エディ・マシューズ

概略

Eddie Mathews – Baseball Hall of Fame Biographies
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 Flag of the United States.svg テキサス州テクサーカナ
生年月日 1931年10月13日
没年月日 2001年2月18日(69歳没)
身長
体重
185.4 cm
90.7 kg

 

ポジションは三塁手(サード)。

 

右投げ左打ち。

 

メジャー史上屈指の強打者であり、通算512本塁打は後にマイク・シュミットに破られるまで三塁手としての最多記録であった。

 

ハンク・アーロンと共にブレーブスの主砲として活躍した。

 

タイトル

  • 本塁打王 2回:1953年、1959年

表彰

  • アメリカ野球殿堂:1978年

記録

  • MLBオールスターゲーム選出:9回(1953年、1955年~1962年)

 

経歴

クラブ
  • ボストン・ブレーブス
    ミルウォーキー・ブレーブス
    アトランタ・ブレーブス (1952 – 1966)
  • ヒューストン・アストロズ (1967)
  • デトロイト・タイガース (1967 – 1968)

 

1949年、高校卒業と同時にボストン・ブレーブスと契約。

 

このときいくつかの球団から誘いがあり、最も好条件を提示したのはブルックリン・ドジャースだったが、マイナーリーグで経験を積むことを選びブレーブスに入団している。

 

1952年にメジャー昇格を果たすと25本塁打を記録し、翌1953年には47本塁打を放ちナショナルリーグ本塁打王に輝く。

 

1954年40本、1955年41本と3年連続で40本塁打を記録すると、以後1961年まで9年連続で30本塁打以上というナ・リーグ記録をマーク(後にマイク・シュミットが並ぶ)。

 

ハンク・アーロンと共にブレーブスの主砲として活躍した。

 

マシューズとアーロンがブレーブスで共にプレーした13年、二人が放った本塁打は合計863本に上る。

 

1957年にははじめてワールドシリーズに出場すると、第4戦でサヨナラ本塁打を放つなどブレーブスの世界一に貢献した。

 

1959年に47本塁打を放ち、自身2度目となる本塁打王を獲得。

 

1962年に肩を痛めてから成績は下降線を描き、1967年にはヒューストン・アストロズに移籍。

 

そのシーズン途中にデトロイト・タイガースに移籍した。

 

翌1968年も引き続きタイガースでプレーするが衰えは隠せず、この年限りで現役を引退した。

 

エピソード

 

引退後

 

引退の翌1969年に古巣ブレーブスはマシューズのブレーブス在籍時の背番号『41』を永久欠番に指定した。

 

1970年にブレーブスのコーチに就任すると、1972年途中からは監督に就任。

 

1974年まで務めたが、この1974年に後輩・アーロンの715号本塁打達成を目の当たりにしている。

 

その後もオークランド・アスレチックス傘下のファームチームでもコーチを歴任した。

 

1978年にアメリカ野球殿堂入りを果たす。

 

2001年、肺炎の合併症により、カリフォルニア州ラホヤで69歳で死去した。

 

プレースタイル

 

通算512本塁打の強打者。

 

エディ・マシューズ選手のシャープなスイングは球聖タイ・カップが「完璧」と言うほど素晴らしいものだった。

 

1954年、ブレーブスにハンク・アーロン選手が入団するとルースとゲーリックのコンビを上回る数のアベック・ホームランを量産した。

タイトルとURLをコピーしました