サフェト・スシッチ

概略

Safet Susic ● Goals and Skills ● Yugoslavia
国籍 ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ
生年月日 1955年4月13日(65歳)
出身地 ザヴィドヴィチ
身長 178cm
体重 76kg

 

Safet Susic

 

ポジションはミッドフィールダー(オフェンシブハーフ)、フォワード(セカンドトップ)。

 

利き足は右。

 

繰り出すパスの美しさからキャビア のパス、「マジック・スシッチ」と称された。

 

サラエボ、パリ・サンジェルマン、レッドスター、そしてユーゴスラビア代表で活躍。

 

同世代のヨーロッパで最も優れた選手の一人であったと言われています。

 

スシッチはユーゴスラビア代表として、1982年と1990年の2回のFIFAワールドカップに出場し、UEFAユーロ1984にも参加しました。

 

2010年、フランス・フットボール誌は、スシッチをパリ・サンジェルマンの歴代最高の選手、およびリーグ・アンの歴代最高の外国人選手に選出した。

 

2004年、UEFAジュビリー・アワードの一環として、ボスニア・サッカー協会はスシッチを同国の史上最高の選手に選出した。

 

獲得タイトル

クラブ

パリ・サンジェルマン

  • フランスディビジョン1:1985–86
  • クープ・ドゥ・フランス:1982–83

個人

  • リーグ・アン・フォーリンプレーヤーオブザイヤー:1982–83
  • ユーゴスラビア年間最優秀選手:1979年
  • UEFAジュビリーアワード–過去50年間で最も偉大なボスニアのサッカー選手:2003年
  • ユーゴスラビアファーストリーグ得点王:1979–80(17ゴール)

 

経歴

Safet Susic ● Goals and Skills ● PSG
クラブ
クラブ 出場 (得点)
1977-1990 ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 FKサラエボ 221 (85)
1977-1990 フランスの旗 パリ・サンジェルマンFC 287 (67)
1977-1990 フランスの旗 レッドスター・サン=トゥアン 17 (3)
通算 525 (155)
代表歴
1977-1990 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア 54 (21)
1993 ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ 2 (0)

 

クラブ

 

故郷のクラブ、クリバヤのユースチームでサッカーを始めました。

 

1972年、サラエボのユースチームに入団。

 

スシッチは、ユースチームに入団した1年後の1973年にサラエボでシニアデビューを果たした。

 

1979-80シーズンには、ユーゴスラビア1部リーグで17ゴールを挙げ、得点王となった。

 

1979年には、ユーゴスラビアの年間最優秀サッカー選手に選ばれ、SRボスニア・ヘルツェゴビナ出身の最優秀選手にも選ばれました。

 

1981年には、サラエボの4月6日賞を受賞。

 

1982年、パリ・サンジェルマンと契約したスシッチは、ヨーロッパの舞台でスターとなりました。

 

入団1年目の1982-83シーズン、PSGのクープ・ドゥ・フランス優勝に貢献し、準決勝のトゥール戦では2戦合計3ゴール、決勝のナント戦では3-2の勝利で1ゴールを決めました。

 

1985-86シーズンには10ゴールをマークし、パリジャンは国内リーグで初優勝を果たしました。

 

パリ・サンジェルマンにとっての初のリーグ制覇、スシッチは優勝に大きく貢献し、パリのサポーターから「パリの王様」と呼ばれました。

 

スシッチは1982年から1991年の間に、PSGで85ゴール、95アシストを記録しました。

 

PSGの歴代出場回数は344回で、ポール・ル・グエンと並んで3位であり、フランス人以外では最高位である。

 

1984年9月22日、ホームでバスティアを7-1で下した際には、バスティアの5つのゴールをアシストしました。

 

36歳になったスシッチは、レッドスターでの最後の1年を過ごすために首都を離れました。

 

2010年2月5日、フランス・フットボールは、カルロス・ビアンキ、ムスタファ・ダーレブ、ロナウジーニョ、ジョージ・ウェア、ジョエル・バツ、ライー、ルイ・フェルナンデスなどの選手を差し置いて、スシッチをパリ・サンジェルマン史上最高の選手に選出しました。

 

レッドスターでの唯一のシーズンは、フランスサッカーの2部リーグであるリーグ2でプレーしていました。

 

レッドスターでの唯一のシーズンは、リーグ2でプレーし、17試合に出場して3ゴールをマークした。

 

レッドスターを退団した直後の1992年、スシッチはサッカー界からの引退を表明した。

 

代表

 

スシッチの選手時代、ボスニア・ヘルツェゴビナはユーゴスラビアに属していたため、ユーゴスラビア代表として国際試合に出場していました。

 

1977年から1990年の間、スシッチはユーゴスラビア代表として54回出場し、21回の得点を記録した。

 

1977年にデビューしたスシッチは、同年10月のハンガリー戦でチームの初ゴールを決めた。

 

その1ヵ月後、1978年のFIFAワールドカップ予選のルーマニア戦では、6-4で勝利し、ハットトリックを達成した。

 

