ズラトコ・ブヨビッチ

概略

Zlatko Vujovic ● Goal and Skills ● Norway 1:2 Yugoslavia ● QWC Italy 1990
国籍 ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ
生年月日 1958年8月26日(62歳)
出身地 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 サラエヴォ
身長・体重 179cm、74kg

 

Zlatko Vujovic

 

ポジションはフォワード(センターフォワード)。

 

利き足は右。

 

1980年代に活躍したユーゴスラビア代表のストライカー。

 

ボスニアとクロアチアの国籍を持つ。

 

双子の兄、ゾランもプロのサッカー選手だった。

 

二人ともユーゴスラビア代表で、二人ともプロとしてのキャリアの大部分をフランスで過ごした。

 

 

獲得タイトル

  • ヴェチェルニ・リスト紙選定ユーゴスラビア年間最優秀選手賞 1回(1981年)

 

経歴

クラブ
クラブ 出場 (得点)
1976-1986 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ハイデュク・スプリト 240 (101)
1986-1988 フランスの旗 ボルドー 65 (20)
1988-1989 フランスの旗 ASカンヌ 34 (18)
1989-1990 フランスの旗 パリSG 62 (20)
1990-1991 フランスの旗 FCソショー 23 (4)
1991-1992 フランスの旗 OGCニース 28 (7)
代表歴
1979-1990 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア 70 (25)

 

クラブ

 

ブヨビッチは、双子の兄弟のゾランと共に1976年にハイデュク・スプリトで選手経歴を開始した。

 

ハイデュクでは10シーズン間在籍し、リーグ優勝1回(1979年)とカップ優勝2回(1977年、1984年)に貢献した。

 

1981年にはヴェチェルニ・リスト紙が選定するユーゴスラビア年間最優秀選手賞を受賞した。

 

1986年からは国外へ活躍の場を移しフランスの強豪FCジロンダン・ボルドーへ移籍。

 

移籍初年度の1986-87シーズンにリーグとカップの二冠に貢献した。

 

ボルドーで2シーズンを過ごした後は、同じフランスのASカンヌ、パリ・サンジェルマン、FCソショー、OGCニースを渡り歩き、1992年に現役を引退した。

 

代表

 

ユーゴスラビア代表としては、1979年4月1日に行われたUEFA欧州選手権1980予選のキプロス戦で代表デビューを飾った(試合は3-0でユーゴの勝利)。

 

1982年のFIFAワールドカップ・スペイン大会では3試合に出場、1984年のUEFA欧州選手権1984、1990年のFIFAワールドカップ・イタリア大会では5試合に出場しベスト8進出に貢献した。

 

ブヨビッチはイタリア大会を最後に代表から退くまで、国際Aマッチ70試合に出場し25得点を記録した。

 

エピソード

 

2008年、ブヨビッチは(前年の兄と同様に)監督としてのキャリアをスタートさせ、最初のクラブであるハイデュクでアシスタントマネージャーとしてスタートしました。

 

2016年7月にマリヤン・プシュニクのスタッフとして3度目の就任を果たしましたが、2016年12月にプシュニクが解任されたことでクラブを去りました。

 

プレースタイル

 

圧倒的なスピードを武器にゴールを陥れる快足ストライカー。

 

ドリブルとシュートの技術にも優れていた危険なストライカーだった。

タイトルとURLをコピーしました