リナト・ダサエフ

概略

Rinat Dasaev, The Iron Curtain [Best Saves]
国籍 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
ロシアの旗 ロシア
生年月日 1957年6月13日(63歳)
出身地 アストラハン
身長 189cm
体重 82kg

 

Rinat Dasaev

 

ポジションはゴールキーパー。

 

利き足は右。

 

1980年代のソ連と世界を代表するゴールキーパーである。

 

スパルタク・モスクワの守護神として活躍した。

 

ソ連が生んだレフ・ヤシン以来となる世界的GK。

 

獲得タイトル

代表

  • モスクワオリンピック 銅メダル

クラブ

  • ソビエト連邦リーグ:2回 (1979, 1987)

個人

  • IFFHS選定世界最優秀GK:1回 (1986)
  • ソ連最優秀GK:6回 (1980, 1982, 1983, 1985, 1987, 1988)

 

経歴

RINAT DASAEV BEST SAVES
クラブ
クラブ 出場 (得点)
1976-1977 ソビエト連邦の旗 ボルガ・アストラハン 26 (0)
1977-1988 ソビエト連邦の旗 スパルタク・モスクワ 335 (0)
1988-1991 スペインの旗 セビージャ 59 (0)
代表歴
1979-1990 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 91 (0)

 

クラブ

 

アストラハンでサッカーのキャリアをスタートさせ、1975年にはヴォルガで活躍しました。

 

ダサエフは、1975年8月5日、グロズヌイで行われたヴォルガのアウェイゲーム、対テレク戦で初めて試合に出場した。

 

グロズヌイを本拠地とするこのチームは、その年のグループリーダーの一つであったがヴォルガは絶好調で、2-0で勝利した。

 

1975年8月7日、ダサエフは再びディナモ・スタブロポールとの試合に出場したが、半月板を損傷して欠場した。

 

この試合でアストラカン側は0-1で敗れた。

 

ダサエフがチームの真のリーダーとなったのは1976年、40試合中26試合と半分以上に出場し、主力GKユーリー・マコフを追い出したときだった。

 

1977年には、アストラハンの主力チームで31試合中30試合に出場するなど、かけがえのない存在となっていた。

 

1977年9月11日、ダサエフは58回目となるヴォルガのユニフォームを着て、ソ連サッカー選手権1部リーグで戦いモスクワのスパルタクに行った。

 

スパルタクでは、ヴォルガのヘッドコーチであるフェドル・ノビコフの推薦を受け、彼自身も1978年にモスクワのチームのコーチングスタッフに加わった。

 

スパルタクでは、経験豊富なアレクサンダー・プロホロフとポジションを争っていたが、ダサエフは長い間、ゴールを任せられなかった。

 

スパルタクでの初試合は、ボロシロフグラードのゾリャ戦で行われ、ゴールを決めた。

 

その後、スパルタクはロコモティフとの試合に勝利し、ダサエフはミスをしなかった。

 

スパルタクでのプレーをきっかけに、自分のプレースタイルを確立していきました。

 

コーチたちは、ダサエフのプレイの特徴として、足を前に出してボールに飛びつくことを挙げた。

 

ダサエフは、ソ連の名誉スポーツマスターであり、ソ連のゴールキーパーであり、後にソ連のスポーツジャーナリズムの巨匠の一人となったウラジミール・マスラチェンコから、何度もこのことを批判された。

 

ソビエトの古典的なGK学校の生徒だったウラジミール・マスラチェンコは、GKは手だけを前に出してストライカーの足元でボールにダッシュしなければならないと主張した。

 

一方、ダサエフは、このテクニックを使うのは、足を使ったほうが早くボールに到達できると判断したときだけだと述べている。

 

1979年から1988年まではスパルタク・モスクワのメインゴールキーパー、1979年から1990年まではソビエト連邦代表チームのゴールキーパーを務めた。

 

スパルタク・モスクワの一員として、1979年と1987年の2回、ソ連チャンピオンになった。

 

1980年、1981年、1983年、1984年、1985年のソビエトリーグ準優勝。

 

1982年と1986年に最高位のリーグ・オブ・ユニオン・チャンピオンシップで銅メダルを獲得。

 

ソビエト連邦の主要スポーツサッカー版である週刊誌「フットボール・ホッケー」の投票によると、1982年のソビエト連邦の最優秀サッカー選手となり、1988年には「世界最優秀ゴールキーパー」という国際的なトロフィーを初めて手にしました。

 

オゴニョク誌のベストゴールキーパー賞を1980年、1982年、1983年、1985年、1987年、1988年の6回受賞し、ソビエトサッカーのゴールキーパーとしては史上最高の記録を打ち立てた。

 

スパルタクでのキャリアにおいて、彼は10年連続でソビエト連邦のベスト33サッカー選手のリストに含まれていた。

 

1979年、1980年、1981年、1982年、1983年、1985年、1986年、1987年、1988年の9回、1位を獲得しています。

 

1984年には、ソ連チャンピオンとなったレニングラード “ゼニス “のゴールキーパー、ミハイル・ビリュコフが第1位となり、第2位となった。

 

ペレストロイカの影響で選手の国外移籍が解禁になると1988-89シーズンにスペインのセビージャFCへ移籍。

 

スパルタクはセビージャで1対2の親善試合を行い、ダサエフは前半をムスコビッツ、後半をセビージャでプレーした。

 