しかし、この勝利はユーゴスラビアのグループリーグでの唯一の勝利であり、決勝トーナメントへの出場権を得ることはできなかった。

 

1979年6月、ザグレブで行われた親善試合で、ユーゴスラビアはイタリアを4-1で下し、スシッチは国際大会で2度目のハットトリックを達成した。

 

1979年6月、ユーゴスラビアはザグレブで行われた親善試合でイタリアを4-1で破り、9月には世界チャンピオンのアルゼンチンに4-2で勝利し、再び3得点を挙げた。

 

1982年のFIFAワールドカップでは、ユーゴスラビア代表の一員として出場し、ルクセンブルクに5-0で勝利して1得点を挙げました。

 

UEFAユーロ1984の予選では、ユーゴスラビアの得点王となりました。

 

予選最終戦のブルガリア戦で2ゴールを挙げ、ブルガリアに3ポイント、ウェールズに1ポイント差をつけ、決勝トーナメントに進出しました。

 

ユーゴスラビアは最終的にフランスで3戦全敗し、グループ最下位となりました。

 

35歳になったスシッチは、1990年のFIFAワールドカップ・イタリア大会にユーゴスラビア代表の一員として参加し、2度目のワールドカップ・ファイナル出場を果たした。

 

グループステージのアラブ首長国連邦戦で4-1の勝利を収め、ワールドカップでの唯一のゴールを決めた。

 

準々決勝のアルゼンチン戦では、PK戦の末、デヤン・サビチェビッチと交代するまで61分間プレーした。

 

エピソード

Safet Sušić | 1982 World Cup

2004年、UEFAのジュビリーを記念して、ボスニア・ヘルツェゴビナのサッカー協会から、過去50年間で最も優れた選手として、ボスニア・ヘルツェゴビナのゴールデンプレーヤーに選出された。

 

彼のかつての代表のチームメイトであるダルコ・パンチェフはこう宣言した。

 

“私がどれだけサフェット・スシッチを評価していたか、そして今も評価しているかはよく知られています。私にとって彼は比類なき存在であり、ユーゴスラビア最高の選手である。おそらく世界でも最高の選手の一人でしょう。私はよく、他の選手がパペと同じチームでプレーするにはお金を払わなければならないと言っていました。少なくとも、私はいつもそのように話し、考えていた。パペはすべてのフォワードにとって宝物だった。彼のクロスは信じられないほど素晴らしかった。意識せずに彼のボールが私に当たることもあった。素晴らしい選手だった」。

 

現役引退後、監督として活動を開始。

 

いくつかのクラブチームで働いた。

 

カンヌ、イスタンブールスポル、アル・ヒラル、コンヤスポル、アンカラギュジュ、チャイクル・リゼスポル、アンカラスポル(現在のオスマンルスポル)、エビアン、アランヤスポル、アクヒサルスポル、そしてボスニア・ヘルツェゴビナ代表チーム。

 

サフェト・スシッチを題材にした「Safet Sušić Pape」は、ボスニアの小説家ズラトコ・トプチッチが2007年に発表したベストセラー小説です。

 

サラエボの人気スケッチコメディ・バラエティTVシリーズ「Top Lista Nadrealista」でも、サッカーや人気スポーツ選手をテーマにした番組があり、スシッチや、同じくサラエボ出身のイビチャ・オシムが監督を務めるユーゴスラビアのサッカーチームに捧げられた歌が、いくつかのエピソードで取り上げられていました。

 

スシッチは、スポーツ一家の出身です。

 

元サッカー選手のセアド・スシッチは、サフェトの兄です。

 

サフェトの甥であるティノ=スヴェン・スシッチもサッカー選手で、現在はサラエボの選手であり、サフェトとともに2014年FIFAワールドカップ・ブラジル大会にも出場している。

 

サフェトの母パシャは、2018年4月28日に96歳で亡くなった。

 

プレースタイル

Safet Susic – Pape.mpg

ドリブルと技術力で知られる天才的なミッドフィールダー。

 

スシッチは旧ユーゴらしいテクニックの高い選手でした。

 

FWとしての能力にも優れ、得点感覚、シュートセンスも併せ持っていました。

 

攻撃的MFとして晩年は活躍、高いキープ力からパスを散らし、攻撃を構築するゲームメイカーとしてチームに貢献していました。

 

柔軟なボールキープから相手の裏を突くパス、ゴール前のスペースに鋭く飛び出す得点感覚が特徴の典型的な10番タイプの選手である。

 

1970年代のドラガン・ジャイッチや1990年代のドラガン・ストイコビッチら程のスピードはないものの、繰り出すパスの美しさからキャビア のパス、マジック・スシッチと称された。

 

攻撃的MFとして、しばしばトレクアルティスタやファンタジスタ(=創造的なプレーメーカー)の役割を担い、まれにセカンドストライカーとしてもプレーしていた。

 

晩年はクラブでも代表でも、より深めに位置するプレーメーカーとして起用されるようになりました。

タイトルとURLをコピーしました