エドゥアルド・ストレリツォフ

概略

Eduard Streltsov, The Russian Pelé | Goals, Skills & Assists
国籍 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
生年月日 1937年7月21日
出身地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦、モスクワ
没年月日 1990年7月22日(53歳没)
身長・体重 180cm、75kg

 

Eduard Streltsov

 

ポジションはフォワード(セカンドトップ、センターフォワード)、ミッドフィールダー(オフェンシブハーフ)。

 

利き足は左。

 

「ロシアのペレ」と呼ばれる。

 

FIFAワールドカップ出場がないこともあり国際的知名度は高くないが、1950年代から1960年代にかけてのソ連を代表する伝説的FW。

 

ソビエト史上最高の選手と評されている。

 

トルペドの一員として、1965年にソ連チャンピオンになり、1968年にはソ連カップを獲得した。

 

ソビエト代表チームでは、1956年にはオリンピックの金メダルを獲得しました。

 

1957年、1967年にソビエト連邦のスポーツマスターに選ばれ、週刊誌「Football」でソビエト連邦の年間最優秀サッカー選手に2度選ばれた(1967年、1968年)。

 

1957年、フランス・フットボール・ゴールデン・ボールの候補者の中で7位にランクイン。

 

ペレと比較されるほどの選手だった。

 

しかし、ワールドカップ開幕前の1958年、20歳の少女を強姦した容疑で逮捕されたことで、彼のキャリアは台無しになってしまった。

 

ストレツトソフは有罪となり、12年の懲役を言い渡された。

 

5年後には釈放され、トルペドでプレイを続けていたが、以前のような輝きはなく、1970年にキャリアを終えた。

 

現在、ストレルツォフの名前はモスクワ・トルピード・スタジアムに付けられている。

 

獲得タイトル

 

トルペド・モスクワ

  • ソビエトトップリーグ:1965
  • ソビエトカップ:1968
準優勝
  • ソビエトトップリーグ:1957
  • ソビエトカップ:1966

代表

  • 1955–68:38キャップ、25ゴール
  • 夏季オリンピックの金メダル:1956

個人

  • ソビエト年間最優秀サッカー選手:1967年、 1968年
  • ソビエトトップリーグ得点王:1955年(22試合から15ゴール)
  • バロンドール:13位(1956年)、7位(1957年)

 

経歴

Streltsov (Стрельцов) trailer
クラブ
クラブ 出場 (得点)
1953-1958 ソビエト連邦の旗 トルペド・モスクワ 89 (48)
1965-1970 ソビエト連邦の旗 トルペド・モスクワ 133 (51)
代表歴
1955-1958 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 21 (18)
1966-1968 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 17 (7)

 

1953年にトルペド・モスクワのユースチームに加入し、1954年に17歳でソ連リーグデビューを果たす。

 

トルペドではワレンチン・イワノフ(1962年W杯チリ大会得点王)と強力な2トップを組んだ。

 

1955年に15ゴールを挙げて得点王に輝く。

 

1965年にソ連チャンピオンになり、1968年にはソ連カップを獲得した。

 

ソ連代表に初招集されたのは1955年。

 

デビュー戦のスウェーデン戦でいきなりハットトリックを挙げて、ソ連は6-0で快勝した。

 

1956年のメルボルンオリンピックでは4試合出場2ゴールで金メダル獲得に貢献した。

 

順調だった彼の人生は1958年に大きく変わる。

 

W杯スウェーデン大会初戦が2週間に迫った時期に、ストレリツォフはレイプ事件の加害者として起訴された。

 

自白すればW杯に間に合うという甘い囁きもあったが、現実にはそうはならなかった。

 

結局、エースを失ったソ連は準々決勝で開催国スウェーデンに敗れた。

 

有罪判決を受けたストレリツォフは強制労働所に送られ、サッカー選手としての最盛期を無為に過ごした。

 

しかしこの事件の真相には疑わしい部分が多く、当局により仕組まれた罠との見方が支配的である。

 

彼がKGB系のディナモ・モスクワや赤軍系のCSKAモスクワへの移籍を拒否したため、または彼の奔放で無軌道な振る舞いを潔癖主義の当局が嫌ったため、または政府要人のエカチェリーナ・フルツェワの娘を公の場で侮辱する発言を行ったためなど、原因には諸説がある。

 

1963年にモスクワに帰還。

 

当初はトルペドの母体である自動車工場のアマチュアチームでプレイしていたが、1965年にトルペドに戻り、同年のソ連リーグで優勝した。

 

ブランクを経て、プレイスタイルは以前のストライカーからプレイメーカーへと変わっていたものの、その才能の輝きは変わらなかった。

 

1966年に再び代表に招集され、1967年と1968年にはソ連年間最優秀選手賞を受賞した。

 

1970年に負傷のため引退した。

 

エピソード

 

キャリアを終えたストレリツォフは、身体文化研究所に入学し、コーチングを学んだ。

 

彼は、トルペド・モスクワの子供チームのコーチとしてすでに仕事を続け、しばらくクラブのヘッドコーチとして働いた後、1982年にユースの仕事に戻った。

 

彼は何度かクラブのベテランの試合に出場したが、その中にはチェルノブイリの近くの試合も含まれていた。

 

スタジアムの地元住民は1964年のスキャンダルを繰り返しそうになり、ストレリツォフをピッチに連れてくるよう要求し、すべてを吹き飛ばすと脅した。

 

