マーリス・ヴェルパコフスキス

概略

Maris Verpakovskis skills, goals, assists – LATVIA
国籍  ラトビア
生年月日 1979年10月15日(41歳)
出身地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦、リエパーヤ
身長 173cm
体重 68kg

 

Maris Verpakovskis

 

ポジションはフォワード(センターフォワード)。

 

利き足は右。

 

ラトビアの英雄。

 

2004年、ラトビアを初の欧州選手権出場へ導いた同国のエース。

 

ラトビア代表歴代最多得点を記録している、ラトビア史上最高のストライカー。

 

獲得タイトル

クラブ

スコントFC

  • ラトビアリーグ:2001、2002
  • ラトビアカップ:2001、2002

ディナモ・キエフ

  • ウクライナプレミアリーグ:2004
  • ウクライナカップ:2005、2006

FCバクー

  • アゼルバイジャンカップ:2012

FKリエパーヤ

  • ラトビアリーグ:2015

代表

ラトビア

  • バルトカップ優勝:2001、2003、2008、2014

個人

  • ラトビアマンオブザイヤー:2003–04
  • 代表歴代得点王(29ゴール)
  • ラトビア年間最優秀サッカー選手:2003、2004
  • ディナモキエフの年間最優秀選手:2004年

 

経歴

Maris Verpakovskis LEGEND
クラブ
チーム 出場 得点
1995–1996 FKバルチカ 3 (0)
1996–2001 FKリエパーヤス・メタルルグス 59 (10)
2001〜 2003年 スコントFC 77 (41)
2003〜 2011年 ディナモ・キエフ 49 (11)
2007年 →ヘタフェ(ローン) 13 (1)
2007〜 2008年 →ハイドゥク・スプリト(ローン) 18 (5)
2008年 →セルタ・デ・ビーゴ(ローン) 8 (0)
2009〜 2011年 →エルゴテリス(ローン) 47 (7)
2011〜 2013年 FKバクー 27 (3)
2013〜 2014年 エルゴテリス 28 (5)
2014〜 2015年 FKリエパーヤ 9 (1)
2019年 カランバ・リガ 0 (0)
代表歴
1999–2014 ラトビア 104 (29)

 

クラブ

 

ラトビアのリエパヤで生まれたヴェルパコフスキスは、地元のクラブFKリエパーヤス・メタルルグスでキャリアをスタートさせ、1995年から2001年まで所属し、59試合に出場して10ゴールをマークした。

 

2001年には、同じくラトビアのスコント・リガに移籍し、77試合に出場して41ゴールを記録した。

 

この時期は、フェルパコフスキーのキャリアのピークとして知られている。

 

2003年末にはウクライナのトップチーム、ディナモ・キエフと契約を結んだ。

 

ディナモ・キエフに入団して間もなく、ヴェルパコフスキスは11試合に出場して5ゴールを挙げ、すぐにスターティング・イレブンの座を獲得した。

 

UEFAチャンピオンズリーグでは、トルコのトラブゾンスポル戦で初ゴールを決め、ディナモ・キエフの予選突破に貢献し、その後、グループステージのレアル・マドリード戦でもゴールを決め、キエフでの2-2の引き分けに貢献した。

 

ヴェルパコフスキスは、チャンピオンズリーグで合計3ゴールを決めた。

 

2004年にディナモ・キエフの最優秀選手としてファンから表彰された後、彼のキャリアは徐々に衰退していった。

 

その時から、ディナモとの契約がまだ有効であったため、ヴェルパコフキスは数シーズン連続でレンタルされていた。

 

2007年、ヘタフェにレンタル移籍したヴェルパコフスキスは、将来を嘱望されてスペインに渡った。

 

しかし、スターティングメンバーの座をめぐって激しい競争が繰り広げられたため、ヴェルパコフスキスは本来の輝きを発揮する機会を得られず、13試合に出場して1ゴールを挙げただけだった。

 

スペインから帰国した直後、ヴェルパコフスキスは、ディナモのチームメイトであるフロリン・セルナト、ゴラン・サブリッチとともに、クロアチアのHNKハイデュク・スプリトにレンタルされた。

 

ヴェルパコフスキスはハイデュクで良いシーズンを過ごし、18試合に出場して5ゴールを挙げ、チームの勝利に貢献した。

 

しかし、2008年初めに怪我をしてしまい、ハイデュク・スプリトへのレンタル期間中はプレーできなかった。

 

しかし、2008年の夏にキエフに戻ってきました。

 

2008年から2009年にかけては、スペインのセルタ・デ・ビーゴにレンタル移籍し、リーグ戦8試合に出場して無得点を記録した。

 

2009年、ヴェルパコフスキスはディナモ・キエフとの契約を2年間延長することになり、ギリシャのスーパーリーグ、エルゴテリスと2年間のレンタル契約を結んだ。

 

その2年間、ヴェルパコフスキスはリーグ戦46試合に出場し、7ゴールを挙げた。

 

2011年のシーズン終了後、彼のレンタル期間は終了し、キエフに戻った。

 

2011年、ヴェルパコフスキスは、アゼルバイジャン・プレミアリーグのFCバクーと、国際的なチームメイトであるデニス・イワノフとの間で、1シーズンの契約を結んだ。

 

初年度、マーリスはリーグ戦19試合に出場して3ゴールを挙げ、クラブの役員会は契約をもう1シーズン延長することを決定した。

 

2012年6月にヴェルパコフスキスが契約を更新した次のシーズンは、このラトビア人選手にとって成功とは言えず、スターティングイレブンの座を失い、リーグ戦では8試合の出場にとどまり、無得点だった。

