐメジャー史上2位の記録で、1チームでの試合出場としては当然メジャー記録です。

1967年にヤストレムスキーが3冠王に輝いて以降3冠王はなかなか現れませんでしたが、2012年、ミゲル・カブレラ(タイガース)が45年ぶりに3冠王を獲得しました。

 

引退後

1989年に有資格1年目でアメリカ野球殿堂入り。

 

同年8月6日、殿堂入りを記念してヤストレムスキーの背番号『8』はレッドソックスの永久欠番に指定された。

 

2012年、デトロイト・タイガースのミゲル・カブレラが45年ぶりに三冠王を達成し、カブレラについて「チームを地区優勝に導く中で達成したことを祝福したい。私もリーグ優勝したレッドソックスの一員として達成できて、幸せだった」と話し、祝福した。

 

プレースタイル

 

The Carl Yastrzemski Story: Part 1 | Red Sox Bios
The Carl Yastrzemski Story: Part 2 | Red Sox Bios

 

40歳を越えても懸命なトレーニングを行うなどして、現役生活は1983年まで、実働23年に及んだ。

 

オールスター出場18回を記録。

 

左翼手としての守備も高く評価され、ゴールドグラブ賞にも7回選出されている。

 

ヤズと言えばレフトでゴールドグラブ賞7度という守備の名手です。

当時は現在のように3ポジションに分けての選出ではないですからね。

センターやライトほど守備の重要性が高くないと見られるレフトで7度受賞は凄いことです。

 

69年のオールスターではジョニー・ベンチの打球をスパイダーマンキャッチしているようです。

 

首位打者は3度ですが、1度は史上最低打率.301での受賞です。

40本塁打以上は3度ありますが、30本台のシーズンはなく、派手さはなくとも長く安定して活躍した選手ですね。

 

通算打率.285に対して出塁率は.379と高くなっています。

通算三振1393に対して四球が1845で、65年から引退の83年まで三振より四球が多いシーズンを続けています。

 

三冠王になった67年当時のレッドソックスは低迷していた時期です。

優勝候補ですらない状況から優勝に導いたことも、ヤズの偉業がさらに価値あるものになっているわけですね。

 

通算成績は3308試合出場(歴代2位、ア・リーグ記録)、3419安打(歴代6位)、452本塁打、1844打点、打率.285、1845四球(歴代6位)。

 

引退した1983年当時では、アメリカン・リーグの在籍のみで3000本安打と400本塁打を記録した唯一の選手となる(2017年現在ではカル・リプケンとアレックス・ロドリゲスもこの記録を達成している)。

 

通算安打数のベスト10の選手の中で、1シーズン200安打を1度も達成したことがないのは彼のみである。

タイトルとURLをコピーしました