しかし、新天地での適応は容易ではなかった。

 

わずか3週間後、ダサエフはソ連に戻ったほうがいいと考え、セビージャの会長にその意向を伝えた。

 

翌日、クラブの代表者たちが彼の家を訪れ、ダサエフにチームに残るように説得した。

 

その後、ダサエフは、彼らが自分のことを信じてくれていて、自分に去ってほしくないと思っていることを理解した。

 

ファンは逆に、ダサエフのいるセビージャがスペインチャンピオンになるのを待っていたのである。

 

ダサエフの登場により、セビージャは良いプレーをするようになったが、1989/1990シーズンのUEFAカップへの出場権を獲得したのが最大の成果だった。

 

新シーズン、ダサエフは怪我をして手術をすることになった。

 

この時、彼の代わりにバルセロナの若いGKフアン・カルロス・ウンスーが入ったが、彼はチャンピオンシップの試合で活躍した。

 

回復したダサエフにはブラジルへの移籍のオファーがあったが、契約内容に納得できずに断った。

 

その結果、ダサエフは仕事がなくなってしまった。

 

モスクワに戻ろうと思ったが、友人に電話したところ、「できれば当分の間、スペインにいたほうがいい」とアドバイスされた。

 

この後、引退する。

 

代表

 

ソ連代表には1979年に代表デビューを果たすと、1982年、1986年、1990年と3度のワールドカップに出場する。

 

1980年のモスクワオリンピックでは3位に貢献した。

 

二次リーグ敗退に終わった1982 FIFAワールドカップでは全試合にフル出場し、一次リーグで4失点するも、二次リーグは2試合とも無失点に抑え、MVP投票ではキーパーとして最高の8位に入った。

 

1988年の欧州選手権ではヤシンを擁した1960年のソ連代表と同じく決勝戦まで勝ち進む。

 

決勝のオランダ戦でマルコ・ファン・バステンのスーパーゴールにより敗れ去ったが、ダサエフは実力を遺憾なく発揮。

 

準優勝に貢献する。

 

代表では引退までに97試合に出場している。

 

これはオレグ・ブロヒンの最多出場記録に次ぐものである。

 

エピソード

Rinat Dasayev HD

2004年にFIFA100(ペレが選ぶ偉大なサッカー選手100人)に選出されている。

 

バロンドール投票では1982年~1983年に2年連続6位を記録し(1983年は同じくキーパーのジャン=マリー・プファフとの同点)、それを含めてキーパーとしての最高位を4度経験している。

 

引退後、すぐにセビージャのセカンドチームのコーチになり、1年後にはゴールキーパーを担当するためにファーストチームに加わりました。

 

当時、「セビージャ」はルイス・アラゴネスが監督を務めており、彼とは素晴らしい関係にありました。

 

アラゴネスの後、ヘッドコーチはポルトガル人のトニ・オリベイラだったが、ダサエフとは良好な関係を築けなかった。

 

最終的にダサエフは、スペインの下部組織を代表するチームのヘッドコーチに転身した。

 

彼のチームには、セビージャから数人の選手が参加していたが、しばらくすると、クラブの幹部は地元の選手だけがプレーするべきだと判断した。

 

この後、ダサエフはチームを離れた。

 

スペインではビジネスに従事し、1992年初めにはスポーツ用品を販売するショップをオープンしました。

 

しかし、このビジネスには何の喜びもないことをすぐに悟り(しかも店は倒産してしまった)、子供たちの指導に専念するようになった。

 

1990年代後半、コムソモリスカヤ・プラウダの特派員であるセルゲイ・エメリヤーノフは、同紙の取材ためにダサエフを探してインタビューしようとした。

 

スペインにいるダサエフの居場所は、母親や弟のラフィクも知らないことがわかった。

 

ダサエフと連絡を取ることができたのは、バスケットボール選手のホセ・ビリュコフだった。

 

スペインに飛んだエメリヤーノフとダサエフの親族は、タザエフを説得して祖国に帰ることに成功した。

 

1998年の夏からはスパルタクのコーチとなり、ダブルチームのGKを担当している。

 

同時に、すぐにモスクワのユースサッカーチームの監督に就任し、さまざまな国際大会に参加した。

 

ヘッドコーチのオレグ・ユズヴィンスキーが解任された後、ダサエフもまたチームを去った。

 

家族

 

2回目の結婚で、4人の娘と1人の息子がいる。

 

1985年、ダサエフの最初の結婚式に立ち会ったのは、俳優のアレクサンドル・ファチューシンだった。

 

最初の妻は、体操選手のネリー・ガース。

 

スペインに渡った後、彼らは離婚し、妻はサラゴサに体操学校を開き、子供たちをそこに連れて行った。

 

長女のエルミラはスペインの新体操のチャンピオン、末っ子はクリスティーナ。

 

1994年からスペインで、地元の女性マリア・デル・マル(2002年に婚姻届を提出)と生活を始め、最初の結婚であるミゲルとの間にできた息子を連れて行った。

 

二人の間には、娘のベアトリスとアリア、息子のサリムがいる。

 

プレースタイル

LENDAS DO GOL – RINAT DASAYEV

研ぎ澄まされた反射神経を持ち、シュートに対して俊敏に反応。

 

ハイボールにも強く、実に安定したGKだった。

タイトルとURLをコピーしました