 

2012年11月28日に行われたアゼルバイジャン・カップの1/8ファイナルでは、2ゴールを挙げ、サムガイトFKとの3-1の勝利に貢献したものの、2013年1月にクラブを去った。

 

2013年1月30日、ギリシャとラトビアのメディアで、ヴェルパコフスキスがギリシャ・フットボールリーグのエルゴテリスに復帰するのではないかという噂が流れた。

 

この情報は1日後の2013年1月31日にクラブと選手によって公式に確認された。

 

2013年4月29日、エルゴテリスはオリンピアコス・ヴォロウとのリーグ戦で2-0の勝利を収め、両ゴールをマークした。

 

2013年8月26日、レヴァディアコスに2-0で勝利し、スーパーリーグ復帰を果たした。

 

2013年11月2日、P.A.O.K.に2-1で敗れた試合でスーパーリーグ復帰後初のゴールを決めた。

 

2013年11月10日、エルゴテリスはパントラキコスに3-1で勝利し、2試合連続でゴールを決めた。

 

シーズン途中の2014年1月、ヴェルパコフスキスはエルゴテリスに、ラトビアに戻り、地元のリエパーヤで、前身のリエパーヤス・メタルルグスが解散した後、新しいサッカークラブの設立に共同で参加するため、引退を計画していることを伝えた。

 

2014年1月27日、エルゴテリスでの最後の試合に出場したが、クラブはパネトリコスに1-0で敗れ、ヴェルパコフスキスは試合終盤に交代で出場した。

 

試合後、ヴェルパコフスキスはチームメイトやクラブのスタッフから表彰され、ジャンニス・ダスカラキス会長からエルゴテリスの特別な「ヴェルパコフスキス」ジャージが手渡され、「エルゴテリスはヴェルパコフスキスの生涯のチームであり、エラクリオンはマーリスが常に第二の家族を見つけることができる場所である」と述べた。

 

後のインタビューでヴェルパコフスキスは、ギリシャでシーズンを終えたかったが、クラブ設立までの時間が限られていたため、できるだけ早くラトビアに戻ることを余儀なくされたと明かしている。

 

2014年1月23日、新たに設立されたラトビア高等リーグのクラブ「FKリエパーヤ」の設立が正式に発表され、ギリシャから帰国したヴェルパコフスキスはクラブの会長に就任した。

 

管理業務の他に、彼はまだ現役の選手としての地位を維持している。

 

2014年のシーズン、ヴェルパコフスキーはリーグ戦9試合に出場し、1ゴールを記録した。

 

2018年11月にクラブを退団した。

 

FKリエパーヤを退団した数日後、ヴェルパコフスキスはリガFCのフットボール・ディレクターに採用された。

 

2018年11月25日に確定した。

 

 

2019年5月31日、ヴェルパコフスキスはクラブのカランバチームであるFCカランバ・リーガで試合に出場し、4-0の勝利で45分間プレーしてゴールを決め、ラトビアカップのセカンドレグ進出に貢献した。

 

代表

 

1999年9月9日のギリシャ戦で2-1の勝利を収めた試合で、ラトビア代表としてデビューし、この試合で得点を挙げた。

 

ラトビアがUEFAユーロ2004の予選を勝ち抜いた際には、10試合で6ゴールを挙げ、最高得点者として国際的に注目を集めた。

 

ユーロ2004ではラトビア代表として1得点を挙げ、ドイツ戦ではハーフウェイラインからのドリブルで4人のドイツ人選手を抜き去り、大会最優秀ゴールの候補となるようなゴールをほぼ確実に決めた。

 

ヴェルパコフスキスは、ラトビアで最も人気のあるサッカー選手と言われており、マリアン・パハースを抜いて自国で最も知名度の高い選手となった。

 

現在、ラトビアの歴代ゴール数では29ゴールでトップに立っています。

 

ヴェルパコフスキスは、FIFAワールドカップ2006予選、UEFAユーロ2008予選、およびFIFAワールドカップ2010予選でラトビアの得点王になりました。

 

2013年9月、ヴェルパコフスキスは、ラトビア代表として100キャップ目を獲得しましたが、ワールドカップ予選のギリシャ戦では1-0で敗れました。

 

2014年5月29日、ヴェルパコフスキスは、ラトビアが2014年バルトカップの準決勝でエストニアを破ったときに、最後の国際試合に出場しました。

 

試合開始からわずか13分後にエドガルス・ガウラチスと交代し、チームメイトや代表チームのスタッフ、サポーターから敬意を表された。

 

退後、代表チームの監督であるマリアン・パハースは、ヴェルパコフスキスを「代表チームの伝説」と呼んだ。

 

国際的に活躍するヴェルパコフスキスは、ラトビア代表として104回のキャップを持ち、29ゴールを挙げた。

 

彼はラトビアの歴代得点王である。

 

エピソード

How Good Was Māris Verpakovskis Exactly ?!

 

ヴェルパコフスキスは、1979年から1996年までラトビアで活躍したサッカー選手、Ilmārs Verpakovskisの息子である。

 

1994年にFK Liepājas Metalurgsの選手監督を務めた父親が、Verpakovskisを監督していた。

 

 

Verpakovskis夫妻は、ラトビアのサッカー代表チームでともにプレーした唯一の親子である。

 

 

プレースタイル

 

高い決定力を誇るスピードスター。

 

高速ドリブルを得意にしている。

 

彼のスピードを活かしたカウンターはすさまじい切れ味でした。

タイトルとURLをコピーしました