スレチコ・カタネッツ

概略

国籍 スロベニアの旗 スロベニア
生年月日 1963年7月16日(57歳)
出身地 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア スロベニア
クラニスカ地方リュブリャナ
身長・体重 190cm

 

Srecko Katanec

 

ポジションはミッドフィールダー(ディフェンシブハーフ)、ディフェンダー(センターバック、左サイドバック)。

 

利き足は右。

 

1980年代から1990年代にかけて活躍したユーゴスラビア代表のスロベニア人ミッドフィールダー。

 

セルビアのFKパルチザンでユーゴスラビアリーグ優勝、VfBシュトゥットガルトで1988-89年のUEFAカップ準優勝を果たした。

 

サンプドリアでは、5年間でセリエA優勝、コッパ・イタリア優勝、欧州カップウィナーズカップ優勝を果たし、ウェンブリー・スタジアムで行われた1992年の欧州カップ決勝ではバルセロナに次ぐ2位となった。

 

ユーゴスラビア代表として、1984年と1988年の夏季オリンピック、UEFAユーロ1984、1990年のFIFAワールドカップに出場している。

 

スロベニアの独立後、カタネッツはプロのサッカー選手として引退する前に、新たに結成されたスロベニアの代表チームで5試合に出場した。

 

獲得タイトル

クラブ

パルチザン
  • ユーゴスラビアファーストリーグ:1986–87
VfBシュトゥットガルト
  • UEFAカップ準優勝:1988–89
サンプドリア
  • セリエA:1990–91
  • コッパ・イタリア:1993–94
  • スーペルコッパイタリアーナ:1991
  • カップウィナーズカップ:1989–90
  • ヨーロピアンカップ準優勝:1991–92

 

経歴

クラブ
チーム 出場 得点
1981–1985 オリンピア・リュブリャナ 81 (10)
1985–1986 ディナモ・ザグレブ 21 (3)
1986–1988 パルチザン 56 (10)
1988–1989 VfBシュトゥットガルト 26 (1)
1989–1994 サンプドリア 87 (12)
合計 271 (36)
代表歴
ユーゴスラビアU21
1983–1990 ユーゴスラビア 31 (5)
1994年 スロベニア 5 (1)

 

クラブ

 

7歳の時にNKリュブリャナでサッカーを始め、1981年にはオリンピア・リュブリャナ、1985年にはディナモ・ザグレブ、翌年にはパルチザンと契約し、ユーゴスラビアチャンピオンになった。

 

1988年、カタネクはドイツ・ブンデスリーガのVfBシュトゥットガルトに移籍。

 

1989年のUEFAカップでは決勝に進出したが、ディエゴ・マラドーナ率いるナポリに敗れた。

 

シュトゥットガルトではわずか1シーズンしかプレーできなかった。

 

1989年、彼はイタリア・セリエAのサンプドリアと契約し、初年度に欧州カップウィナーズカップを獲得した。

 

1991年、サンプドリアはセリエAの王者としてスクデットを獲得し、翌年には1992年の欧州カップ決勝に進出したが、バルセロナに敗れた。

 

1994年には、スヴェン・ゴラン・エリクソン監督のもと、サンプドリアでコッパ・イタリアも制覇した。

 

その後すぐにサンプドリアとの契約が切れ、サッカー選手としてのキャリアを終えた。

 

代表

 

1984年にフランスで開催された欧州選手権では、ユーゴスラビア代表チームの一員として参加したが、彼にとっては、ユーゴスラビアチームが銅メダルを獲得した1984年のロサンゼルス・オリンピックの方が思い出深い。

 

1990年にイタリアで開催されたFIFAワールドカップの予選で活躍し、スロベニア人としては3人目のワールドカップ出場を果たした。

 

この3試合がユーゴスラビア代表としての最後のキャップとなった。

 

合計で31試合に出場し、5ゴールをマークした。

 

カタネッツは、独立したスロベニア代表チームでさらに5試合に出場(1ゴール)したが、公式戦には1試合しか出場しなかった。

 

それは、1994年9月7日にマリボルで行われた1996年の欧州選手権イングランド大会の予選で、イタリアと対戦したものだった。

 

エピソード

 

引退後、1996年から1997年にかけて、スロベニアの21歳以下のチームでドラゴ・コスタニシェクのアシスタント・マネージャーを務めた。

 

1997年12月、ゴリツァのヘッドコーチに就任し、2年半の契約を結んだ。

 

1998年7月、スロベニア代表チームの監督に就任することが発表された。

 

2000年のUEFA欧州選手権では、予選プレーオフでウクライナを退け、同国初のメジャー大会出場を果たした。

 

この大会でスロベニアは、ユーゴスラビアとノルウェーに引き分け、スペインに敗れた。

 

また、2002年のFIFAワールドカップの出場権を獲得したが、スペイン、南アフリカ、パラグアイとの3試合で全敗した。

 

初戦の後、カタネッツはチームのスター選手であるズラトコ・ザホビッチと大喧嘩をし、彼を家に帰させてしまった。

 

ワールドカップ終了後、すぐに辞任した。

 

2002年11月2日、オリンピアコスの新監督に就任した。

 

カタネッツの指揮の下、オリンピアコスは予想以上に悪い成績を収め、2003年2月7日、クラブは成績不振とチーム内の雰囲気の悪さを理由に、カタネッツとの契約を即日解除した。

 

2004年、カタネッツはクロアチア代表監督の候補だったが、代わりにズラトコ・クラニチャールが選ばれた。

 

2006年2月17日、カタネクはマケドニアのヘッドコーチに任命され、UEFAユーロ2008の予選に臨んだ。

 

2010年FIFAワールドカップの予選では、スコットランドに1-0で勝ち、オランダに4-0で負けるなど、様々な結果が出たため、カタネッツは2009年4月6日にその職を辞した。

 

2009年6月23日、アラブ首長国連邦代表チームの新しいヘッドコーチとして紹介された。

 

2014年FIFAワールドカップの予選3回戦で2連敗した後、2011年9月6日に解任された。

 

2012年12月31日、スロベニアサッカー協会から2度目のスロベニア代表監督就任のオファーを受け、2013年1月4日に正式に就任した。

 

2018年FIFAワールドカップの出場権を獲得できなかったことから、2017年10月に辞任した。

 

2018年9月4日、カタネッツは3年契約でイラクのヘッドコーチに就任した。

 

彼の最初の主要な大会は2019年のAFCアジアカップであり、彼のイラクはラウンド16に進出した後、最終的なチャンピオンであるカタールに1-0で敗れたが主要な大会で初めてノックアウトステージに進出することができた。

 

プレースタイル

 

190cmを活かした圧倒的なフィジカルと驚異的なスタミナを武器にピッチに君臨した守備的MF。

 

また空中戦では圧倒的な強さを誇り、彼のヘディングは当時のセリエAで最高のものだったと言われています。

 

守備能力にも長けディフェンダーとして活躍することもできた。

 

効果的なつなぎのパスも素晴らしく攻守に貢献。

 

驚異的なスタミナとパワーを武器にピッチを縦横無尽に駆け回った総合力の高いMF。

タイトルとURLをコピーしました