バック・レナード

概略

国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ノースカロライナ州ロッキーマウント
生年月日 1907年9月8日
没年月日 1997年11月27日(90歳没)
身長
体重
177.8 cm
86.2 kg

 

ポジションは一塁手(ファースト)。

 

左投げ左打ち。

 

『黒いルー・ゲーリッグ』と呼ばれたグレイズの強打者だった。

 

プロ入りは25歳と遅かったですが、1934年から15年間、ニグロリーグの名門ホームステッド・グレイズの主力として活躍。

 

37年からは「黒いベーブ・ルース」ことニグロリーグ最強打者のジョシュ・ギブソンと強力デュオを結成し、「黒いルー・ゲーリッグ」を襲名。

 

45年までニグロ・ナショナル・リーグの9連覇に貢献しました。

 

ニグロリーグでは本塁打王2回、首位打者3回を獲得し、通算打率.328をマーク。

 

守備もジョージ・シスラーに匹敵するほど巧さだったとされます。

 

表彰

 

・アメリカ野球殿堂:1972年

 

経歴

クラブ
  • ブルックリン・ロイヤル・ジャイアンツ(1933年)
  • ホームステッド・グレイズ(1934-1950年)

 

野球を始めたのは1933年で、この年ブルックリンのロイヤルジャイアンツに入団。

 

翌1934年にホームステッド・グレイズに移籍する。

 

グレイズは1937年から1945年代にかけてニグロ・ナショナルリーグを9連覇したチームで、レナードは当時グレイズに所属していたジョシュ・ギブソンとともに長打を量産し、毎年のように本塁打のタイトルを争っていたという。

 

1940年には打率.383、また1948年には40歳で打率.395、42本塁打を打ったという記録が残っている。

 

また一塁手としての守備の上手さはニグロリーグの中でも抜きん出ており、しばしばジョージ・シスラーと比較されるほどであったという。

 

1950年までグレイズの選手として出場した後は、マイナーリーグを経て1955年までメキシコでプレーを続けていた。

 

エピソード

 

父親が、鉄道のボイラーマンをしていた事もあってか、小さい頃は、駅で靴磨きしていたというレナード。

 

1933年、世界恐慌の際、この時働いていた駅の売店の仕事を失い、25歳でブルックリン・ロイヤル・ジャイアンツと契約を交わしたが、翌34年、彼のレナードのプレーに惚れ込んだスモーキー・ジョー・ウィリアムスの紹介でホームステッド・グレイズへ移籍。

 

ファンからは絶大な人気を誇り、オールスターには12回出場。

 

メジャーリーグオールスターとの対戦にも8試合プレーし、打率.500の大活躍。

 

ニグロリーグ側の勝利におおいに貢献し、当時、メジャーのコミッショナーだった悪名高きケネソー・ラウンディスをして「もう、あいつらとは試合をしない」と言わしめた。

 

ニグロリーグのシーズンオフにはプエルトリコ、キューバ、ベネズエラでもプレーしていた。

 

1952年、44歳のレナードに、ブラウンズのオーナーだったビル・ヴェックが声をかけた。

 

メジャーでプレーする夢は当然持っていたレナードだったが「俺が入団する事で、多くの人に迷惑がかかる。 まだまだこれからの若い選手だって一杯いるんだしな」とブラウンズ入りを固辞したという。

 

選手を引退した後は、故郷のロッキーマウントでマイナーリーグチームの副代表となり、地元の体育指導員などを勤めていた。

 

1972年にニグロリーグ特別委員会によりアメリカ野球殿堂入り。

 

1994年にグレイズ発祥の地であるピッツバーグでMLBオールスターゲームが開催された際、80歳を過ぎていたレナードが名誉キャプテンとして招待され、グレイズのユニフォーム姿で登場した。

 

1997年にノースカロライナ州で死去。

 

プレースタイル

 

ホームステッド・グレイズで強打のレナードは、同じく強打のギブソンとパワーデュオを結成、その豪打ぶりは多くの対戦相手を震え上がらせた。

 

一塁の守備も超一流、なめらかなグラブ捌きと、バント処理の上手さには定評があり、かのジョージ・シスラーと比肩すると言われる一方、当時のメジャーリーガにも、彼以上の守備力を持った一塁手はいなかったとも言われている。

タイトルとURLをコピーしました