ストレリツォフは最期まで、自分は無実であり、別の人間が刑務所に入るべきだったと、家族や友人に断言していた。

 

晩年、エドゥアルド・ストレリツォフは、当初は肺炎の治療を受けていましたが、肺がんと診断されました。

 

疲れ果てたストレリツォフは、カシルスコエ・ショセにある腫瘍センターの別棟に寝かされ、鎮痛剤の注射も拒否された。

 

ストレリツォフのベッドサイドには、ほとんどの時間、妻のライサがいた。

 

彼はレフ・ヤシンの葬儀(1990年3月)に力ずくで参列し、儀仗兵に立ち、そして「もうすぐ旦那がいなくなる」と宣言した。

 

7月21日には体調を崩し、モスクワでは「ストレリツォフが死んだ」と噂されたほどだ。

 

スタジアム「ディナモ」では、誕生日が発表された後、観客が立ち上がって、まだ意識のあるストレリツォフに敬意を表した。

 

その日、ストレリツォフは同僚たちと最後のミーティングを行った。

 

ミハイル・ゲルシュコビッチとヴャチェスラフ・ソロヴィヨフが、彼の誕生日を祝うために腫瘍センターを訪れたのだ。

 

1990年7月21日から22日の夜、エドゥアルド・ストレリツォフが亡くなった。

 

告別式に出席した最初の妻は、ストレリツォフが不適切な食事と劣悪な環境のために、刑務所にいる間に癌を発症したと考えていた。

 

ヴァガンコフスキー墓地に埋葬された。

 

1997年、目撃者によると、レイプ容疑で彼を告発したマリーナ・レベデワは、彼の墓に花を供えたという。

 

2001年には、刑事事件を見直し、ストレルトゾフを完全に更生させるために、ストレリツォフ委員会が設立された。

 

委員会の議長であるチェスの世界チャンピオン、アナトリー・カルポフは、この判決によってストレリツォフのキャリアが台無しになったと述べた。

 

特にジャーナリストのエドゥアルド・マクシモフスキーは、RSFSRの刑事訴訟法第384条第4項に基づき、新たに発見された有罪者の無実を証明する証拠に関連して、ストレリツォフは無罪になるべきだと述べた。

 

文化人やスポーツ選手、政治家などから多くの要望が寄せられたにもかかわらず、1958年の刑事事件は見直されることなく、現在も評決が有効になっている。

 

そして現在も、彼の潔白を主張する人々によって、不名誉なレイプ事件の見直しを求める活動が続けられている。

 

彼の功績を称えて、トルペド・スタジアムはエドゥアルド・ストレリツォフ・スタジアムに改称された。

 

今日のロシアでは、彼が得意としていた踵によるパスそのものが「ストレリツォフ」と呼ばれる。

 

トルペド・スタジアムの正面玄関には、1999年に彫刻家アレクサンドル・タラセンコによって作られたストレルツォフの記念碑が除幕され、1998年にはロシアの優秀なアスリートの路地に別の像が置かれた。

 

1997年、ロシアサッカー連盟は、この年から国内で最も優れたサッカー選手に、エドゥアルド・ストレリツォフにちなんだ「ロシア・フットボール・アワード・ストレリツォフ」を毎年授与することを発表しました。

 

同賞は2003年まで開催された。

 

2006年には,1956年のオリンピックサッカーチャンピオンであるアレクセイ・パラモノフ氏の主導により,決勝戦に出場しなかった選手のためのオリンピック金メダルのバッチが,ある造幣局で製造されました。

 

エドアルド・ストレリツォフは死後にこの金メダルを授与された。

 

2009年12月28日、ロシア銀行は、ストレリツォフに捧げる「Outstanding Athletes of Russia」シリーズの額面2ルーブルの記念銀貨の発行を発表しました。

 

純度925の純銀製で、重さは15.5g(1/2オンス)です。

 

発行日にもかかわらず、コインには「2010」の文字が入っています。

 

同じ特徴を持つレフ・ヤーシンとコンスタンチン・ベスコフに捧げられたコインも発行された。

 

2015年12月9日、ロシアポストは2018年FIFAワールドカップのために特別にソビエトのサッカー界のレジェンドに捧げた切手の発行を開始し、1年後の2016年12月26日には特別冊子「Legends of Football」に収録された。

 

最初の7枚の切手の中には、エドゥアルド・ストレリツォフを描いた切手も含まれていた。

 

プレースタイル

 

ロシアのペレと言われるとおり高いテクニックをもった選手だった。

 

エレガントなファーストタッチと高度なドリブルテクニックを武器に敵陣を切り裂いた。

 

高い決定力を有しておりスコアラーとしても優秀だった。

 

ボールへのファーストタッチ、フィールドでの思考能力が高くアレクサンダー・ニリンはストレリツォフを「不思議の国から来た男」と呼んだ。

 

彼の高い技術と新しいプレースタイルは、他の選手の中でも際立っており、彼の得意としたヒールパスは「ストレリツォフパス」と呼ばれた。

 

ピッチを見渡す優れた視野とパスの技術も優れており、必要に応じてほぼあらゆる方向の味方に正確なパスを出すことができる。

 

トレードマークのテクニック「ヒールパス」により、ストレリツォフはストライカーでありながらディスパッチャーでもある万能型ストライカーになった。

 

ストレリツォフは、キャリアの初期において、卓越したフィジカルパワーと高いスピードを特徴としていた。

 

晩年は、攻撃の起点となり展開する攻撃的MFの役割を果たした。

タイトルとURLをコピーしました